黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2018/12/05(水)
前回に続いて、PSVR『Déraciné(デラシネ)』に関して、考察というほど深くはありませんが、思ったこと、感じたことをつらつらとまとめてみます。

前回、その3はコチラ

※本作は内容に関して一切の事前情報なしでプレイされることをお薦めします。
重大なネタバレも含めて記していきますので、いずれプレイする気があるという方はご注意ください。




今回は「妖精」について諸々考えたことを。


◇ローアン

本作では度々「ローアン」という単語が登場しますが、書物「幻の街、ローアン」から分かるように学園都市であり、地名または地名を冠した学園名と思われます。



ローアンには妖精に関する物語が数多く残されているようで、その影響もあってか、妖精に関する研究が行われているようです。
妖精研究というものがこの世界の各地で行われているのか、ローアン特有の学問なのかは不明ですが、本作に登場する書籍や資料などを見ると、少なくともローアンでは、妖精は実在しているものとして扱われているように思います。

その研究の中で金枝という物が生み出されたと考えられます。



◇金枝



ルーリンツの幻影が読んでいた「金枝術」には、金枝とは「人の命の時間を、奪い与える触媒である」とあります。
妖精は右手で触れたものの命の時間を奪うとされていますが、プレイヤー妖精として行動する中において、学校にいる実体のある子供や犬など、ある程度の大きさを持った生き物に右手で触れても命の時間を奪うことはできませんでした。
金枝とは妖精が人の命の時間を奪うため、妖精に奪わせるために作り出された物であると考えられます。

山小屋にある「妖精の実践」の日本語テキストには「我らが金枝を掲げる妖精となれば」とあります。
ゲーム内の同書籍の表紙に記されている英文には人が妖精になるといった明確な記述はありませんが、書籍内には書かれているのかもしれません。
いずれにしても金枝の存在が先にあって同書は書かれたものであり、誤った歴史を正すために妖精(あるいは妖精化した人)と金枝の力を使うことを推奨する内容であると考えられます。

人が妖精化する具体的な方法は不明ですが、本来は妖精との媒介のために作り出された金枝が、人の妖精化にも何らかの役割を果たしている可能性があります。



◇妖精と金枝



12月11日、校長室2階にある赤子アレクシスの写真の裏には「妖精になる前に」との記述があります。
写真のアレクシスは金枝を手にしていますが、これが妖精化に必要な工程で、その瞬間を撮影したものか、それともただの記録として撮られたものかは分かりません。

写真の金枝はゲーム中で見慣れたものと微妙に形状が違うように見えますが、テキストには「金枝」と明記されているので気にせず進めます。
写真として使われる画像とゲーム中のCGモデルの違いによるものかもしれませんしねw



10月22日の校長室にある、校長からプレイヤー妖精に宛てたと思われる手紙は「金枝を持たぬ妖精よ(Wandless faerie)」との呼びかけから始まります。
また校長の日記に「あの子の妖精が現れた」とあることから、校長はプレイヤー妖精がアレクシスであり、アレクシスは金枝を持たない妖精であることを理解しているようです。



雪山で遭遇する妖精は金枝らしき物を持っていました。
この妖精が元は人であったものかも含めて、全ては推測でしかありませんが、人が妖精化する際には金枝が必要であり、妖精化が達成した際にはその金枝は妖精が持ち去っていくものなのかもしれません。

アレクシスの人としての生涯がいつ、どのようにして終わったのかは不明ですが、妖精化が成功した際には持ち去られる金枝が残っていたのかもしれません。
そのため校長とマルガレータは妖精化が失敗したと判断し、学校に妖精が現れたことを知った校長はそれを「金枝を持たぬ妖精」と呼んだと考えられます。



◇人が妖精になると

ユーリヤの妖精化が明らかになった11月3日に読める2つの研究レポートから、妖精化した人が危険であることがうかがえます。

人は古い時に囚われているため、妖精化した場合、過去に旅立つという本能とでも言うべき欲求を抑えきれず、そのために必要な他人の命の時間を奪うようになるようです。
妖精が金枝を持ち歩くのも、その本能を満たすため、大きな生き物の命の時間を奪うために必要な物だと理解しているからかもしれません。

レポートでは人であっても囚われるほどの古い時が無い、あるいは極めて短い赤子が妖精になった場合は危険ではないかもしれないと予測しています。
そしてその予測は当たっていたといえるのではないでしょうか。
アレクシスは古い時に囚われていないからこそ、金枝を必要としなかったのかもしれません。

ゲーム的な話として、本作での設定ではプレイヤー妖精はアレクシスであると思われますが、当然プレイヤー自身はアレクシスとしての記憶や過去に対する執着は無く、この世界に突然現れた妖精として子供たちの手助けをしていきます。
この感覚や行動の動機は、上の危険ではない妖精の設定と合致しているように感じ、VRという環境も含めて、よくできてるなーと思いました。



ちなみに余談になりますが、この「研究レポート」、ゲーム空間内の紙に書かれた英文と□/△ボタンで表示されるテキスト情報の日本語文は、レポートNo.1とNo.2で逆になっています。
例えばレポートNo.1の最後の文「Perhaps a newborn baby would make an ideal Candidate?(おそらく新生児は理想的な候補となるのではないか?)」はNo.2のテキスト文「例えば赤子ならどうだろうか?」に対応しているように。
単なるミスでしょうかね?



◇ローアンでの写真



ローアンで撮られたと思われる写真には5人の人物が写っています。
そのうち一番右の女性が学校にある写真と同じ外見からマルガレータ、右から二番目のメガネの男性が校長であると思われます。



現在の校長の外見はだいぶ年老いて見えるので別人の可能性も疑われるかもしれませんが、女の赤ちゃんを抱きかかえたメガネの男性の写真と似ていますし、その写真の裏に書かれた「我が姪、ロージャ」の英語の筆跡も校長のものと似ているように思います。



また、山小屋にいたお爺さんも過去にローアンで妖精研究をしていた可能性が高いと思われます。
お爺さんの実体とは会うことができず、幻影からその外見的特徴は捉えにくいですが、校長と同じ程度、年を取っていると考えると一番左の男性の可能性もありますし、写真には写っていない関係者の可能性もあります。



この写真を持っているということがひとつの根拠となり得ますし、裏に書かれた筆跡と、消失し残された手帳に書かれた筆跡が似ているということも理由になると思います。

また、写真の男性は白猫を抱きかかえており、お爺さんもまた白猫と一緒に暮らしていたようです。
同一のネコかは分かりませんが繋がりを意識させるもののように感じます。


今回はここまで。
その5はコチラ




関連記事:
PSVR『Déraciné(デラシネ)』 クリアしたらしーね/2018年11月11日
PSVR『Déraciné(デラシネ)』 買ったらしーね/2018年11月9日
PV 『Déraciné』、『ASTRO BOT』、『MOSS』/2018年11月14日


2018/11/30(金)
前回に続いて、PSVR『Déraciné(デラシネ)』に関して、考察というほど深くはありませんが、思ったこと、感じたことをつらつらとまとめてみます。

前回、その2はコチラ

※本作は内容に関して一切の事前情報なしでプレイされることをお薦めします。
重大なネタバレも含めて記していきますので、いずれプレイする気があるという方はご注意ください。




妖精の椅子が置かれる場所をまとめておきます。


玄関

ユーリヤの言霊があります。


図書室の二階

本「ニコラスと庭園の動物誌」

11月3日にニルスの言霊


中庭の木の上

次の時間、中に栞の入った巣箱が設置


お祈りの川

ロージャの言霊、次の時間から猫じゃらし


二階の休憩室

絵葉書

11月3日にマリーの言霊


第二教室

小さな黒板

12月11日にルーリンツの言霊


礼拝堂のデッキ

マルガレータの写真、そばに校長の言霊

ルーリンツがプレイヤー妖精を怖いと思っていたことや、マリーのユーリヤに対する思いなど、彼らの心情に触れられる言霊もグッと来ますが、特に本作の物語や世界を理解する上で役に立ちそうなのは「礼拝堂のデッキ」の校長の言霊でしょうか。
おそらくはマルガレータと妖精アレクシスとの関係を示唆したセリフなのだろうと思います。





◇「Entrance」?

椅子の設置場所はそれぞれの登場人物の思い入れのある場所であることが考えられます。

玄関――ユーリヤ
図書室の二階――ニルス
中庭の木の上――ハーマン
お祈りの川――ロージャ
二階の休憩室――マリー(本当は礼拝堂の二階?)
第二教室――ルーリンツ
礼拝堂のデッキ――校長

しかしここでひとつ疑問が浮かび上がります。

この時間、10月22日はユーリヤはすでに生気を失い、その本体は医務室にいるはずであり、「玄関」の紙片を投じることはおろか、文字が書ける状態とは思えません。
精神体ユーリヤがプレイヤー妖精に対し、シチューにイタズラしたり、外へ出たみんなを助けてほしいと願う手紙を手にしていることがありましたが、それらはおそらく妖精との交信に使われるものであり、精神体ユーリヤが他の子どもたちと交わらないのと同様に物質として存在しないものではないでしょうか。

ただ、精神体ユーリヤがネコのティアを抱き上げたこともありますし、妖精がしおりを隠したり、トライアングルを届けたりするのと同じような形で物質世界に関与できるのかもしれません。
実際、黒板には、ルーリンツが読み上げ、ハーマンが書いたであろう候補として「玄関」が記されています。
また、ルーリンツが投票箱に残った最後の一枚(プレイヤー妖精が投じた2枚目)を見つけたとき「あれ、まだあるのか?」といった反応を示しました。
本来なら全部でユーリヤの分を除いた6枚であるはずが、7枚目があったことに対する驚きなのかもしれません。





◇筆跡

と、ここまで、「玄関」票はユーリヤが書いて投票したということで進めてまいりましたが、そもそも「Entrance」の文字はユーリヤのものなのでしょうか?
ユーリヤの他の手紙の筆跡と比べると、「n」や「r」の形、「t」の横棒の書き方の一部が似ているように感じますが・・・どうでしょうか?

他の人物たちの筆跡とまとめて提示しておきます。
※私個人の推測によるものもありますのでご了承ください。

ユーリヤ



ロージャ



マリー



ニルス



ハーマン



ルーリンツ



校長



マルガレータ



今回はここまで。
その4はコチラ




関連記事:
PSVR『Déraciné(デラシネ)』 クリアしたらしーね/2018年11月11日
PSVR『Déraciné(デラシネ)』 買ったらしーね/2018年11月9日
PV 『Déraciné』、『ASTRO BOT』、『MOSS』/2018年11月14日


2018年12月20日 椅子の場所・図書館の2階に「11月3日にニルスの言霊」と画像を追加。
2018年12月25日 ◇Entrance マリーの思い入れのある場所に「(本当は礼拝堂の二階?)」を追記。


2018/11/24(土)
前回に続いて、PSVR『Déraciné(デラシネ)』に関して、考察というほど深くはありませんが、思ったこと、感じたことをつらつらとまとめてみます。

前回、その1はコチラ

※本作は内容に関して一切の事前情報なしでプレイされることをお薦めします。
重大なネタバレも含めて記していきますので、いずれプレイする気が少しでもあるという方はご注意ください。




◇マルガレータの挑戦状



8つのコインが隠されている場所をまとめておきます。



私からのヒントとしては、コインは「移動ポイント」ではなく「観察ポイント」で拾うことができます。


①ダニーのお気に入り


②とある扉


③中庭の木


④時計塔


⑤図書室


⑥屋根伝いに


⑦木琴をある順番で鳴らす
 マレット(バチ)も音楽堂にあります


⑧誰かが寝ているベッド




◇マルガレータの挑戦状は誰に向けたもの?

マルガレータという人物に関してはまた別に考えたいと思いますが、マルガレータの挑戦状はそこに書かれている内容から、学校に新たにやってきた仲間との親睦を深めるようなイベントとして企画されたものであると考えられます。
ただ、ロージャ以降、新たな仲間が学校にやって来た様子はありません。
アレクシスという人物もいましたが、その一生はごくわずかで、コイン探しをさせるほどの余裕があったようには思えません。
この時間の中で隠されているコインや挑戦状は、特定の誰かのためではなく、まだ見ぬ未来の仲間のためにあらかじめ用意されたものではないでしょうか。



ゲーム的ないじり方になりますが、貯金箱を開けた後に過去に戻っても、それは開いたままになっていることから、この貯金箱自体が妖精に向けた存在であるとも考えられますが・・・。
まあ、あくまでゲーム的なツッコミです(笑


◇手編みの指輪

手編みの指輪のゲーム上の役割について思ったことを。

まずひとつは、他の子供たちとの絆を感じさせるものであるということ。
ゲームの進行上、8枚のコインは最速でも演奏会の後、子供たちだけで外へ出る11月3日になってようやく揃います。
プレイヤーが子供たちと一緒にいくつかの出来事を経験した上で指輪を手にすることになり、より仲間意識が強くなりそうです。
ただ、最速で仲間意識が強くなった後にあの展開になると考えると、なかなかえげつない気もしますが(笑



もうひとつ。
本作におけるプレイヤー妖精の正体につながるものが左手にあるわけですが、そこに目を向けさせる効果があるのかな、と思いました。
もちろん、左手でつかんだ物を裏返したりして眺めている間に目に入ることもありますが、より集中して目を向けさせるような役割があるようにも感じ、これがPS Moveを2本使うことの意味だったのではないかとも思います。


◇プレイヤー妖精の正体



プレイヤー妖精の正体はやはり、左手に痣(アザ)があると記述のある写真の赤子、アレクシスである可能性が高いと思われます。
校長の日記などから、アレクシスが生まれながらにして長くは生きられないことや、どうせ生きられないのであれば妖精として生まれ変わらせようとしていたことが分かります。
その妖精化がどういった形で達成されたかは不明ですが、考えがまとまればマルガレータとの関係とともに別の日にまとめようと思います。


◇ルーリンツは妖精が何者か分かった?



過去改変が成功した後の12月11日、校長室2階のルーリンツはアレクシスの写真を前に祈っているように見えます。
外から生還した後の1年、ルーリンツたちは学校に残された本や資料、校長の日記などを読み漁ったと思われます。
その中で、今まで自分たちの周りにいた妖精はアレクシスではないかとの結論に達したのではないでしょうか。


今回はここまで。
その3はコチラ




関連記事:
PSVR『Déraciné(デラシネ)』 クリアしたらしーね/2018年11月11日
PSVR『Déraciné(デラシネ)』 買ったらしーね/2018年11月9日
PV 『Déraciné』、『ASTRO BOT』、『MOSS』/2018年11月14日


2018/11/20(火)
PSVR『Déraciné(デラシネ)』に関して、考察というほど深くはありませんが、思ったこと、感じたことをつらつらとまとめてみます。
ちなみに私は「ソウル」シリーズや『Bloodborne』はプレイ、クリア済みですが、周回も中途半端で、物語、世界の考察等は一切やってきておりませんので、その辺に関連する言及はありません。

※本作は内容に関して一切の事前情報なしでプレイされることをお薦めします。
重大なネタバレも含めて記していきますので、いずれプレイする気が少しでもあるという方はご注意ください。




まず本作で行動できる日付と出来事を、未来から戻ってくる時間もありますが、日付の順番通りにまとめておきます。
また、年号に関して明示されていないため本記事では、シチューにイタズラや椅子決め、演奏会が行われるなど、ゲームプレイの中心となる年を「デラシ年」としておきます。


デラシ-n年
9月17日 17:00
ユーリヤの持つ花を蘇らせる



デラシ年
2月4日 23:00(1回目)
ニルスの熱
川の光が気になるロージャ

2月4日 23:00(2回目)
ニルスの熱
川の遺体から赤い指輪


6月1日 24:00(非表示)
チュートリアル

6月1日 24:00(2回目)
チュートリアルの真相


10月20日 7:00
シチューに5つのハーブを


10月22日 13:00(1回目)
妖精の椅子決め(未決)
校長の頼み

10月22日 13:00(2回目)
椅子決め(決定)

10月22日 14:00(1回目)
椅子決め(無意味)
子供たちの外出を阻止するための行動

10月22日 14:00(2回目)
校長室2階のルーリンツから
校長の頼み

10月22日 14:00(3回目)
椅子決め(無意味)
ユーリヤに指輪を


10月31日 16:00
演奏会の準備、音楽堂を開ける

10月31日 18:00
オルゴールを直す、演奏会


11月3日 8:00
ユーリヤ妖精化
全員消失

11月3日 19:00
みんなで外出

11月3日 21:00
雪山、山小屋前で妖精と遭遇

11月3日 22:00
ロージャとマリーの消失



デラシ+1年
12月11日 18:00(1回目)
第1教室にルーリンツ

12月11日 18:00(改変失敗)
ニルス生存
第1教室にルーリンツ

12月11日 18:00(改変成功)
ニルス、ロージャ生存
校長室2階にルーリンツ


最後の全員揃った演奏会は明示されていませんが10月31日でしょうか?



◇ユーリヤの持つ花を蘇らせる9月17日が最も過去の出来事である理由

まずシンプルな理由として、6月1日(2回目)に間違った選択をした場合、再び9月17日へと飛ばされてしまいますが、この際、時振計の針は逆回転しており、光や周囲の粒子は黄色くなっています。
本作で時間移動するとき、時間の流れ通り未来へ進む場合は青い光が、過去へ戻る場合は黄色い光が発生します。
したがって、6月1日(2回目)で間違った選択をしたときに飛ばされる9月17日は、それよりも過去の出来事であると考えられます。



最初の非表示6月1日のチュートリアル終了後、時振計は表示されませんが黄色い光を経て謎空間へと移動します。
そこで時振計をもらい、青い光を伴う時振計の順回転を経て9月17日が始まることから、6月1日よりも先の時間である可能性も疑われるかもしれませんが、やはり、6月1日(2回目)から直接戻る際、黄色い発光とともに時振計の針が逆回転しているという事実は揺らぎようがないと思います。
むしろ謎空間は9月17日よりもさらに前と考えることもできますし、そもそも何月何日と規定できるような時間の概念が存在するかどうかも分かりませんし。


もうひとつ、ユーリヤの状態からの推測。
ユーリヤは6月1日にプレイヤー妖精に時間を奪われ、その後の時間に現れるユーリヤはおそらく実体を持たない存在(ここでは精神体ユーリヤと呼称)であり、本当の肉体を持つユーリヤ(本体ユーリヤ)は医務室のベッドにいます。


画像は左から9月17日、6月1日、10月20日。

精神体ユーリヤと本体ユーリヤの一貫した違いは襟元のブローチにあると思われます。
また、9月17日には無いものの、髪留めでも両者を判別することができます。
画像だと髪の色の違いも気になりますが、日中と夜のライティングの違いからくるものかもしれません。

いずれにしても、6月1日以降、ブローチを付けた本体ユーリヤは時間を奪われ、生気を失った姿であるはずなので、同じ年の9月にブローチを付けたユーリヤが生気を持った姿で居るのは不自然であり、9月17日は6月1日よりも前の出来事と考えるのが妥当ではないでしょうか。

2018年12月12日 追記
当初、9月17日をデラシ年より1年前、「デラシ-1年」としていましたが、さらにその前の可能性も鑑みて「デラシ-n年」としました。


◇12月11日が雪山での消失から1ヶ月後ではなく1年後である理由

は、言うまでもなくルーリンツの手紙から明らかなので、異論はないでしょう。

Deracine 19


今回はここまで。
その2はコチラ




関連記事:
PSVR『Déraciné(デラシネ)』 クリアしたらしーね/2018年11月11日
PSVR『Déraciné(デラシネ)』 買ったらしーね/2018年11月9日
PV 『Déraciné』、『ASTRO BOT』、『MOSS』/2018年11月14日


2018年12月12日 9月17日を「デラシ-1年」としていたものを「デラシ-n年」へと変更。

前のページへ  | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド