黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2018/10/11(木)
※ネタバレになり得る内容が含まれるかもしれません。
ご覧なる方はご注意ください。


PS4『Detroti: Become Human』、ひとまずクリアしました。



結末としてはマーカスがアンドロイドたちとともに自由を勝ち取り、コナーもそちら側にいるという状況。



一貫して平和的なやり方でやってきたので、自由を得るためなら暴力もいとわないと考える女性・ノースとの関係は危ういかなと思っていましたが、最終的には恋人関係で結末までたどり着きました。



コナー編でパートナーとなるハンクとの関係は一時、敵対するにまで至りましたが、こちらもなんやかんやあって最終的には友情関係まで上げることができました。
まあ、好感度が上がるような選択をしたとも言えますがw
これは物語として成功のほうに向かえば、関係は良好なものになるんでしょうかね?



一方、カーラ編の結末はカーラ一人が生き延びるというものに。
もちろん不本意と言えば不本意ですが、みんなで自由を喜ぶマーカスたちと、自由ではあるものの一人になってしまったカーラという対比にも見えて、物語としてはなかなか趣のあるもののように思います。



難易度としては、失敗するとキャラクターが死亡する可能性もある「EXPERIENCED」でプレイしていましたが、クイックタイムイベントの発生するアクションシーンでの大きなミスというのは避けられたようです。
何回か入力ミスするくらいは大丈夫みたいですね。



小ネタですが、物語が進むとタイトルメニュー画面のおねいさんアンドロイドが不安そうな表情になるのが、面白い演出だなと思いました。
ほかにも質問を投げかけられたり、コントローラーのチェックされたり、ゲームを始めようとすると引き止められたりと、芸が細かい。
クリア後にも選択を迫られます。


ひとまずクリアとなりましたが、当然、細かな見落としや進んでいないルートもあります。
暴力に訴えるマーカスや、人間の側につくコナー、みんなで生き延びるカーラなどもありそうなので、2周、3周してみようと思います。




関連記事:
PS4『DETROIT: BECOME HUMAN』 プレイ中/2018年10月3日
PS4『DETROIT: BECOME HUMAN』を購入/2018年5月25日


2018/10/09(火)


PSVR『ASTRO BOT: RESCUE MISSION』(アストロボット レスキューミッション)を買ってきました。
本当は『WORK×WORK』と一緒に買いたかったんですが一時的に店頭に置いてなくてですね。
DL版でもいいと思ってたんですが今日置いてあったので買ってまいりました。



早速、プレイしてみました。



セリフなどはありませんが、おそらくプレイヤーのしているゴーグルが気になった宇宙人が、宇宙船アストロ号のゴーグルを強奪。
宇宙船のパーツと乗っていた200体以上のボットたちが周辺に散ってしまいます。



1体残ったアストロくんを操作してワールド1-1からゲーム開始。



ゲームとしては3Dプラットフォーミング(足場移動)アクションゲーム。
足場を渡ったり、敵を倒したり、コインを集めたり、ボットたちを救助していきます。



モニターの中央にいるのがプレイヤーのこの世界での姿でしょうか。
救出したボットは手元のコントローラーに飛んできて集められます。



ステージ内は壊せるものもあり、その先にボットが隠れていることもあります。



また、各ステージに1体ずつ隠れているカメレオンを見つけると、本編とは別にチャレンジステージを遊ぶことができるようです。



敵の中にはプレイヤーを狙ってくるものも。
口から何か吐き出したものが当たると視界の一部が一定時間ふさがれてしまいます。
プレイヤー自身が頭を動かしてかわすとふさがれることはありません。



1ワールドにボス戦も含めて5ステージあります。
フック付きワイヤーが使えるステージもあり、輪っかに引っ掛けて引っ張ったり、綱渡り用の足場にしたりできます。



ボスを倒してワールド1をクリアしました。



ワールド1クリア後、宇宙船アストロ号の中で遊ぶことができます。



集めたコインをつかってクレーンゲームのようなものをプレイすることができ、宇宙船の中で遊べるアイテムを手に入れることができます。
こういったオマケも楽しそうです。


VRのゲームプレイ感覚は画像なんかでは伝わらないと思いますが、屋外ステージは開放感を感じますし、ステージを見下ろしたり見上げたり、壁の向こうをのぞきこんだりしてルートやボットを見つける感覚が楽しい。
各ステージ、まずはスタート地点の真後ろを確認する作業が恒例となりそうですねw




関連記事:
PV 「天穂のサクナヒメ」、「ASTRO BOT」、「Jupiter & Mars」/2018年5月30日
PSVR『Moss』を買いもすた/2018年2月28日
PS3『パペッティア』 紹介と感想 その1/2013年12月10日


2018/10/03(水)


先週あたりからPS4『Detroit: Become Human』のプレイを再開しています。
再開といっても最初のチャプター以降、全然進めてなかったんですけどね。



それぞれのアンドロイドの物語が動き出した感じです。
カーラ編ではサスペンス物らしい、あからさまにヤバそうな出会いも。



カーラ編で隠れていたかと思いきや、コナーの物語が交錯してくるチャプターもあって、「ワシが捕まえんのかい」とツッコんだ場面もありましたねw



マーカス編で、先の行動をシミュレートした後で実行するというゲームプレイはアンドロイドらしいなと思いました。



瞬時の選択を迫られる場面ではやはり焦りますし、思っていた展開にならないこともあります。



ゲーム中では選択やその進行結果によって、主人公たちに対する他の人物や組織などの評価が変化することがあります。
この辺もストーリー展開に影響を与えそうですが、まずはそのまま、思ったままの選択で結末まで行こうと思います。
できれば全員無事だといいなw




関連記事:
PS4『DETROIT: BECOME HUMAN』を購入/2018年5月25日
PV 「デトロイト」、「トラヴィストラゲイン」、「Donut County」/2018年3月29日


2018/09/14(金)
PS4『リトルドラゴンズカフェ ひみつの竜とふしぎな島』をクリアしました。
※若干、ネタバレになり得る内容が含まれるかもしれません。
ご覧になる方はご注意ください。




世界の終わりを訴える占い師が登場し、壮大なストーリーが展開するかと思ったらそんなことはありませんでしたw

これまで述べたように、食材やレシピを集めてカフェの評判を上げ、時間を進めることで物語が進むため、ゲームとしての遊びごたえというものはあまり感じませんでしたね。
戦闘が無いのは制作者の哲学のようなものだと思うのでいいんですが、料理のリズムゲームもそれほどバリエーションはなく、全体の流れは同じことの繰り返しになる印象です。



それはそれとして、ストーリー進行によってドラゴンはさらに大きく成長。



今まで行けなかったような高い場所、行けても少し回り道をしなければならない場所も、一気に飛んでいけるようになります。
この飛行感はまあまあ良かったかな。



ネタバレですが、母親が無事目を覚まして物語は終了となります。



もちろんゲームクリア後も島を探索し、食材集め、カフェの手伝いなど続けることができます。
ドラゴンの体の大きさを変える料理も作れるようになります。



飛ばないと行けない場所にあるものの、小さいドラゴンでないと入れない穴などから食材を取ってこさせることができます。

これも以前述べたように、無心で採取して回ってしまう楽しさはあるので、まだ残っているレシピ探しや食材のコンプリートなど、もう少し島を飛び回ってみようと思います。




関連記事:
「LDC」、「LiS BtS」 プレイ中/2018年9月4日
PS4『リトルドラゴンズカフェ ひみつの竜とふしぎな島』を購入/2018年8月31日
PV 「リトルドラゴンズカフェ」、「SEKIRO」、「Go対馬」/2018年7月18日


2018/09/07(金)
PS4『ライフ・イズ・ストレンジ ビフォア・ザ・ストーム』をクリアしました。



後付けの設定もあるでしょうが、1作目につながるような、2人が親友になっていく過程が描かれていて良かったです。
まぁ上の場面では、レイチェルの危なっかしさにむしろ笑ってしまうくらいでしたが(笑



デイビッドに関しては、申し訳ないけど、まだ歩み寄れませんでしたw
やっぱ1作目で感じた関係性だと、まだのような気がします。



物語的にクロエは結構ヤバいことやってるんですが大丈夫だったんですかね?



最後の選択肢は「真実を伝える」ほうを選びました。
ネットにつないでいると他プレイヤーの選択の割合も見られるんですが、私がクリアした時点で49:51と、ほぼ半々だったのが印象的でした。

ちょっと気に入らなかったのがエンドロール後、最後に描かれるラストカットは余計だと思いましたね。
1作目プレイ済みとしては“未来”は分かった上で、前日譚であるクロエとレイチェルの出会いの物語を楽しんだわけで、改めてその“未来”をほのめかす必要はなかったと思います。




ボーナスエピソード「さよなら」もプレイ。
マックスがアルカディアベイから引っ越す前、クロエに引っ越すことを言い出せないまま、2人で過ごすときが描かれます。



こちらも最終的には悲しい別れもあるんですが、1作目ファンとしてはグッとくるものがありました。


不満がないわけではありませんが、本編、ボーナス含め全体的には楽しめました。
また1作目をあらためてプレイしてみたい気になりますね。




関連記事:
「LDC」、「LiS BtS」 プレイ中/2018年9月4日
PS4『Life is Strange: Before the Storm』 プレイ中/2018年8月29日
PS4『LIFE IS STRANGE(ライフ・イズ・ストレンジ)』 感想/2016年3月23日


前のページへ  | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. |  次のページへ

 / Template by パソコン 初心者ガイド