黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2009/03/17(火)
雨の日のネコはとことん眠い/加藤由子 画・平出衛


著者自身の周りのネコたちとの体験や、彼らの観察から見えたネコの生態・行動を、科学的・生物学的な解説を交えつつ、ユーモラスに書き綴ったエッセイです。
古本屋で買ったんですが、実は内容よりイラストに惹かれて買いました。



この本は1990年に発行されたものですが、最近書店で「ネコの気持ちがわかる」系の本を手に取ったところ、同じくこの加藤由子(よしこ)さんが書いたものでした。
どうやら有名な方のようです。
2009/03/03(火)
最初に放り込むのは私が今、最も好きな作家です。
やはり「図書館戦争」シリーズと言うと、ピンとくる人が多いでしょうか。
かく言う私も、シリーズ3作目「図書館危機」が発売された時期から入ったクチですがw

有川浩01


有川浩さん。
ご存じない方のために言っておくと、読みは「ありかわ ひろ」、女性です。
かく言う私も、「ひろし」という男性だと間違えていましたがw

有川浩02



数年前までは、長編の物語というものを読むのが苦手で、そう思い込んで小説というジャンルは敬遠していました。
しかし発売当初から気になっていた「図書館戦争」を思い切って購入し読んでみると、すんなりと、あれよあれよという間に読了。
小説を読む面白さと、読む自信をつけさせてくれたという意味でも思い出深い作品です。

個々の作品紹介なんかは追々やってみようかなぁと考えております。

前のページへ  | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド