黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2019/06/16(日)
E3 2019のXboxブリーフィングで発表されたものから気になった話題を。
発売予定日は海外でのものになります。



[E3 2019]「サイバーパンク2077」の発売日が2020年4月16日に決定。俳優・キアヌ・リーブス氏が作中に登場することも明らかに /4Gamer.net(6月10日)

PC・PS4・XB1『サイバーパンク2077』の発売予定日が2020年4月16日と発表。





あなたはもう『サイバーパンク2077』をとにかく嬉しそうに紹介するキアヌ・リーブスを見たか。観客と掛け合い「Breathtaking」で雰囲気は最高潮 /AUTOMATON(6月10日)

Xboxブリーフィングで公開された『サイバーパンク2077』のトレーラーにて、作中に登場するキャラクターを俳優のキアヌ・リーヴス氏が演じることが明らかになると同時に、同氏がステージに登場。

同タイトルの紹介をする中で「未来の街で過ごし、通りを歩く感覚は本当に素晴らしいものになるだろう(really going to be breathtaking)」と語ったとき、客席から「You're breathtaking!(素晴らしいのはあんただよ!)」と反応が返ってきました。
それを受けてキアヌは照れながらも「You're breathtaking! You're all breathtaking!(君も最高だ!君たち皆最高だ!)」と返して現場は最高の盛り上がりを見せました。

Dude who shouted ‘you’re breathtaking’ at Keanu is getting a Cyberpunk 2077 Collector’s Edition /VG247(6月10日)

話はこれで終わりではなく、その後、キアヌに「You're breathtaking!」と声をかけたとされる観客が、CD Projekt Redから『サイバーパンク2077 コレクターズエディション』がプレゼントされることになったそうです。

リアルタイムで配信見てましたけど、「breathtaking」の下りはライブ感もあって面白かったですね。
この日、一日、頭の中で「You're breathtaking」が鳴っていましたw



[E3 2019]「オリとくらやみの森」続編の「Ori and the Will of the Wisps」は2020年2月11日にリリース /4Gamer.net(6月10日)

PC・XB1『Ori and the Will of the Wisps』の最新トレーラーが公開され、発売予定日が2020年2月11日と発表。





[E3 2019]タイムループ系インタラクティブ・スリラー「TWELVE MINUTES」が発表。“12分”というタイトルが意味するものとは? /4Gamer.net(6月10日)

PC・XB1『12 MINUTES』が発表。



同じ時間を繰り返しながら望ましい結末を目指す、タイムループ系アドベンチャーのような感じ。
俯瞰視点のデザインも興味深く、日本でもリリースしてほしいですね。



[E3 2019]「Sundered」のThunder Lotus新作「Spiritfarer」が発表。PC/PS4/Xbox One/Switchで2020年に発売 /4Gamer.net(6月10日)

PC・PS4・XB1・NS『Spiritfarer』が発表、2020年に発売予定。



カートゥーンスタイルのグラフィックデザインに惹かれますが、死者の魂を見送るような内容のようで切ないものになるんでしょうか?
船の上に建物を建てたり、釣りや鉱物採取といったゲーム要素もあり楽しそう。
これも日本向けリリースがあったらいいですね。



[E3 2019]フロム・ソフトウェアの新作アクションRPG「Elden Ring」が発表。「ゲーム・オブ・スローンズ」のジョージ・R・R・マーティン氏とのコラボタイトル /4Gamer.net(6月10日)

フロム・ソフトウェアの新作『Elden Ring』が発表。
海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作小説の著者であるジョージ・R・R・マーティン氏とのコラボ作品となるそうです。




『ELDEN RING(エルデンリング)』注目のフロム・ソフトウェア完全新作、宮崎英高氏インタビュー翻訳版を全文公開!【E3 2019】 /ファミ通.com(6月10日)

ゲームとしてはダークファンタジーのアクションRPGで、「オープンワールドと呼べるかは分からないが、“オープンなフィールド”のある世界」をプレイすることになるようです。



Microsoft、次世代ゲーム機「Project Scarlett」を2020年のホリデーシーズンにリリース /4Gamer.net(6月10日)

E3 2019の「Xbox E3 Briefing 2019」にてXboxの次世代機「Project Scarlett」が開発中であることが発表。
2020年のホリデーシーズンにリリース予定とのこと。

PlayStation次世代機同様、まだどういったものになるか分かりませんが、本体ストレージはどちらもSSDになりそうですね。
楽しみな反面、現行世代機ももうラストスパートか、といった気持ちもあります。




関連記事:
E3 2019 Xboxブリーフィング/2019年6月13日
PC『Ori and the Blind Forest』 クリア/2017年6月30日


2019/06/15(土)
ここ2週ほどの気になったゲーム関連の話題を。
E3 2019ネタなど多くあるため3回ほどに分けてアップします。



「ポケットモンスター ソード・シールド」の発売日が2019年11月15日に決定 /4Gamer.net(6月5日)

NS『ポケットモンスター ソード/シールド』の発売予定日が11月15日と発表。
それぞれ単体での販売のほか、2本セットになった「ダブルパック」の発売もあるそうです。





PS4/Switch用RPG「DESTINY CONNECT」の体験版が配信。ゲーム冒頭から第4章までをプレイできる /4Gamer.net(6月6日)

PS4・NS『DESTINY CONNECT(ディスティニーコネクト)』の体験版がそれぞれのストアで配信中。
体験版はゲーム冒頭から第4章までプレイできるそうです。



大体の戦闘やロボット・アイザックの強化システムが分かると思います。
物語として第4章はチートシタイン博士というファンキーなキャラクターと出会うあたり。

現在プレイ中ですが、特に難しい要素は無く、オーソドックスなRPGという印象で遊びやすいですね。



和風アクションRPG「天穂のサクナヒメ」、PS4版に加えてSwitch版も発売決定。ゲームの魅力や雰囲気が良く分かる最新PVも公開 /4Gamer.net(6月7日)

PS4向けに発表されていた『天穂(てんすい)のサクナヒメ』がNS向けにも発売予定と発表。
最新プロモーション映像も公開されています。



米作りがサクナヒメの成長に関わってくるようです。



アクションRPG「CODE VEIN」、PS4/Xbox One版が9月26日、PC版が9月27日に発売決定。第5弾PVとキャラクターPV「イオ篇」が公開 /4Gamer.net(6月11日)

発売延期となっていたPS4・XB1『CODE VEIN』の発売予定日が9月26日と発表。
PC(Steam)版は9月27日発売予定。



元の発売予定日が2018年9月27日(Steam版は28日)となっていため、1年延びたことになります。
気になっているタイトルですが現時点での購入は未定。



「シェンムーIII」の発売日が11月19日へ延期。鈴木 裕氏&Deep Silver「もう少しだけリファインする必要があります」 /4Gamer.net(6月7日)

8月27日となっていたPC・PS4『シェンムーIII』の発売予定日が11月19日へ変更と発表。



「I&II」もまだやってませんから個人的にはゆっくり作っていただいて構わないんですが(笑)、一方で別の騒動が起こっているようです。


[E3 2019]「シェンムーIII」のE3トレイラーが公開。PC版はEpic Gamesストアでの時限独占販売に /4Gamer.net(6月11日)

PC版『シェンムー3』Epic Gamesストア時限独占に伴う何らかの対応を検討 /Game*Spark(6月15日)

『シェンムーIII』のPC版はゲーム配信プラットフォーム「Epic Games Store」で1年間の時限独占配信となることが発表。

『シェンムーIII』はKickstarterによって資金集めが成功したのですが、その際、同じくPC向けゲーム配信プラットフォームであるSteamでの販売や出資者への返礼としてSteamキー(製品のダウンロードコード)の配布などが記載されていたため、当初の条件と異なることになり、批判が巻き起こっているようです。

Epic Gamesストアはゲーム開発者への利益分配率がSteamよりも好条件らしく、それは開発者にとっては良いことだと思いますが、時限独占というのは一部のゲーマーに我慢を強いる形になるため反感を買う原因にもなり得るので、ややこしい話ですね。

ただまあ、個人的には『シェンムーIII』買うとしたらPS4版になると思うんで、関係ない話といえば元も子もないんですがw



KONAMIから「PCエンジン mini」の発売が決定。「スーパースターソルジャー」や「THE 功夫」など一部の収録タイトルが公開 /4Gamer.net(6月12日)

PCエンジン ミニ発表。収録ソフト、本体形状など海外版との違いは? PCエンジン振り返りも /ファミ通.com(6月12日)

1987年に発売された家庭用ゲーム機「PCエンジン」を縮小したデザインの「PCエンジン mini」の発売が発表。
『スーパースターソルジャー』や『PC原人』、『イースI・II』などが収録予定。



ファミコンミニから始まって、メガドラ、PCエンジンまで来ましたか。
昔の異なるハードでのソフトを今でも遊べるような単一のプラットフォームや仕組みができれば、なお良いと思うのですが、まー難しいかなー。
できないものでしょうかね?




関連記事:
PV 「ディスティニーコネクト」、「Ancestors THO」、「Pathless」/2019年1月23日
PV 「天穂のサクナヒメ」、「ASTRO BOT」、「Jupiter & Mars」/2018年5月30日
気になったゲーム関連の話題 2015年6月23日
(シェンムー3 キックスターター達成)

2019/06/04(火)
5月20日から6月2日くらいまで、2週ほどの気になったゲーム関連の話題を。



PS4向け新作「DEATH STRANDING」は2019年11月8日に発売。最新のプレイ映像がたっぷり詰まったトレイラーも /4Gamer.net(5月30日)
コジマプロダクションが開発中のPS4『DEATH STRANDING』の発売予定日が11月8日と発表。
ソフト単体の通常版のほか、様々な特典がセットになったコレクターズエディションも販売もあるそうです。



ゲームプレイと思われるシーンも含まれた新トレーラーも公開されています。
なんか意外と「もう出るのか」という気もします。



水没した世界で孤独な少女の旅を描く、「Sea of Solitude」の発売が7月5日に決定 /4Gamer.net(5月29日)

昨年のE3、Electronic Artsのカンファレンスでディザートレーラーが公開された『Sea of Solitude』がPC・PS4・XB1向けに7月5日に配信予定と発表。
価格は1900円。





PC版「風ノ旅ビト」は6月6日リリースへ。Epic Gamesストアで事前購入の受付が開始、メガセール中のため1000円引きの580円 /4Gamer.net(5月29日)

『風ノ旅ビト(英題:Journey)』のPC版がEpic Gamesストアにて海外時間の6月6日に配信開始予定。





「みんなのGOLF VR」の無料体験版が配信開始。さまざまな場面でのスイングを練習できる「練習場」がプレイ可能 /4Gamer.net(5月21日)

6月7日発売予定のPSVR『みんなのGOLF VR』の無料体験版が配信中。



コースではなくスイングやパットの練習ができるもので、ちょろっとやってみました。
通常のコントローラーDUALSHOCK4のモーション機能を使い、クラブに見立てて振ることでボールを打つことができますが、ちょっとブレやすい気がします。
PSムーブにも対応しており、やはりムーブのほうが振りやすくブレも小さいような気がします。



「嘘つき姫と盲目王子」発売1周年を記念したDL版半額セールが開催。限定テーマ&アバターも /4Gamer.net(5月30日)

PS4・PSV・NS『嘘つき姫と盲目王子』の発売1周年記念第1弾と題して、5月30日から6月12日までの期間、各機種のダウンロード版が半額で購入できるキャンペーンが実施中。



どのハードで買うか迷っている間に先送りにし、半額セールが来るまでになりました。
いい加減買おうかな?
PS4・V向けにテーマも販売されているのでまずはそっち買おうかな?



◇PS4『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune』、Ver.1.17アップデートにより追加キャラ「みさき」「レイファン」の使用権購入が可能に

PS4『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune』のアップデートVer.1.17が配信され、追加キャラ「みさき」と「レイファン」の使用権をそれぞれ購入することでゲーム内で使用することができるようになったようです。
使用権の価格は6月4日時点で各1296円(税込み)。


最新作「Scarlet」のPS4版では一部の機能、表現が削除されており、今回のアップデートで「Fortune」にも同様の規制が入ることも懸念されていましたが、今のところそういった報告は無いようです。

最近また水着集めをちょこちょこ進めていますが、キャラ購入に関しては追々といった感じ。



PlayStation Plusの利用料金が8月より値上げ。12か月契約のみ据置き /4Gamer.net(5月31日)

PlayStationプラスの利用料金が2019年8月1日より改定と発表。
改定されるのは1ヶ月と3ヶ月の利用権で、1ヶ月が514円(以下税込み)から850円に、3ヶ月は1337円から2150円になるそうです。
12ヶ月利用権は変わらず5143円。

私はフリープレイやディスカウントで気になったタイトルがある月に1ヶ月利用するくらいでしたが、素直に12ヶ月加入したほうがいいでしょうかね。
12ヶ月利用権の価格改定もいずれ来ると思ってますがw
いずれにしても価格を上げるのであれば、プラス加入者向けのお得なコンテンツをもっと充実させてもらいたい。




関連記事:
PV 「デス・ストランディング」、「Ori at WotW」、「LiS2」/2018年8月22日
PV 「Ghost Giant」、「TUNIC」、「Sea of Solitude」/2018年6月22日
PS3『風ノ旅ビト』をざっくりと考察とかしてみたり その1/2012年3月23日
PS4『Dead or Alive Xtreme 3』 プレイ中 その5/2017年2月7日


2019/05/19(日)
ここ3週ほどの気になったゲーム関連の話題を。



「FINAL FANTASY VII REMAKE」の最新映像が公開。クラウドとエアリスの出会いや戦闘シーンを収録 /4Gamer.net(5月10日)

5月10日、PlayStationの新作情報に関する動画番組「State of Play」が配信。
その中でPS4『FINAL FANTASY VII REMAKE』の最新映像が公開。



特にリメイク待っていたわけではないのですが、あのシーン、あの敵が今世代機でこう表現されるのかというのは楽しみでもあります。



フクロモモンガを主人公にしたアクションアドベンチャー「AWAY: The Survival Series」のトレイラーが公開 /4Gamer.net(5月10日)

同じく「State of Play」から、フクロモモンガを主人公とした『AWAY: The Survival Series』が公開。



トレーラーを見た感じではプラットフォーミング(足場移動)アクションっぽい。
グラフィックも惹かれますが、日本向けリリースは不明。
似たような感じので『WiLD』はどうなってますか?



Nintendo Switch版「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」が2019年9月に発売決定。PS4版では本編が25%OFFになるセールを開催中 /4Gamer.net(5月17日)

『絶体絶命都市4 Plus -Summer Memories-』のNS版が9月発売予定と発表。
価格は6480円(税別)。
また、PS4のダウンロード版が25%オフで販売されるセールが6月14日まで実施中。



ちょっと意外なマルチ展開。



PS4版「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠」が2019年6月に配信。発売を記念したイベントが6月15日に大阪で開催 /4Gamer.net(9月14日)

『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』のPS4版がダウンロード専用で6月発売予定と発表。



インディーズも含めて、マルチ展開しやすい環境になってきているのかもしれませんね。



「釣りスピリッツ Nintendo Switchバージョン」が2019年7月25日に発売。Joy-Conを使ってオオモノ釣りにチャレンジ /4Gamer.net(5月15日)

ゲームセンターにある魚釣り体験メダルゲーム「釣りスピリッツ」をベースにしたNS用タイトル『釣りスピリッツ Nintendo Switchバージョン』が7月25日に発売予定と発表。



ちょっと楽しそう。



任天堂のSwitch用ソフト2本が9980円でダウンロードできる「2本でお得 ニンテンドーカタログチケット」の販売がNintendo Switch Online加入者向けに開始 /4Gamer.net(5月16日)

Nintendo Switch Online加入者向けに、任天堂から発売されているNS用ソフト2本を9980円(税込み)でダウンロード購入できる「2本でお得 ニンテンドーカタログチケット」が販売開始。



例えば『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』(7776円)と『ゼノブレイド2』(8618円)の2本(16394円)が、チケットを利用すると6414円お得になるようです。
一方でプラチナゲームズが手掛ける『ASTRAL CHAIN』なども発売直後から引き換え可能というのはなんかスゴイ話ですね。



ディースリー・パブリッシャー、発表済みのSwitch向け「オメガラビリンス ライフ」に加えて、“実家バージョン”を謳うPlayStation 4向け「ラビリンス ライフ」を発表。発売日はいずれも8月1日 /4Gamer.net(5月14日)

ローグライクRPG『オメガラビリンス ライフ』はPS4とNintendo Switchで“おっぱい仕様”が大きく異なる。PS4版は「実家で遊べるバージョン」として2000円安価に /4Gamer.net(5月15日)

『オメガラビリンス』自体は特に購入予定ではないのですが、話題として気になったもの。
NS用タイトルとしてすでに発表されていた『オメガラビリンス ライフ』からから“お色気”要素を排除し、価格を抑えたバージョン『ラビリンス ライフ』がPS4向けに発売されるというニュース。

近年、PlayStationプラットフォームにて特に性的表現に関する規制が強まっているという状況で、こういった違いを出した販売のしかたは、ちょっと“当てつけ”のようなものがあるのではと勘繰ってしまいます。
まぁ、PS Vitaから続くタッチスクリーン機能の有無によるもので他意はないのかもしれませんが。

ちなみに私自身は、性表現も暴力、ゴア表現も、あらゆる表現は自由であるべきだと思っています。




関連記事:
PV 「FF7リメイク」、「Hob」、「ゾンビタクシー」、「ロボットゴルフ」/2015年12月15日
PV 『WiLD』、『BOUNDLESS』、『DETROIT』&『KARA』/2015年11月9日


2019/04/28(日)
ここ3週ほどの気になったゲーム関連の話題を。



PS4「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」は10月31日発売へ。2人の新キャラや「3学期」生活など、「P5」に新要素を備えて登場 /4Gamer.net(4月25日)

PS4とSwitch向け新作「ペルソナ5スクランブル ザ・ファントムストライカーズ」が電撃発表。「無双」のω-Forceとアトラスがタッグを組んだアクションRPG /4Gamer.net(4月25日)

PS4『ペルソナ5 ザ・ロイヤル(P5R)』とPS4・NS『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ(P5S)』が発表。



「P5R」は『ペルソナ5』に新要素などを追加したもので10月31日発売予定。
「P5S」はコーエーテクモのω-Forceとの制作で、無双アクションのようなゲームになるようです。


画像は「P5S」のティザームービーからのスクリーンショット。

「P5R」の追加要素をDLCで販売とかないんでしょうかね?
それだったらオリジナル買うより「P5R」を待ったがいいかな。



Nintendo Switch版「GOD EATER 3」が2019年7月11日に発売。オンライン通信のほかローカル通信でのマルチプレイにも対応 /4Gamer.net(4月12日)

『GOD EATER 3』のNS版が7月11日発売予定と発表。



ローカルマルチプレイ対応など、やはりNSは携帯機的な役割を担うことになりそう。



パズルアクションゲーム「ハコボーイ!&ハコガール!」、2019年4月26日の発売を前に“体験版”の配信がスタート /4Gamer.net(4月19日)

NS『ハコボーイ!&ハコガール!』の体験版が配信中。





お姫様を塔の頂上へ導くパズルアクションゲーム「Light Tracer」、Switch版が本日発売 /4Gamer.net(4月25日)

『Light Tracer』のNS版が4月25日より配信中。



VRではないので操作システムが違う形になるんでしょうか。



Microsoft、BDドライブを省略したゲーム機「Xbox One S All Digital」を海外で発表。ゲーム3タイトル付きで249ドル /4Gamer.net(4月17日)

ディスクレスの新モデル「Xbox One S All Digital Edition」国内向けにも発表! /Game*Spark(4月17日)

ディスクドライブ非搭載となる「Xbox One」のバリエーション、「Xbox One S 1TB All Digital Edition」が5月7日より発売予定と発表。
価格は24980円(税別)で、『Forza Horizon 3』と『Minecraft』、「Xbox Live ゴールド メンバーシップ 1ヶ月」が同梱されているそうです。



Xbox Oneが発表された当初、ゲームディスクで遊ぶ場合もオンライン認証が必要というので不評を買い、後に撤回されましたが、アカウントごとにゲームを買う、買ってもらうというヴィジョンとしてはだいぶ近い形になっている気がしますね。
全体的なゲームのダウンロード販売も思っていたより進んでいる印象ですし。



特報:ソニーの次世代ゲーム機「PS5」は、革命的なマシンになる /WIRED(4月17日)

次世代PSはZen 2世代CPUとNavi世代GPUを統合したプロセッサを採用? 米紙が独占記事を公開 /4Gamer.net(4月16日)

「WIRED」US版が次世代PlayStationに関して、マーク・サーニー氏を独占取材。

ストレージをHDDからSSDに変えることでローディングが劇的に早くなることや、立体音響のこと、ディスクドライブが搭載されPS4との後方互換があることなどが語られています。

ただ、まだ公式の発表というわけではありませんし、個人的にはここで語られている通りになるかはちょっと疑ってますねw
発売に関しては2020年4月までは無いということが発表されているようです。




関連記事:
気になったゲーム関連の話題 2019年2月17日
PSVR『ライト・トレーサー』をクリア、ライトな感想も/2018年2月15日
気になったゲーム関連の話題 2013年6月20日 その2
(XB1の制限変更)

前のページへ  | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. |  次のページへ

 / Template by パソコン 初心者ガイド