黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2012/02/08(水)


先週配信された『バイナリードメイン』PS3版の体験版をプレイしました。
ざっくりとした流れと感想を。

感想はあくまで体験版でのものです。
また、音声入力機器は持っていないので、その部分の評価はありません。



プレイできるシングルキャンペーンは3つ。



ビッグ・ボウから操作の基本や戦闘でのテクニック、音声入力機器でのボイスコマンドなどを教わるトレーニング。
音声入力機器がない場合、R2を押しながら対応するボタンを押すことで指示や返事をすることになります。



4人のメンバーから2人を選び、チームで進んでいく下層スラムステージ。
選んだメンバーによって会話内容に変化があり、その返事によって相手の好感度が増減します。
好感度は戦闘中、味方に攻撃を当ててしまった場合にも減少します。



ステージにはショップ端末が置いてあり、敵を倒すことで手に入るクレジットを支払うことで、武器の購入や強化、キャラクターの能力をカスタマイズできるナノマシンの購入ができるようです。



通常敵を倒しながら先へ進むと大型ロボット・グランランサーが出現。
エリア内に落ちている武器やオブジェを活用して戦い、倒すとステージクリア。



カインとフェイとともに進む上層都市ステージ。
上位のザコ敵も出現。



敵を倒しながら先へ進むとゴリラロボットが出現。
一撃のダメージが大きく瀕死になってしまいます。



瀕死状態でもしばらくはハンドガンで応戦できますが、回復せずにいるとゲームオーバー。
救急キットを持っていれば自分で回復したり、仲間に救助を要請して回復してもらうことで復帰できるようです。

いい所までいけそうなところでステージ終了。
何回かやりましたが体験版では倒せないのかな。





各ステージ、ハードモードも合わせて3、4回ずつくらいプレイした感想を。

武器のアップグレードやキャラクターの能力強化、仲間との会話や好感度の変化もあって、色々と遊べそうだと思いました。
TPS(三人称視点シューター)はそれほど多くプレイしていませんが、敵の足を破壊して動きを止めたり、頭部を破壊して同士討ちを誘ったりするのは面白かったです。
仲間が戦闘中に目の前を行ったり来たりする場面があって、結構気を使いますね。

あと、ゲームとは直接関係ありませんが、ダンが階段を登るときの腰の動きが変でしたw

体験版プレイした感じではまぁまぁ良さそう。
購入予定とまでは言えませんが候補にはなりそうなタイトルと言えそうです。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド