黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2009/05/16(土)
夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦


「黒髪の乙女」と彼女に片思いする「先輩」の幻想恋物語。
彼女に近づこうと頑張る「先輩」、それに気づかないほんわか「乙女」、そのほか「個性的」では片付けられないユニークな登場人物たちが楽しいです。

ファンタジーなんですが、当たり前の出来事のように描かれて、それをこちらも受け入れて読んでしまえるのが不思議です。
文語調というか古風なセリフ回しや文体、単語も気持ちよかったです。

9日に載っけたダ・ヴィンチ5月号に、この作品の百人書評ってのが載ってましたが、「先輩」の行動を“ストーカー”と評するのはちょいと異論があるなぁw
勿論レビューしている方もそんなに深刻な、犯罪者扱いしてるわけではないでしょうけどね。

ジブリでアニメ化希望、なんてレビューもありますが、私は今敏(こん さとし)作品でお願いしたい。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド