黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2011/12/13(火)
先日、アメリカのケーブルテレビ局・スパイクTVによって「スパイク・ビデオ・ゲーム・アワード (Spike Video Game Awards /VGA) 2011」が開催され、今年一年間に北米で発売されたゲームタイトルに対する各種ゲーム賞が発表されました。
また同イベントでは様々な新作タイトルの情報も公開され、その中には以前『メタルギアソリッド(MGS) ライジング』として発表されていたものもありました。

新生『メタルギア ソリッド ライジング』は『4』の数年後が舞台/ファミ通.com

『メタルギアソリッド ライジング』はそのタイトルが『メタルギア ライジング リベンジェンス (Metal Gear Rising: Revengeance)』と改められ、開発には『ベヨネッタ』や『ヴァンキッシュ』を手がけたプラチナゲームズが携わることが公式に発表されたようです。
また「MGSライジング」では「MGS2」と「MGS4」の間のストーリーを描くということになっていたようですが、「MGR:R」は「4」の数年後という設定に変更されたようです。


『メタルギア ライジング リベンジェンス』の公式サイトがオープン/ファミ通.com

『メタルギア ライジング リベンジェンス』公式サイトもオープンされ、プロデューサーの是角有二氏が新体制、新設定に至る経緯を語ったWebラジオや、VGA2011で公開されたトレーラーの完全版が掲載されています。

一応、敵キャラクターはサイボーグという設定のようですが、切断・出血表現に類する場面が含まれますので、ご覧になる方はご注意ください。





個人的に思ったことを。

『ベヨネッタ』はクリア、『ヴァンキッシュ』は体験版のみプレイしましたが、トレーラー見た感じでは両作品っぽいアクションですね。
スライディングがあったり、巨大な敵(メタルギアRAY)を投げ上げたり。
レイのところはクイックタイムイベントが入るんでしょうか。

疑問に思うところは、昨年のE3 2010では「斬奪」というキーワードがあり、倒した敵から何か奪うようなイメージが公開されていましたが、その部分はどうなるのか?
設定が「4」の数年後と変更されましたが、当初予定されていた「2」と「4」の間の雷電の物語は今後描かれるのか?
といったところが気になります。

私は「メタルギア」のディープなファンというほどではなく、公開された映像でもそれなりに面白そうに感じましたが、国内外のゲーム情報サイトのコメント欄ではやはり賛否ありましたね。
一応、「メタルギア“ソリッド”」シリーズではないものの「メタルギア」の背景を持った作品ということで「メタルギア ライジング」となったようですが、「メタルギア」とも付けないで欲しいというコメントもありました。
一方でゲーム自体に関しては面白そうという声も少なからずありました。
あと、海外サイトで「リベンジェンス」と「ヴァンキッシュ」をかけて「REVANQUISH」とツッコむコメントが面白かったですw




関連記事:
E3 Xbox360プレスカンファレンスで『METAL GEAR SOLID RISING』/2010年6月15日
『メタルギアソリッド ライジング』 TGS'10 フリーカットデモンストレーション動画(GT.com)/2010年9月16日
『METAL GEAR SOLID RISING』のボックスアート?/2010年6月11日


この記事へのコメント
最新のトレーラーを見たとき、世界観こそメタルギアですが、ゲームとしてはガラっと変わったなという印象を受けました。

私も「2」と「4」の間の雷電にまつわるストーリーが今後どうなるのかは気になっていて、そこに注目してMGSRを楽しみにしていたという気持ちもあります。MGSの物語の中でも、サニーや雷電が深く関わる重要な期間だと思いますし、描いて世に出してほしいな、とは思います。
でもMGRがこういった形で進むことになったので、小説や以前PSPで出たバンドデシネのような形で描かれるのかな、とも思いますね。

MGR公式サイトにある「ライジングの真実」という動画を見てきましたが、苦肉の策という悔しさが感じられました。おそらくコジプロが作りたかった本来のものとは違うものに仕上がるんだろうなという寂しさと・・・楽しいゲームになるかもしれないという、アクションゲーム好きの淡い期待感があります。
2011/12/23(金) | URL | Sigre #-[ 編集]
激しいアクションゲームっぽいですね。

「2」から「4」の雷電がゲームで描かれるとして、それも「MGR」シリーズとしてプラチナが関わることになるのか、コジプロのみで再挑戦となるのかも気になります。
バンドデシネっていうのもありましたねぇ~。
できれば雷電を操作したいところですが。

私も先ほど「ライジングの真実」見てきましたが、チームでひとつのゲームを作る難しさと、人気フランチャイズを扱う重さ、素材を無駄にできないビジネス的な決断など、色々と推測してしまいます。
まぁ作り手側はやる気で、形も見えているようですから、期待して待つよりほかないですね。
ゲームとしては大きくハズれることはないような気はします。
2011/12/24(土) | URL | 喜石黒蘭 #gCBQAbbg[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド