黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2011/06/08(水)
日本時間の昨日7日午前9時頃にE3にて行われたソニーのプレスカンファレンスのライブ配信を見ました。
スクリーンショットともにざっくりとした流れと感想を。


PSタイトルのラッシュ映像が終わり、ステージ上にはSCEA(Sony Computer Entertainment America)のCEO・Jack Tretton氏。



ネットワークサービスに関するアナウンスに続いてPS3『UNCHARTED 3: Drake's Deception』のプレイデモ。
荒れた海に浮かぶ船が舞台で、徐々に浸水してくる海水の表現がスゴそうでした。
ストリーム映像なんでハッキリとは言えませんが・・・w

PS3『RESISTANCE 3』のデモプレイが行われ、モーションコントローラーPS Moveとアタッチメントとの同梱商品も紹介されます。



続いて3D立体視に関するアナウンス。
PSPで発売された『God of War』シリーズ2タイトルをHDリマスター、立体視対応にしたPS3『God of War: Origins Collection』と、PS3『ICO&ワンダと巨像 Collection』の発表。
そしてPlayStationブランドの3D対応ディスプレイの発表と紹介。
このディスプレイは、ゲームの2人同時プレイの際に画面が分割されて表示されるところを、3Dグラスを着けることによって2人のプレイヤーに異なるフルサイズの映像を表示することができるそうです。



Move対応タイトルの紹介。
PS3『NBA 2K 12』のデモプレイにはNBA・L.A.レイカーズのコービー・ブライアント選手もゲスト出演。
2K Sportsのスタッフがマイアミ・ヒートを使っていると聞いてコービー選手が呆れる場面も。
続いて、剣や弓矢での戦闘や謎解きパズルのあるファンタジーアクション、PS3『Dead Man's Quest』の発表とデモプレイ。



『inFAMAUS 2』のトレーラーと『Little Big Planet 2』のアップデートのアナウンスに続き、TPS(三人称視点シューター)タイトル『STARHAWK』、『SLY COOPER:Thieves in Time』、FPS(一人称視点シューター)タイトル『DUST 514』と『BioShock: Infinite』のトレーラーが公開。
『Saints Row: The Third』のPS3限定コンテンツのアナウンス、『STAR TREK』の発表と映像、スノーボードアクション『SSX』PS3版には富士山ステージが収録、『NEED FOR SPEED: THE RUN』や『BATTLE FIELD 3』にもPS3版限定のコンテンツが含まれるという発表が行われます。



ソニーの平井一夫社長が登壇。
テロップに「Kazou Hirai」と表記されているのはおそらく配信側のミス。
NGP(Next Generation Portable)と呼ばれていた次世代携帯機の正式名称が『PlayStation VITA』と発表。
仕様等を紹介して平井氏、一旦降壇。



PSV『UNCHARTED: GOLDEN ABYSS』のデモプレイ。
戦闘ではスクリーンをタッチして格闘をしたり、プラットフォーミング(移動アクション)では傾き感知センサーを利用したり、画面に表示されているつかまれる場所を指でなぞることで移動できたりするようです。



続いて『RUIN』という見下ろし型ハック&スラッシュアクションゲームの紹介。
セーブデータをネットワーク上に保存するクラウドセーブ機能もあり、PSVでのデータを引き継いでPS3でもプレイできるようです。
PSV『ModNation Racers』でのタッチスクリーンや背面タッチパッドを活用したコースメイキングのデモンストレーションが行われた後、PSV『Little Big Planet』のティザームービーが公開。



続いて『ストリートファイター×鉄拳』のトレーラーが流れ、プロデューサーであるカプコンの小野義徳氏が登壇。
同タイトルのPSV版開発と『インファマス』シリーズの主人公コールの参戦が発表されます。
デモプレイでは小野Pがリュウを操作しコールと戦っていましたが、苦戦しているようでしたw



PS Vitaのタイトルラッシュ映像が流れ、平井氏再登壇。
PS Vitaの価格が発表されます。
Jack Tretton氏による締めのスピーチでカンファレンス終了。



やはり注目していたPS Vitaの発表が印象深かったですね。
個人的には29800円くらいを予想していたWi-Fiオンリー版が24980円ってのは思い切った価格のような気がしました。
会場でも249.99USドルの価格が発表されたときは歓声と拍手が起こりました。
ただアメリカでのWi-Fi+3Gモデルの通信サービス提供はat&t社が行うと発表されたとき、笑い声と微妙な空気が一瞬漂ったんですが、何かあるんでしょうか?
あとデモプレイの際には画面をカム撮りしていましたが、やはり映像出力はないんですね。

PS Moveに関してはまだ諦めていない様子でしたね(笑
そして3D立体視に関しても、対応ディスプレイの発表もあり、結構本気なのかなという気がしました。
個人的には立体視はそれほど興味はありませんし、現時点で需要が高まっている気もしないんですが、対応ゲームのプレイデモの際には来場者に3Dメガネをかけさせていましたし、もしかしたらソニーはやる気なのかもしれません。

あと、「ICOワンコレクション」や「スト鉄」の名前が出たときに会場から自然と拍手が起こったのが、なんか嬉しかったです。


関連記事:
E3 2011 マイクロソフトカンファレンス/2011年6月7日
E3 2011 任天堂カンファレンス/2011年6月10日
E3 2010 任天堂・ソニーカンファレンス/2010年6月16日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド