黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2010/11/10(水)
十六夜の祠を探索。

前回分はコチラ

ゲーム画像やネタバレがあります。
ご覧になる方はご注意ください。


*

十六夜の祠の入り口には結界が張ってあり、中に入ることができません。
「ぐずぐずしていたらクシナダは食べられちゃうよ」というクロウの言葉に慌てたスサノオは、気合いを入れ、結界に斬りかかります。
筆しらべのフォローもあり結界は消え、スサノオは一人で奥へと走っていきました。



チビテラスとクロウも中に入ります。
巨大な扉がありますが閉まっており、別の入り口を探します。
天邪鬼が見張りに立っている入り口がありますが、当然通してもらえません。



さらに先を探索すると「邪鬼面紗(じゃきめんしゃ)」という布が手に入ります。
鬼火市場のときと同じように絵を描いて変装して、先ほどの入り口から通してもらいます。

祠の中に入ると、ヤマタノオロチがいる玉座に繋がる通路がありますが、ここにも天邪鬼の見張りが立っています。
退屈している見張りは「秘伝のお酒」を飲んで寝たいとグチをこぼしていました。



祠の中央には昇降機があり、天邪鬼がそのレバーを支えていました。
昇降機の下に水が溜まっており、このままでは下に降りることができないので、スイッチを探して排水しなければならないと言われます。



ちなみに今いる階は4階で、隣の部屋は牢屋になっています。
2つのスイッチが設置してある牢があり、「双極」で引き寄せて手に入れた鍵を使って中に入り、クロウと2人でスイッチを踏みます。



昇降機の下の水が1階分排水されますが、突然クロウの周りを柵が囲い、閉じ込められてしまいます
クロウを解放するための鍵を探しに、チビテラスひとりで行動することになります。

昇降機を使って3階へ向かいます。
レバーを持っている天邪鬼に「一閃」を使うと、驚いた天邪鬼が手を離して1階分下に降りることができ、昇るときは「疾風」で風を吹かせると1階分上昇します。



3階には調理室っぽい部屋があり、鍋に「水郷」で水を張ってあげたり、ベルトコンベアを障害物をかわしながら進み、排水スイッチを踏みにいきます。
途中にいる天邪鬼が「秘伝のお酒」が手に入ったと聞かせてくれます。
天邪鬼は、最強の証である「黄金の邪鬼面紗」が欲しいとこぼしていました。



水が引いた2階へと降ります。
2階には畳の敷かれた道場のような部屋があります。
5連組手で勝ち抜けばヤマタノオロチの直属護衛兵に任命され、褒美がもらえるそうですが、参加するためには「訓練許可証」が必要なようです。
とりあえず掛け軸の裏にあったスイッチを踏んで排水。



1階には物置っぽい部屋があり、隠し扉の奥にあった宝箱から「訓練許可証」を手に入れます。
まだ奥に行けそうな場所がありますが、チビテラスひとりでは進めないので道場に戻り、5連組手に挑戦します。
5回の戦闘に勝利すると褒美として、祠の全ての鍵を開けるとこのできる「万能鍵」をもらいます。

その31はコチラ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド