黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2010/10/03(日)


DS『大神伝 小さき太陽』のプレイ日記を放り込んでまいります。
チビ公登場、神木村へ。

本編中のゲーム画像やネタバレ、前作『大神』のネタバレもあるかもしれません。
ご覧になる方はご注意ください。


*難易度ノーマルの「一人前」でスタート。
「ヒヨっ子」モードは敵が手加減してくれ、「筆しらべ」のための墨がなくなっても回復するそうです。



最初に白野威(しらぬい)・イザナギ伝説や、アマテラス・スサノオの活躍が語られます。
ナカツクニに平和を取り戻したアマテラスは、別の場所へと旅立ちました。

その9ヵ月後。



「菅原道真」と彫られた墓石から咆哮(ほうこう)のようなものが響き、上空に渦巻いた暗雲から黒い霧が墓石に降り注がれます。
黒い霧に包まれた墓石から青白い炎が出現し祠が破壊され、墓石から立ち上った黒い影が四方へ飛び去っていくとともに、ナカツクニ各地の空を黒い雲が覆っていきます。



ところ変わって薬師(やくし)村で絵をばらまいているイッスン。
神様の絵を描いて信仰心を説く絵師、天道太子(てんとうたいし)として人を集めようとしますが、やってきたのはアヤメという少女だけ。
イッスンはアヤメにアマテラスの話を聞かせて絵を渡し、寝転がって一休み。



空を眺めアマテラスに思いを馳せていたところ、緑天邪鬼(みどりあまのじゃく)が覗き込みます。
いなくなったはずの妖怪が現れ慌てるイッスンを何者かが助け出します。



アマテラスによく似た白い子犬、チビテラスを操作して最初の戦闘。
Yボタンで攻撃、Bボタンがジャンプ、Aボタンで回避。
攻撃連打で難なく勝利します。

辺りが暗くなり、空の異変に気づいたイッスンは、アマテラスなら高台に登って太陽を呼び戻してくれるのにとこぼします。
それを聞いて村の高台まで駆け出すチビテラス。
追いかけてきたイッスンに、アマテラスの真似をするのかと訊ねられ「わん」と答えます。
L(またはR)ボタンで下画面を筆しらべモード画面にして、タッチペンで空に○(まる)を描きます。



何度か失敗してもイッスンがお手本を見せてくれます。



チビテラスがアマテラスと同じく太陽を呼び出せる筆しらべ「光明(こうみょう)」が使えると知ったイッスンは、チビテラスがアマテラスの子どもだと理解します。



チビテラスとイッスンはこれから、どうして妖怪が再び現れたのか、木の精・サクヤに話を聞くために神木のある神木(かみき)村へと向かいます。

今回はここまで。
その2はコチラ

この記事へのコメント
まってました!!
とうとう始まりましたね!
2010/10/03(日) | URL | FUJI #-[ 編集]
お待たせしましたw
久々のプレイ日記で、時間かかりそうな予感もしますが、ざっくりやっていこうと思います。
2010/10/04(月) | URL | 喜石黒蘭 #gCBQAbbg[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド