黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2010/05/17(月)
ヨークVSニュー・レインコートキラー。

前回分はコチラ

ネタバレやゲーム画像があります。
ご覧になる方はご注意ください。


*Episode 4
22 玉座の深淵


エミリーに裏口を固め、ケイスンには入り口で待機するよう言い、常世化した保安官事務所をキーファイルを集めつつ進んでいきます。
シャドウから独房の鍵を手に入れ、独房の裏にある隠し部屋へとたどり着きます。



円形の部屋の中央で髪をブラッシングする、赤いドレスを着たキャロルの姿があります。
そこへ合流したエミリーが天井を見上げるとそこには血で描かれたような逆ピースマーク。

うつろな表情で倒れたキャロルにエミリーが駆け寄ります。
血文字でトーマスのことを訊ねられ射殺したと告げるエミリー。
キャロルは血文字で「私たち」「身代わり」「ジョージが好きなのは」と続け、「あなたよ!!」と叫びエミリーの口に赤い種子を押し込みます。



キャロルはヨークに蹴飛ばされたあと、吐血して死亡してしまいます。
ヨークは抱き起こしたエミリーのもうろうとした表情を見て慌ててケイスンを呼び、病院に連れて行くよう指示します。
そして再び、無駄に広く感じる事務所を進んでいき、レインコートキラーのもとへたどり着きます。



レインコートを脱ぎ、プロファイリングで見たようなパンクロックファッションに身を包んだジョージ。



この町には2つの宝があると言います。
ひとつは赤い種子、そしてもうひとつはエミリー。
都会から来た彼女を見てこの田舎町の女性で満足していた自分は愚かだったと言うジョージ。
また母からの虐待から、相手を服従させる力こそが正しいと学んだとも語り、力と信奉者を手に入れた今、あとは「運命の女神」を手に入れるだけだと言います。



自分は不死身の力をもたらす赤い種子に選ばれた人間だと言い放ち、種を大量に飲み込むジョージ。
筋肉が異様に膨張し、一部の傷が赤く光ります。
背中の傷は母がくれた「力の証 赤い木(レッドツリー)」だと言うジョージに、「それは幼児虐待の証拠だ」と返すヨーク。
ジョージとの戦闘開始。

突進や斧投げをボタン入力で回避したり、間合いやポジションを取りながら攻撃。
正面からの攻撃は無効ですが、背中の傷を撃つとダメージを与えられます。
ショットガンだと正確に狙わなくても削ってくれることがあります。
全てのライフを削りイベントムービー。

バーの地下にある秘密の部屋はキャロルとトーマスがジョージのために作ったもので、アンナとベッキーを誘って赤い種子で虜にし、“生け贄”として利用したとジョージは明かします。
また、不死の力を得られると言う「レインコートキラー伝説」はトーマスに教えてもらい、自分が田舎町で生まれ、エミリーに受け入れられなかったのは、すべてジョージが超人になるために用意されたものだと悟ったと話し、全身に力を込めるジョージ。



超人ハルクのような、「ストリートファイター」のブランカのような怪人に変身します。
なんかもう、よう分からん(笑
先ほどと同様にボタン入力回避と背中の傷攻撃で戦ってライフを削り、再びイベント。



「ママ」に謝りながら、「僕は何も悪いことしていない」と子供のように涙声で話し、アンナの時もちゃんと膝をついて謝ったと言うジョージ。
“あの人”がそそのかした、“あの人”がくれた贈り物で自信が湧き、自分が特別な人間だと気付いたと「ママ」に聞かせます。
ジョージはヨークのほうを向き、特別な人間の証であるロケットを返せと言います。



戦闘が再開されるとジョージは斧を投げてきます。
回避することはできますが、移動ができません。
斧を撃ち返す必要があります。
時間内に打ち返せないとジョージのライフが半分ほど回復し再び削るところから。

撃ち返した斧がジョージの胸に刺さり、そこへ雷が何発も落ちてきます。
常世から解放された事務所の屋上で、黒コゲになり立ち尽くすジョージの影が木のように伸びています。
そしてヨークはその場に倒れこんでしまいます。



今回はここまで。
その40はコチラ

この記事へのコメント
いつも見ています。続きが気になるので最後までお願いします!!
2010/05/19(水) | URL | #-[ 編集]
更新が遅く、申し訳ありません^^;
今日か明日には完結させるつもりです。
2010/05/19(水) | URL | 喜石黒蘭 #gCBQAbbg[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド