黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2010/04/06(火)
ようやっと倒しました~。
逃げ回っていたんでろくな画が撮れてないという。



何度か挑んで全然歯が立たず、「たぶん魔法とか覚えてこないとダメなんだろうな」と思いほかのエリアを先にやって、魔法使いらしき人物を牢屋から救出して、「この人から魔法教わるんかな」と期待しつつ、ただその後牢屋から魔法使いはいなくなり、どこへ行ったのか、まだ何かフラグが立っていないのかと奥へ行ったり、別のエリア進めたり、神殿と各ダンジョンを行き来しつつ能力値は上がったので、「まぁええわい、ダメもとでやってみっか」とチャレンジ。



基本、距離を取りつつ弓矢で攻撃、たまに背後からハンドアックスで攻撃。
距離をつめられ、美味しく焼けかけることもありつつ、半安全地帯から弓矢でチクチク削ってなんとか倒しました。


「デモンズ」ご存知ない方のために軽く説明しておくと、プレイヤーは神殿を拠点として、そこからいくつかのエリアにワープして城や坑道といったダンジョンを進み、デーモンと呼ばれるボスを倒していきます。

プレイヤーにとって神殿は頻繁に訪れる場所なわけですが、私は神殿では能力を上げてくれる少女や鍛冶屋、預かり屋くらいしか話をしたことがなく、さらに周辺に人がいるスペースがあるなんて露ほども考えず、あるときそこに魔法使いがいたのを発見したときは苦笑と共にヘナヘナと体の力が抜けるのを感じました。

ホントにね。
自分がナチュラル縛りプレイヤーだと改めて気づかされました。



そんなケツ末。


関連記事:
『Demon's Souls』 塔の騎士/2010年3月10日


この記事へのコメント
うう、デモンズもむずかしそうだな~。
でも、体験してみたいですね。

これってストーリーはあるんですよね??
2010/04/06(火) | URL | FUJI #-[ 編集]
ストーリーはどうでしょうか。
この世界がどうしてこうなったかといったプロローグや、数少ない人々の言葉から世界観を想像することはできますが、攻略していくごとに具体的に物語が進むといったことは無いように思います。
少なくとも私が今プレイしている段階では。
エンディングはあるらしいですけどね。

妖しい霧に覆われ魔物が跋扈する王国に飛び込んだあとは、好きなようにダンジョンを選んで進み、時に引き返しつつレベルを上げてデーモンたちを倒していく。
当面はこんな感じだと思います。

2010/04/06(火) | URL | 喜石黒蘭 #gCBQAbbg[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド