黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2010/03/13(土)
本編はだいぶ前にクリアしていましたが、トロフィー集めのため周回プレイしてようやくコンプリートしてきました。
何度も同じシーンをプレイするのはメンドーですが、条件はそう難しくないので根気でコンプできるかと思います。

はじめのうちは何事もなくプレイできていたんですが、周回プレイ中に同じ場面でフリーズすることがありました。
そこで初めてアップデートをしてみましたがそれでも改善されず、英語音声を日本語音声にすることで先に進むようになりました。
アップデートは関係あるんかいな?

事前の情報でプレイヤーキャラクターが死亡しても物語は続くということを聞いて、どういった形になるのか楽しみにしていましたが、キャラクターの死亡分岐があるのはほとんど終盤でのことで、エンディングに違いがある程度でした。
途中で別の物語に派生することもないので、ちょっと物足りなく感じるかもしれません。

ただサウンドノベルと違って全編ムービーで描かれているわけですから、分岐とそれに対応した映像データを入れるとなるとものすごい容量になるんでしょうけどね。

ストーリーで泣いたり感動したりってのはありませんでしたが、特に不満はないです。
設定というか、ちょっと腑に落ちない部分はありましたが、ダウンロードコンテンツで明らかになるんでしょうか?

やはりグラフィックは良かったですね。
「FF13」ほどの美しさや精巧さはありませんが、妙にリアリティがあった気がします。
登場人物の表情もそうですが、特にライティングというか、光と影と空気感がリアルでした。
暖かい日差しのある中庭、ホコリが白く漂う廃アパート、クラブオーナーの薄暗い部屋など、印象的な場所が多いです。

初めてのプレイでの没入感と緊張感はなかなかのもので、痛いシーンやグロいシーンもありますが、一度はやってみてもらいたいゲームだと思います。
まぁ、周回プレイの作業感もなかなかのもんなので(笑)、可能なところではスキップできるようにして欲しかったですね。

それでも、ムービーゲームの新しい形の一つといえる作品だったのではないでしょうか。

この記事へのコメント
某動画サイトでプレイ動画見たんですが、
面白そうですよね。
映画をゲームする感じは、味わってみたい。
やっぱPS3買おうかなー。
その前にPS2をかって龍が如くもしてみたい。
デモンズソウルもしてみたいっす。
2010/03/15(月) | URL | FUJI #-[ 編集]
動画だと普通に映画見る感じになっちゃいますねw
実際にプレイすると、また違った感覚になるかもしれません。

PS3は高い買い物になりますが、良さげなソフトがだいぶ増えてきた印象ですね。
私は「デモンズ」苦戦中ですが、やり応えがあります。
2010/03/15(月) | URL | 喜石黒蘭 #gCBQAbbg[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド