黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2010/01/12(火)
バルトロメオに会います。
シルヴィオとダンテを討ちにアルセナーレへ。

前回分はコチラ

ネタバレやゲーム画像があります。
ご覧になる方はご注意ください。


*次のメモリー開始地点へ向かうと、バルトロメオの部下が腹に矢を受け苦しんでいます。
シルヴィオの手下に襲撃され、バルトロメオも捕まってしまったようです。
バルトロメオが囚われている場所を言い残し、男は息を引き取ります。



バルトロメオが捕まっている牢の見張りを倒して彼を解放し、護衛しながら彼の家へ向かいます。



“ほうき”で戦うバルトロメオ。
街なかにはほうきで地面を掃いている市民がいることがありますが、彼らにぶつかって手放したほうきを拾うと、武器として使用できます。
ちなみにほうきで攻撃すると鈍器のような音がします。

アジトまで送り届けるとバルトロメオは「ビアンカ、傷ついてないか」とつぶやき、家の中へ去っていきます。

エツィオが家の中に入ると部屋は荒らされており、バルトロメオは取り乱した様子で「ビアンカ」を探しています。
机の後ろを見て安堵と喜びの声を上げるバルトロメオ。



彼は一本の剣を手にし、エツィオに「ビアンカだ」と紹介してくれます。

エツィオがシルヴィオのことで力を借りにきたと知ったバルトロメオは快諾しますが、エツィオは「ビアンカ」を含めて三人だけでは戦えないと口にします。
そこでバルトロメオが部下たちに準備をさせている間、エツィオは捕らえられたほかの仲間たちを救出しに行くことになります。

バルトロメオのときと同じように牢の前の見張りを倒して解放していきます。
三箇所分、滞りなく救出しミッションクリア。

もとの力を取り戻した傭兵団ですが、アルセナーレに直接攻撃を仕掛けるのかというエツィオの問いに、それでは被害が大きすぎると言うバルトロメオ。
アルセナーレ周辺で部下たちに騒ぎを起こさせ、敵兵が分散している間にエツィオが侵入するという計画を立てます。



その準備として部下を引き連れ、彼らを配置する場所の敵を排除しにいき、これも問題なくクリア。



アジトに戻りバルトロメオから花火を渡され、付近で一番高い塔の上で使うよう言われます。
この花火を合図に各所で戦闘が始まります。



バルトロメオとビアンカがダンテと戦っているのを目にしたエツィオ。
加勢するためバルトロメオのもとに駆けつけるとダンテはアルセナーレへと走り去り、代わりに現れた重装兵2人と戦い、倒します。

ダンテのあとを追い、アルセナーレの入り口前にいる彼と戦います。
ダンテの体力を減らすとシルヴィオがダンテに戻るよう命じます。



一隻の船が出港するのを見たシルヴィオは「急げ。私たちを置いていく気だぞ」とダンテに声をかけ、二人は停泊しているもう一隻の船へと走っていきます。



彼らを追いかけ、制限時間内に倒さなければなりません。
まずは道をふさいだ兵士もろともシルヴィオを片付けました。



船までたどり着き、多数の兵士に囲まれるも、ダンテ一人を集中攻撃して倒します。

ヴェネツィアを出て行こうとしていた二人を見て、狙いは総督の座ではなかったのかと疑問を口にするエツィオに、船が出るまでの目くらましだと答えるシルヴィオ。
船の行く先を訊ねるエツィオにダンテが「キプロス島」と答え、二人は息絶えます。

今回はここまで。
その32はコチラ
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド