黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2010/01/10(日)
パーティー会場に潜入しマルコを倒します。
次の目標の確認。

前回分はコチラ

ネタバレやゲーム画像があります。
ご覧になる方はご注意ください。


*黄金の仮面を手に入れられずイラ立つエツィオ。
ダンテを殺してでも手に入れようと考えますが、そんなことをすればパーティーは中止になり、マルコは宮殿にこもってしまうとアントニオに諌められ、ラ・ローザ・デラ・ヴィルトゥの女の子たちに紛れてスリ盗る作戦でいくことにします。



難なく仮面を手に入れ海辺のパーティー会場へ。
黄金の仮面をつけたエツィオは、番兵にとがめられることなく会場に入り、先に来ていたテオドラにここでも娼婦たちに紛れるようアドバイスされます。



そこへ仮面がないことに気付いたダンテが現れ、兵士たちに会場内を捜索させます。
1分間、兵士たちの警戒度がMAXにならないよう、群衆に紛れながら逃げ回ります。



ただしエツィオが紛れ込んだグループに兵士が捜索にくると、そのグループは散らされ隠れることができなくなります。
間もなく1分経過しようとしているときに逃げ場を見失い、兵士たちの警戒度が高まっていきます。
兵士の「いたぞ!」の声と同時にギリギリ1分経過し、マルコが船の上に現れるイベントが入りました。



しかし画面が切り替わっても兵士たちに見つかった状態に変わりはなく、一旦ミッション失敗となりました。
幸いマルコ登場後からリスタート。

船上にいるマルコをどう倒すか考えあぐねているエツィオにテオドラが、ピストルを花火の音に合わせて撃てば気付かれないのではと言います。



助言どおりピストル一発ぶっ放します。
特に気付かれないタイミングがあるというわけではなさそうで、マルコ暗殺後は兵士たちと戦うことに。
会場周辺から脱出し、ラ・ローザ・デラ・ヴィルトゥに帰ります。



テオドラの計らいで、おねいさんたちに疲れを癒してもらうことになります。



場面は変わってリアルト橋の上にいるエツィオをアントニオの部下が呼びに来ます。
セタ宮でアントニオから次の総督になるという、アゴスティーノ・バルバリーゴを紹介されます。



三人で話をし、シルヴィオがカステッロ地区にある造船所・アルセナーレに多数の兵士たちとともに逃げ込んだと聞かされます。
まだ総督として承認されていないアゴスティーノの代わりにエツィオが討ちにいくことになり、アントニオから傭兵隊長のバルトロメオのところへ行くよう言われます。

わき道の紹介、その30はコチラ
物語の続き、その31はコチラ
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド