黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2009/12/21(月)
写本の断片とヴィラの秘密。

前回分はコチラ

ネタバレやゲーム画像があります。
ご覧になる方はご注意ください。


*モンテリジョーニでマリオと仲間たちが祝杯をあげています。
マリオと屋敷・ヴィラへ歩きながら話をします。
マリオに黒ローブの男のことを話すと、男はヨーロッパ有数の実力者「ロドリゴ・ボルジア」という名でテンプル騎士団のリーダーでもあると教えてくれます。



続けてマリオの書斎で話をします。
書斎の壁には父・ジョヴァンニとマリオが集め、翻訳していた「写本の断片」が貼られています。
写本の断片にはアサシン「アルタイル」が残した地図のようなものが隠されているようです。
父の跡を継ぎ写本を集めると言うエツィオ。
ヴィエリから手に入れた写本の断片を解読するため、レオナルドのもとへ向かうことになります。



その前にヴィラのビューポイントでマップを更新し、地図に表示された4つの写本の断片を手に入れます。
ちなみにフィレンツェにある写本の断片の場所はゲームスタート時から地図に表示されており、これまでもいくつか回収してあります。



ヴィラに戻るとマリオに働くよう言われた妹・クラウディアが怒っています。
エツィオがヴィラに留まると決めたため屋敷を修繕しなければならず、そのための費用のことや、エツィオが持ち帰ってきたものなどの記録などで頭が痛いようです。
早い話が今後クラウディアに話しかけると、街の発展状況や集めた羽根、写本の数などの各種データを見せてもらえます。



同じ部屋にあるモンテリジョーニの模型の前に建築家がいます。
建築家に金を払うと屋敷や街の店舗を改築できます。
店舗を改築すると安く買い物ができ、街が発展すると収入が増えます。
街の価値は羽根や写本、装備品などを集めたり、美術商から絵を買うことでも上がるようです

今後20分ごとに収入が家の金庫に納められますが、上限があるため定期的に回収しに戻らなければなりません。
金庫に入りきらなかった分はクラウディアの懐に入るのだとか。
もちろん街の発展に伴って金庫の上限も上がります。



書斎にいるマリオに話しかけると、本棚の裏にある隠し通路に案内されます。
あとをついていくと地下聖堂に着きます。



聖堂にはかつて人々の自由のために戦ったアサシンたちの像とアルタイルの鎧があります。
鎧は部品がすべてそろわないと取り出せないそうで、イタリア各地にあるといわれる地下墓地にそのカギが隠されているようです。
現実のレベッカの声が聞こえ、エツィオと完全に同調するにはこの鎧を手に入れなければならないようです。

その14はコチラ
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド