黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2009/12/08(火)
父のために手紙を届けます。
弟のために羽根を取ってきます。
妹のために殴りに行きます。

前回分はコチラ

ネタバレやゲーム画像があります。
ご覧になる方はご注意ください。


*ジョヴァンニからロレンツォ・デ・メディチに手紙を届けるよう頼まれます。
メニュー画面のデータベースから手紙を見ることができます。

ミラノ公・ガレアッツォ・スフォルツァ暗殺は陰謀によるもので、その陰謀に加担した者の中にはヴィエリの父、フランチェスコ・デ・パッツィの名もあるといった報告。
また、これまでの調査からロレンツォを陥れようとする計画があるようで、詳細は直接会って話したいということ、全ての事実が明らかになるまでフランチェスコを拘束するよう判事に要請したことが書かれています。



手紙を渡す前にビューポイントに立ち寄り地図を更新しつつウロウロしてみました。



街の中には現在、観光名所として実在する建造物もあり、近くでセレクトボタンを押すと解説を見ることができます。



高い場所から降りようとした際ジャンプしてしまい、初めての転落死。

日も暮れてきたので目的地へ行くと、使いの者と思われる男がいます。
ロレンツォは不在で戻るのは明日以降になると言われ、男に手紙を預け帰宅。



父の部屋に一緒にいたアルベルティ判事を紹介されます。
手紙は届けたがロレンツォは不在だったことを伝えるとジョヴァンニは少し困った様子でしたが、判事は一日くらい遅れても問題ないだろうと言います。
ジョヴァンニから母と妹が探していたことを聞き、部屋をあとにします。
使者ミッションがアンロックされ、お使い終了。

母と妹を後回しにして家の外を見ると、病気の弟のペトルチオがいました。
屋根の上に落ちている羽根が欲しいと言います。
弟をベッドに戻すために羽根を取ってきてあげます。



制限時間内に3つのチェックポイントを回り無事クリア。
エツィオは「なんで羽根が欲しかったんだ?」と訊ねますが、ペトルチオは「いつか話すよ」としか答えてくれませんでした。
羽根探しミッションがアンロックされ、街にある羽根を集めることができるようになります。



妹・クラウディアに話しかけると浮かない表情をしています。
恋人のドゥーチョが浮気していたと友達から聞いたそうです。
エツィお兄ちゃんはドゥーチョを見つけ出し、問い質しに行きます。



途中ヴィエリの手下たちに絡まれつつ、女性に指輪を渡しているドゥーチョを見つけ、詰め寄ります。
「クラウディアはお堅いんだよ」と言うドゥーチョにおしおきします。



「二度と妹に近づくな」と、しっかり懲らしめてミッション終了。
制裁ミッションがアンロックされます。

今回はここまで。
その5はコチラ
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド