黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2009/11/03(火)
第3話感想はコチラ

*
ついに最終回。
贈るほどでもない言葉・後編。

前回のあらすじで、相変わらずハリポタBGMが流れてる。
スタートは入香(菅野莉央さん)との結婚式場から。
「秋」になってから倒置法的演出になってますね。

飛鳥(岡田将生さん)が海外留学すると聞いて詰め寄るクラスメートたち。
小針田さん(桐谷美玲さん)、ナデシコン負けてから身ぃ引いてたのか。
そうは見えませんでしたw
樹虎(市川知宏さん)、菊の花はマズイ。

教室で都塚さん(夏帆さん)転校の挨拶。
贈るほどでもない言葉、ここでやんのか。
バカリズムさんがやるんじゃないんですね。

樹虎と久利子(武井咲さん)も進展しなかったな。
樹虎、食い気味に「花です」w

飛鳥ママ(山本未來さん)の策略こええええ。

ミラ先生(鶴見辰吾さん)と充太(佐野和真さん)、一緒にメシ食ってるww
充太の将来は大丈夫か?
家庭科室で幻を見る飛鳥、切ねぇな~。

夜の公園での飛鳥と充太。
やっぱりちょっとグッときました。
この二人の絡みはもっと見たかったです。
充太、正体バラしたのか?

多武峰(木村了さん)、相変わらず「女」呼ばわり。
多武峰と小針田さんの関係も気になるまま。
充太が都塚さんを連れ出す口実、「悪の組織」ってのは原作通り。
りょうパパ(高田延彦さん)「お前、男だ!」
りょうちゃん、男じゃねーよ。

式場の扉までロックして、SPも多いな。
無事都塚さんが飛鳥を連れ出し、互いに告白してハッピーエンド。
さすがに白馬は出なかったか。


「夏」「秋」合わせて、全12話が終了しました。

芸人さんパートがちょっと多いかなと思うときもありましたが、メインキャラクターとの絡みは面白かったです。
磯野役、澤部佑さんが一人、目立ちすぎでしたがw

オリジナル設定もありましたが十分楽しめる作品でした。
ストーリー上、当然飛鳥とりょうの関係がメインになりますが、男子たちの関係ももう少し見たかった気もします。
巨神兵ケーキやゲル状抹茶、入香のぬいぐるみなど、小物類の再現はよくできてるなと思いましたね。

是非第2シリーズを期待したいです。
九州のじーちゃんとか「fra fra」とか、まだキャラはいるだろ。
充太の恋とかもいいよねぇ~。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド