黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2018/12/02(日)
ここ2週ほどの気になったゲーム関連の話題を。



コンシューマソフト週間販売ランキングTop20 /4Gamer.net(11月21日)

2018年11月12日から18日までのソフト販売本数ランキング。

初登場1位はNS『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』で66万1千本、同じく2位はPS4『Fallout 76』で7万3千本、3位はNS『スーパーマリオパーティ』で2万本。
そのほか初登場タイトルとして、PS4『ヒットマン2』が1万本、PS4『ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮』が5000本、『RPGツクールMV Trinity』がNS・PS4版合わせて4700本、PSV『白と黒のアリス -Twilight line-』が2000本となっています。


コンシューマソフト週間販売ランキングTop20 /4Gamer.net(11月28日)

2018年11月19日から25日までのソフト販売本数ランキング。

1位はNS『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』で16万2千本、初登場2位はPS4『バトルフィールド 5』で11万本、同じく3位はPS4『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』で4万2千本。
そのほか初登場タイトルとして、PS4『シェンムー I&II』が3万7千本、3DS『ネコ・トモ』が5200本、NS『なりキッズパーク HUGっと!プリキュア』が3300本となっています。

NSの週間販売台数が、「ポケモン」の影響か、前の週で20万台、この週でも10万台を超えています。



PS4/Switch「DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Scarlet」が2019年3月20日に発売。新エンジン「やわらか4D」で“揺れ”がダイレクトに伝わる /4Gamer.net(11月19日)

PS4・NS『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Scarlet』が2019年3月20日に発売予定と発表。
NS版の要素としてはJoy-ConのHD振動を利用した“揺れ”の表現が、PS4版では「Fortune」同様、VRに対応したモードがあるようです。



一方でPS4版では、風を起こすことができるアイテムが削除されることも発表されています。
最近、PlayStationは規制が強まっているという話もあるようですが、娯楽作品があまりガチガチにされると面白くないので、日本だけでも踏みとどまってほしいものです。



PS4『JUDGE EYES』“一章まるごと・スペシャル体験版”がPS Plus加入者向けに先行配信開始! 11月29日からは非加入者向けの配信も開始予定 /ファミ通.com(11月22日)

『JUDGE EYES:死神の遺言』“一章まるごと・スペシャル体験版”を配信開始! PS Plus会員以外もプレイ可能に /ファミ通.com(11月29日)

12月13日発売予定のPS4『JUDGE EYES: 死神の遺言』のチャプター01がすべて遊べる「一章まるごと・スペシャル体験版」が配信中。
セーブデータは製品版に引き継ぐことができるそうです。



私はPSプラスに加入していて先行してDLしてたんですが、実際プレイしたのは一般配信後と同じタイミングでしたね。



『No Man's Sky』新アップデート「Visions」発表!多くの新要素を引っさげ近日配信 /Game*Spark(11月22日)

『No Man's Sky』の最新アップデート「Visions」が配信。



もうええ加減にせえ、追いつかんわw
なんかアップデートというか、いまだゲーム開発進行中で、完成した部分をリアルタイムに反映させているような印象さえ受けます。



PS4版『WORK×WORK』が2019年2月28日発売。序盤を遊べるSwitch無料体験版が配信 /電撃オンライン(11月29日)

NS向けに発売されている『WORK×WORK』のPS4が2019年2月28日に発売予定と発表。
価格はパッケージ版、ダウンロード版共に4980円(税別)。
予約特典として、NS向けには個別に販売されている追加DLCが3本まとめてダウンロードできるコードや、「ウミウシちゃん きんちゃく」が用意されているようです。



NS向けには2章まで遊べる無料体験版の配信や12月5日までダウンロード版がセール価格で販売されていることなどが発表されています。

まあ・・・なんだろうなw
色々事情があるのかな?無いのかな?と思ってしまう話題ですw



任天堂は、ゲームキャプチャによる動画・静止画投稿での収益化に対して著作権侵害を主張しない。その「ガイドライン」を本日公開 /4Gamer.net(11月29日)

任天堂、ゲームの動画や静止画の利用に関するガイドラインを発表─「創作性などを含む動画や静止画が投稿されることを期待しております」 /INSIDE(11月29日)

任天堂が「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」を公開。
個人が任天堂が著作権を有するゲームからキャプチャーした映像およびスクリーンショットを、適切な動画や静止画の共有サイトに投稿し、指定するシステムによって収益化することを認めるもののようです。

ガイドラインは随時更新されるそうなので、収益を目指す動画投稿をする際には適時チェックしておいたほうが良さそう。




関連記事:
PS4『JUDGE EYES 死神の遺言』 一章まるごと体験版をプレイ/2018年12月1日
気になったゲーム関連の話題 2018年11月4日
(NoMan'sSkyアプデ「Abyss」)
NS『WORK×WORK(ワークワーク)』を購入/2018年10月5日

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド