黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2018/10/13(土)


PS4版『The Missing -J.J.マクフィールドと追憶島-』を買って遊んでクリアしました。
ざっくりとした紹介と感想を。
※他機種版との比較等はありません。



プレイヤーはJ.J.を操作して、一緒にキャンプに来たはずが突然姿を消した友人のエミリーを探すことになります。



ゲームとしては2Dプラットフォーミング(足場移動)パズルアクション。
足場となるような箱を動かしたり、ジャンプやロープスイングで足場を渡って行ったりします。



道中には収集要素となるドーナツがあり、集めることでスマホから閲覧できるメッセンジャーアプリの内容が更新されたり、アートワークが解禁されたりします。
ドーナツは普通に通って行けば取れるものや、パズルを解くことで取れるものなどあり、物を投げて物理的に落とすという取り方もあります。



本作のパズルとして特徴的な要素が、J.J.自身がダメージを受けることがパズルを解くカギとなるというもの。
全身骨折するほどの衝撃を受けると天地が逆になり、行けなかった場所へ行けるようになります。



手足が切断されても死ぬことはなく、むしろ頭部だけになることで小さな隙間を移動できるようになります。



カッターナイフを持って追ってくる髪鳴り女から逃げるシーンもあり、不死身のJ.J.でも捕まるとゲームオーバー。
やや初見殺しに感じる部分もありましたね。
ちなみに頭部だけの状態でダメージを受けたり、底なし沼に沈んだりしてもゲームオーバーになります。



具体的にストーリーが語られることはありませんが、アプリでの会話の内容からどういったことが起こっていたのか推測することはできます。
この辺のテーマは近年、多く扱われているもので大事なことだとは思いますが、個人的には若干、飽きてきたテーマでもあります。



ちょっと不具合というか、一か所、困ったことになった所が。
体に火がついた状態で暗い場所を通り、道をふさぐツタを燃やして通り抜けるエリア。
それ自体は普通にやれば通っていけるんですが、暗い場所で一時中断して完全にゲームを終了、時をあらためて再開した際に、火種となる火が無い状態で暗いエリアにいるということになって、先に進めないことがありました。
チャプターを再プレイする形で少し前のエリアからやり直せば進めましたが、一応、ご報告まで。

1周クリアするのに5時間ほどかかりました。
ちょっとパズルに手間取ったところもありましたし、ドーナツ集めもかなり真剣に探して取れるまで粘った場所もありました。
必要のない後戻りをしてみたりして余計な時間も計上されていますw
パズルやプラットフォーミングなど、考える部分や瞬時の判断が必要となる部分もあり、全体の難易度はほどよいといった感じ。

まだ取っていないドーナツもありますし、もう少し物語を理解したいところもあるので、時間を見つけて2周目をやっていこうと思います。




関連記事:
気になったゲーム関連の話題 2018年9月24日
気になったゲーム関連の話題 2018年9月9日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド