黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2018/09/17(月)


PS4『JUDGE EYES: 死神の遺言』の先行体験版をプレイしてみました。



木村拓哉さん演じる主人公・八神隆之を操作。
かつて弁護士として活動していた八神は現在、『龍が如く』シリーズの舞台でもある神室町で探偵業を営んでおり、体験版ではとある人物を尾行することになります。



尾行途中に絡まれた男たちとのチュートリアルバトル。
□と△ボタンのオーソドックスなアクション。
木村さんが大きな看板を武器にして振り回していると思うと面白いw



尾行相手に追いつき、サーチモードで対象を確認します。
この辺は捜査や調査など、ストーリーに関わるゲームプレイにもなりそうですね。
調べることで何かポイントも手に入ります。
スキルのアンロックなどに使うのでしょうか?



続けて尾行モード。
対象に気付かれないように時に身を隠して追っていきます。
対象に見つかったり、あるいは対象を見失ったりすると尾行失敗となりチェックポイントから再開となります。



さらには逃げる対象を追いかけるチェイスモード。
障害物を乗り越えたり、対象が投げてくる物を避けたりするため、表示されるボタンを瞬時に押すクイックタイムイベントも発生します。



最後はターゲットをシバき倒して体験版終了。




『龍が如く6』は未プレイですが、システムなどは近いものがあるんでしょうかね?
舞台が神室町ということもちょっと驚きでした。
事件を調査していくようなストーリーも気になります。

本体験版全体としては、まあ「龍」だな、という印象なんですが、やはりキムタクというアイコンがデカ過ぎますね。
木村さんがこの舞台の中でやったり、やられたりしてると思うとそれだけで面白く感じてしまいます(笑

当日購入してもいいと思うんですが、何となく、積んでる「龍ごと5」と未購入の「6」を先にクリアしたいという気もして、今のことろは保留といった感じでしょうか。




関連記事:
PlayStation ラインナップツアー/2018年9月12日
PS3『龍が如く4』 本編クリア/2018年4月23日
PS4『龍が如く 極2』 本編クリア2017年12月19日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド