黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2017/12/14(木)


本日より無料配信されているPSVR『人喰いの大鷲トリコ VRデモ』をプレイしてみました。
※以下の内容は、初期型PS4(CUH-1000)とPSVR(CUH-ZVR2)でプレイした印象になります。



移動はエリア内の決まったポイントにあるシンボルの位置へジャンプする形。
それ以外でボタンを押すとトリコに声をかけることになります。



近くに来たトリコが顔をこすりつけたり、前脚でつかもうとする動作には、その大きさと近さのせいでちょっと身じろぎします。
爪こわいw
グラフィックに関しては初期型PS4のせいかジャギー(輪郭や曲線などがギザギザに見える)が出ますね。



エサ樽を注視してボタンを押すことで持ち上げることができ、トリコに向かって投げて食べさせることができます。
位置やタイミングによっては食べそこなうことも。



トリコ自身が興味を持つとそのまま自分で食べることもあります。



やがて高所の樽に興味を持ったトリコの背中から頭へジャンプして反対側へ回り、扉を開けて先へと進めるようになります。



進んだ先ではゲームプレイトレーラーにもあった、ジャンプしてトリコにキャッチしてもらう場面を体験できます。
トリコの口にくわえられ、宙ぶらりんになっている状態で下を見ると、その高度感にゾワッとしますw



その後はトリコの背中に乗って先の遺跡へと進んでデモ終了。
ゲームのように足場が崩れていくような演出はありません。
全体として、ゲームとしてパズルを解いたりするようなものではなく、あくまで『人喰いの大鷲トリコ』の世界を体験し、雰囲気を楽しむような技術デモのような感じ。
さすがに全編VR対応したゲームが出ることはないでしょう。



もう少しプレイヤー側から触れ合えたり、背中に乗ってる間になでたりできたら良かったんですが、まあ贅沢は言うまい。
あくびをしたり、くしゃみをしたり、伸びをしたりするトリコの様子をぼんやり眺めることもできます。



こんなところも見れますw




関連記事:
PS4『人喰いの大鷲トリコ』 クリアしました/2016年12月9日
PlayStation VRを買いました 2017/10/14


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド