黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2017/01/13(金)
本日1月13日午後1時より、任天堂の新ハード「Nintendo Switch(以下、NS)」に関する情報を発表するプレス・ビジネス関係者向け発表会「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」が実施され、その模様はインターネットで配信されていました。
現在も任天堂公式ページYouTubeの任天堂チャンネル等でも見ることができますが、私のほうでもざっくりとまとめておきたいと思います。

※リンク先の内容は変更、削除される場合があります。





任天堂の代表取締役社長、君島達己氏が登壇し挨拶。
NSの発売予定日が2017年3月3日、希望小売価格29980円(税別)と発表。
オンラインサービスやスマートデバイス向けアプリに関する情報、NS向けタイトルのリージョンロックを原則解除することなどを発表。



高橋伸也氏が登壇、NSのコンセプトをプレゼン。
コンセプト、プレイスタイル紹介動画が上映。



小泉歓晃氏が登壇、NSのコントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」の紹介。
NFCリーダー/ライター機能、モーションセンサー機能などがあることや、ゲーム画面を保存できるキャプチャボタン、分離時のLR(SL、SR)ボタンの位置などが公開。



ジョイコンのさらに詳しい機能を紹介する映像が上映。



河本浩一氏が登壇し、『1-2-Switch』の紹介。
NS発売と同日の3月3日発売予定と発表。



矢吹光佑氏が登壇し、『ARMS』の紹介。
2017年春発売予定と発表。



野上恒氏が登壇し、『Splatoon2』の紹介。
2017年夏発売予定と発表。



『スーパーマリオ オデッセイ』の映像が公開され、小泉氏が同タイトルの紹介。
2017年冬発売予定と発表。



『ゼノブレイド2』、『ファイアーエムブレム無双』の発表。



『ドラゴンクエストヒーローズ I・II for Nintendo Switch』、『真・女神転生』シリーズ最新作制作の発表。
スクウェア・エニックスの『プロジェクト オクトパストラベラー』の発表。



セガの名越稔洋氏が登壇しコメント。
ベセスダのトッド・ハワード氏がNS向け『The Elder Scrolls V: Skyrim』を発表。
グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏が登壇しスピーチ、『ノーモア・ヒーローズ』の主人公トラヴィス・タッチダウンが登場するNS用タイトル制作を示唆。
エレクトロニック・アーツのパトリック・ソダーランド氏が登壇しスピーチ、NS向け『FIFA』シリーズを始めとしたスポーツゲームの年内発売を発表。



ソフトラインナップ映像が上映。



君島氏が登壇し、NS本体発売時の商品構成を紹介。
ジョイコンがグレー一色のバージョンと、青・赤二色のバージョンが発売予定と発表。



ニンテンドー・オブ・ヨーロッパの柴田聡氏、ニンテンドー・オブ・アメリカのレジー・フィサメィ氏からのコメント映像が上映。
君島氏からNSの予約受付開始日が1月21日よりと発表。



『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』のトレーラーが上映、NS本体発売と同じ3月3日発売予定と発表されプレゼン終了。




思ったことを。

29980円(税別)という価格に関してはだいぶ良いですね。
現役据え置きハードのライバルとなるPS4・Xbox Oneも同程度の価格ですから、それを大きく上回るのも難しかったと思います。

ジョイコンの機能面がかなり気になるところです。
HD振動やモーションIRカメラなど、どういった形でゲームに活かされるのか、活かされないのか、サードパーティも含めて対応ソフトの情報を待ちたい。
まあ、機能ガン無視しても通常のコントローラーと同じように使えそうなのでマルチタイトルも出やすいかもしれません。
キャプチャボタンが付いたのが“時代”という感じがします。
ジョイコン単体使用時のLRボタンの位置は予想通りというか、映像通りでしたね。

特徴的なコントローラーの情報量に比べ、本体の性能面の情報が今ひとつ分からなかったのは残念。
どの程度の描画能力、表現力になるのか、今後のレポートなども追っていきたい。

発表されたソフトの中で気になったものは、『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』と『スーパーマリオ オデッセイ』。
「マリオデッセ」は3Dフィールドの箱庭タイプで楽しそう。
「ゼルダBotW」は同日発売ですから気になりますが、WiiU版もあるんですよね。
考えどころです。
『ゼノブレイド2』も良さそうですがいまだにWiiの「1」を序盤で放置したままなのでどうしたもんかw
ラインナップ映像に『RIME』もありましたね。

グラスホッパー須田さんのプレゼンはさすがでしたw
もちろん『ノーモアヒーローズ』新作か同様のアクションタイトルが出るのなら、NS購入可能性は高まるんですけどね。
続報を待ってます。

購入可能性に関して、機能満載のジョイコンは楽しそうですが、ハード性能部分ではまだ分からないところもあり、ロンチタイトルでは今のところ「ゼルダBotW」くらいしか個人的に惹かれるものはないため、NSを発売日に購入するかは難しいところです。
価格面では申し分ないので、今後さらに他のロンチタイトルや年内発売予定タイトルの情報を待って考えたいですね。




関連記事:
任天堂の新ハード「Nintendo Switch」が発表/2016年10月22日
PV 「ゼルダBotW」、「クリーピング・テラー」、「VANE」/2016年12月14日
Wii『ノーモア★ヒーローズ2』クリア ざっくり感想/2014年11月16日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド