黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2016/10/22(土)
家庭用据置型テレビゲーム機の娯楽体験を切り替える「Nintendo Switch」世界初公開 /任天堂 ニュースリリース(10月20日)

10月20日、任天堂の次のゲーム専用機として開発中とされていたコードネームNXの正式名称が「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」と発表され、そのコンセプトが垣間見える映像が公開されました。



タブレットのような形状の本体を「Nintendo Switch ドック」と呼ばれる据え置き用スタンドにセットすることでHDMIケーブルでつながったテレビなどにゲーム画面を表示させることができ、ドックから取り外すことで本体ディスプレイを使った携帯ゲーム機として遊べるハードとなるようです。



また「Joy-Con(ジョイコン)」と呼ばれる左右2つに分離しているコントローラーも特徴的で、本体や専用グリップに装着することでひとつのコントローラーとして使用できるほか、それぞれを独立したコントローラーとして2人同時プレイで使用することもできるようです。



そのほか気になった記事をいくつか。

Wii U、3DSとの互換性は? 同梱内容は? Nintendo Switchに関する任天堂の回答を公開! /ファミ通.com(10月21日)

ファミ通.com編集部が任天堂に行った「Nintendo Switch(以下、NS)」に関するいくつかの問い合わせとその回答。

NSでのゲームは専用の「ゲームカード」で提供されるようで、WiiUのディスクや3DSのカードで遊ぶことはできないとのこと。
まあ、物理メディアの互換性が無いのは、そりゃそーだろという感じですが、デジタル版での前世代機タイトルの対応は無いものでしょうか?


任天堂、Nintendo Switchのamiibo対応、ドックの機能について明かす /IGN Japan(10月21日)

IGNによる任天堂への取材から、NSはamiiboに対応することが明かされた一方、ドックは本体の一部ではなく、TVへの出力と本体の充電、電源の供給を主な機能としていると回答されたようです。


西川善司の3DGE:次世代機「Nintendo Switch」についての答え合わせをしつつ、追加でいろいろ想像してみる /4Gamer.net(10月22日)

テクニカルジャーナリスト西川善司氏によるNSに関する分析や性能の推測。

専門的な話は正直チンプンカンプンなんですが、西川氏はNSはPS4やXbox Oneには及ばないものの、Wii Uの2倍以上の理論演算性能を持つのではないかと推測しているようです。



諸々、思ったことを。

現時点では「なるほどなー」くらいの感想なんですが、据え置き機でもあり携帯機でもあるというのはウワサ通りでしょうか?

コントローラーが2つに分離し、本体へ装着できるアイディアが面白い。
ある意味では、始めから2つセットになっていて、2人プレイができるというのも大きい気がしますね。
まあ、大人にはちょっと小さいかもしれませんが(笑)、任天堂らしいとも思いました。



ジョイコン単体だとL・Rボタンはどうなるのか気になったんですが、映像での持ち方など見ると、本体などに装着する直線部分に配置されてるっぽいですね。

そのほかタッチスクリーンやジャイロ(傾き検知)機能などはあるのか気になります。
タブレット型ということでスマートデバイス向けに提供されているアプリにも対応したら面白いなーと思うんですが難しいかな。
性能面も含めて更なる詳細発表を待ちたい。

購入に関しても、ソフトラインナップを見て考えたいですね。




関連記事:
「Wii U発売に関するプレゼンテーション」と「Wii U Preview」/2012年9月14日
気になったゲーム関連の話題 2016年5月1日
『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』発表/2015年7月28日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド