黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2016/10/18(火)
10月27日発売予定のPS4・V『WORLD OF FINAL FANTASY』の体験版が配信中。
私はPS4版を予約していますが一通り遊んでみました。



そのPS4版から。



ざっくりとしたイントロムービーがあり、チュートリアル。



宝箱や歴代FFの主人公キャラのいるフィールドを歩き回ります。
カメラは固定のようです。



特定の場所でチュートリアルバトルが入りますが、通常戦闘はランダムエンカウント。
コマンド選択式のバトルで、設定でコマンド選択中でも時間が止まらないアクティブタイムバトルにすることもできます。



HPを一定量減らしたり、特定の属性の攻撃を当てるなど、モンスターごとに設定された条件を満たすと、仲間にするための「ジェム」化ができるようになります。
強敵などのジェム化は失敗する場合もあります。



主人公とモンスターたちはS・M・Lの3種の大きさで1セットの「ノセノセ」状態にすることができ、組み合わせによってステータスに違いが出たり、特別な技が使えたりするようです。
また、パーティにいるモンスターもレベルが上がり、獲得したポイントを使ってスキルツリーから能力強化やアビリティ習得ができます。



体験版のボスであるイフリータたちとの戦闘に勝利すると終了。
イフリータもジェム化できるようですが、全部失敗しましたね。



Vita版も触ってみました。



上の画像は左がPS4版、右がVita版。
編集、リサイズ等してあるため正確な見た目を反映しているわけではありませんが、Vita版のモデルが荒く感じるなど、グラフィックには差があるようですね。
PS4版では中央に強いフォーカスが当たり、手前と奥の景色がぼかしてあるためジオラマ感が強い気がします。
ただゲーム自体のプレイ感覚に違いは感じませんでした。





以前から述べてるように、最近コマンド選択RPGが億劫になっているのが個人的な不安材料ではありますが、モンスター集めやノセノセの組み合わせなど、やり込めそうな部分もあり、雰囲気がカワイイのも良いですね。
竹達彩奈さんのボイスも良かった。
本編では俺の千葉繁がサボテンダーやってますしw

始めに述べたように、PS4版を予約してるので買うことに変わりはないんですが、Vita版もプレイ感覚に違いは感じられなかったので、購入は自分の持っているハードや、外出先で遊ぶなどのプレイスタイルで選んで問題ないのではないでしょうか。
クロスセーブにも対応しているので、余裕がある方は両方買うのもいいかもしれません。




関連記事:
PV 『ワールド・オブFF』、『戦ヴァルリマスター』、『巨影都市』/2016年1月8日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド