黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2016/07/14(木)


PSV版『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』を全編クリアしたので、簡単に感想を。
ちなみにDS『極限脱出 9時間9人9の扉』、PSV『極限脱出ADV 善人シボウデス』クリア済み。
※以下の内容はPS Vita版でのものであり、他機種版との比較もありません。



トロフィーは普通に進めて、脱出パートでファイルを集めたり、全てのシーンを見れば全て獲得できると思います。
一時、進めるべきエピソードが見当たらず、詰まりそうになったこともありましたけどね。
裏切りによる各チーム死亡シーンも見ておく必要があります。



脱出パートのパズルは個人的には特に難しいことはなく、楽しめました。
ボタンの場所が分からず詰まりかけたシーンが一ヶ所ありましたがw



メモ機能もありますが前作同様、それほど使い勝手は良くない。
前作同様、PSボタン+STARTボタンでスクリーンショット撮るほうがいいかもしれません。
タッチスクリーンによる操作はメモでは使いづらいですが、それ以外の場面ではまずまず。
脱出パートの気になる場所や選択肢など、直接タッチして操作できます。



物語は例によって、トンデモSFやオカルトな内容が含まれるミステリーとなっており、脱出パート以外では全てキャラクターたちのムービーによって進行していきます。
所々、モーションや表情などがぎこちなく感じるところもありますが、全体的にはかけ合いも良く、キャラクターたちの関係性も見ていて楽しいです。
ただ出血シーンや直接的ではなくても残虐なシーンもあるので注意は必要。



本作だけでも十分ストーリーは理解できると思いますが、やはり前2作をプレイしていたほうが、淳平、シグマたちに対する思い入れも違うと思いますし、本作で明かされる真実の受け止め方も違ってくるかもしれません。
私もそれほど前2作のストーリーを細かく覚えているわけではありませんがw



いくつかのトリックは「もしかしたら」と感じることはできましたが、色々と明かされた真相は驚きました。
黒幕の思惑もそれなりに納得のいくものではあります。
ただ本作で完結という割には、エンディングシーンはちょっと物足りなく感じましたね。


多少詰まりつつ、全編クリアするまでトータル22時間ほど。
プレイ時間的には脱出パートよりはストーリームービーを見ている時間のほうが長く、脱出ゲームのみを期待されている方はちょっとツラいかもしれません。
一応、設定で未読シーンでもスキップできるようにすることもできますが。

全体的に、シリーズをプレイした者としては前作とのつながりも感じられ、新たに明らかになった真相にも驚かされたので、十分満足できました。
本作のみでも大体のストーリーなどは理解できると思いますが、やはり未プレイの方には1作目からオススメしたいところではあります。

本作で完結ということのようですが、先の物語も描こうと思えば描けるでしょうし、細かな残された謎や他の登場人物たちのエピソードなどもありそうなので、スピンオフのような後継作があってもいいかもしれませんね。




関連記事:
PSV『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』を購入/2016年7月8日
PSV『極限脱出ADV 善人シボウデス』 感想/2013年7月10日
DS『極限脱出 9時間9人9の扉』 感想/2009年12月19日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド