黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2016/03/20(日)
ここ2週ほどの気になったゲーム関連の話題を。



コンシューマソフト週間販売ランキングTop20 /4Gamer.net(3月9日)

2016年2月29日から3月6日までのソフト販売本数ランキング。

初登場1位はPSV版『ガンダムブレイカー3』で7万4千本、2位のPS4版とあわせると14万1千本、同じく初登場3位は3DS『ハイキュー!! Cross team match!』で2万3千本、同じく4位はPSV『シャリーのアトリエ Plus ~黄昏の海の錬金術士~』で1万9千本。

そのほか初登場タイトルとしてPSV『ご注文はうさぎですか?? Wonderful party!』が1万3千本、PS4『ライフ・イズ・ストレンジ』が1万2千本、3DS『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』が7400本となっています。

コンシューマソフト週間販売ランキングTop20 /4Gamer.net(3月16日)

2016年3月7日から3月13日までのソフト販売本数ランキング。

初登場1位はPS4『ディビジョン』で8万本、同じく2位はWiiU『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD』で5万2千本、同じく3位はPSV版『サモンナイト6 失われた境界たち』で4万本、6位のPS4版と合わせて5万6千本。

そのほか初登場タイトルとして、3DS『メダロット ガールズミッション カブトVer.・クワガタVer.』が2万本、PSV『金色のコルダ4』が1万5千本となっています。



PSVRにカメラとPS Moveが付属するバンドルパック「PlayStation VR Launch Bundle」のプレオーダーが、北米で3月22日に開始 /4Gamer.net(3月19日)

PlayStation VRの基本セットに加え、PSカメラと2本のPS Move、専用ソフト『PlayStation VR Worlds』を同梱したパッケージが北米市場向けに3月22日予約開始予定と発表。
価格は基本セットにプラス100ドルとなる499ドル(税別)。



日本向けに同様のパッケージが販売されるかはまだ不明ですが、地域の状況によってバリエーションが用意される可能性はありそうです。

私はカメラ持ってますから、基本セットとは別にMove2本セットがあればいいかな。
まだ買うとは決めてませんがw



『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』の発売日が6月30日に決定! Steam版も同時発売 /ファミ通.com(3月17日)

『極限脱出 9時間9人9の扉』、『極限脱出ADV 善人シボウデス』に続くシリーズ最新作となる3DS・PSV・PC『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』が6月30日発売予定と発表。



前2作の本筋はちょっと忘れていますが、どちらもパズル、ストーリーともに面白かったので、次も期待したいです。



元CINGメンバーによるハードボイルドADV『-CHASE- 未解決事件捜査課』発表 /INSIDE(3月13日)

ニンテンドー3DS向けダウンロードソフト『-CHASE- 未解決事件捜査課 ~遠い記憶~』が今春配信予定と発表。
同タイトルの開発には、かつてDS『ウィッシュルーム』や『シークレットウィンドウ』などを手がけた元・CINGのメンバーが関わっているそうです。



『ウィッシュルーム』とか雰囲気も良かったですからね。
こちらも期待したいです。



Rime developer takes back publishing, IP rights from Sony /Destructoid(3月17日)

Rime could be going multiplatform /Eurogamer(3月16日)

PS4向けにリリース予定とされていた『RIME』ですが、開発会社であるTequila Worksがその権利を再獲得したとの報告があり、他のハードでもリリースされる可能性が出てきたようです。



とりあえず作っていることが分かって良かったw
私の持ってるハードで出してくれるんなら問題ないです。



【GDC 2016】GOTYは『The Witcher 3』!第16回「GDC Awards」受賞作品リスト /Game*Spark(3月17日)

Game Developers Choice Awards(ゲーム・デベロッパーズ・チョイス・アワード)の受賞タイトルが発表。
Game of the Yearは『ウィッチャー3 ワイルドハント』が受賞。

各部門、大作タイトルもノミネートされていますが、いくつかの賞で『Her Story』や『Ori and the Brind Forest』、『Rocket League』などのインディータイトルが受賞しているのが興味深い。
「The Game Awards 2015」でも同じように大作を押しのけてインディーが受賞しているものがあったので、最近の傾向なのかもしれません。




関連記事:
PlayStation VR 発売予定時期と価格が発表/2016年3月16日
PSV『極限脱出ADV 善人シボウデス』 感想/2013年7月10日
DS『極限脱出 9時間9人9の扉』 感想/2009年12月19日
DS「ウィッシュルーム」「ラストウィンドウ」 買いました/2010年7月5日
PV 『Bloodborne』、『RIME』、『WiLD』/2014年8月14日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド