黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2016/01/06(水)
※ネタバレになり得る内容が含まれます。
ご覧になる方はご注意ください。




年末年始セールで買おうかと思っていたら既に購入済みだったPSV『htoL#NiQ -ホタルノニッキ-』を先日クリアしましたので、簡単な紹介を交えつつ、ちょびっと感想を。
先に言っておくと、私には合わなかったなぁ、といった感じです。



ゲームとしては緑色に光る「ホタル」を操作して女の子「ミオン」を誘導したり、またときに影の世界に入り、紫色の「カゲホタル」で影部分を移動してスイッチを押したりしながら、ステージを進んでいくパズルアクション。
デフォルトでタッチ操作となっており、正直操作性やプレイ感覚はあまり良くない。



ステージは4つのチャプター内にそれぞれ3つのステージ、ひとつのボス戦といった構成。
各チャプターには光る「芽」があり、触れることでストーリーとなる女の子の記憶を見ることができます。



物語は進むにつれどこか不気味で、もの悲しく、切なさも感じられます。
考察できるカギも幅もある物語だと思うので、そこは悪くないかな。



ゲーム部分ではいわゆる“初見殺し”が多く、ホタルを使って誘導するというもどかしさも相まって、死んで覚えるタイプのゲーム。
場所によってはタイミングを見たり、微妙なホタル操作が必要になることもあります。



ホタルが壁に触れたら即ゲームオーバーという場面もあり、前述のタッチ操作の不便さもあってかなりストレスでした。
チャプター2クリア後に操作タイプをスティック・ボタン操作に変更するとともに、個人的にこのゲームは2周、3周楽しめないヤツだと判断し(笑)、トロフィーや芽の場所などの情報は前もって見ることにしました。



1周クリアすると新たな謎が解放され、それを解くことで真のエンディングのためのチャプターに進むことができます。
が、このステージも個人的に苦手なタワーディフェンス型のステージになっているため、早々に攻略情報を拝見しました。
それでも何度かゲームオーバーになりましたが、なんとかクリアできました。


全体的にやりたいこと、やらせたいことは分かるんですが、女の子を誘導するシステムや操作性の不便さもあり、タッチ操作をしていた慣れない序盤ではストレスのほうが多かった気がします。
スティック操作でだいぶ遊びやすくはなりました。
アップデート前にタッチ操作のみでクリアしたユーザーはすごいと思いますw

また、謎解きパズルよりは、タイミングを見て影の世界でスイッチを押したり、ホタルでの細かい誘導が重要になる場面が多い印象で、そういった意味でパズルを解く楽しさは薄かったです。
キノコや種など、面白いアイディアもあるにはあるんですけどね。

ただ、チェックポイントは多く設定されており、ゲームオーバーになっても修正しながら繰り返しプレイすればなんとか突破できるとは思います。
突破できるまで何度死ぬか、それに耐えられるかは人それぞれでしょうがw
結構、取るのに苦労しそうなトロフィーもあるため、チャプターセレクトももう少し細かいほうが良かったかな。

物語はダークで結末にはちょっぴり切なさもあるので万人向けというほどでは無いでしょうか。
色々と解釈、考察できる面白さはあります。

いわゆる“死にゲー”として難易度は高めですが、「ミオン」やこの世界に隠された謎もあるので、気になる方で心折れない、腕にある程度覚えのある方はチャレンジしてみても良いのではないでしょうか。




関連記事:
PSV『夜廻』 感想/2015年11月18日
PSV『Dokuro (ドクロ)』 感想/2012年8月24日
Wii『影の塔』 感想/2010年8月3日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド