黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2015/03/28(土)
始原の里の住民避難。
霊木防衛。
世界樹、調和の祭壇、再び。

前回分はコチラ

*

続いて、始原の里の住民たちを避難させます。
ステージ内にいるおばちゃんとシスターを安全な場所へ移動させ、仲間モンスターに守らせつつ、魔物を倒していきます。



終盤にはうごくせきぞうやアームライオン、



最後にはドラゴンまで登場します。
全て倒してクエストクリア。




バトシエに戻るとジュリエッタから、始原の里に住む者は世界樹を守る役割を持つ「調停者」と呼ばれる一族であると聞かされます。
また、調停者であることや里の存在を明かさないこと、光・闇の一族から中立であること、といった掟を破ってしまっていると打ち明けられます。




次のストーリークエスト。
太古の霊木の前にやってきますが、そこでも魔物が現れます。



霊木を守りつつ、まおうのつかいとキラーマジンガの2体と同時に戦います。
またバリケード防衛同様、ステージ内には闇の魔弾砲が2基設置してあり、魔物と同時に対応する必要があります。
多少苦労しながらもなんとか勝利。



里の長であるジュリエッタの祖母がやって来ます。
里を守った礼を言うものの、掟を破ったジュリエッタに罰を与えようと何やら“気”のようなものを溜めます。
身構えるアクトたちでしたが、長は「なーんちゃって」と笑顔を見せ、世界樹を救いたいというジュリエッタの成長を認めます。



長に促され、アクトとメーアが霊木に祈りを捧げると、祭壇に据えた器に聖なるしずくが溜まります。




続いて、手に入れた聖なるしずくを持って再び世界樹へ。
樹上の魔物を倒していきます。



ビアンカのハイテンション必殺技。
「お願い、ゲレゲレ!」とキラーパンサーを召喚します。
そんなハイテンション技を活用しつつ、全ての魔物を一掃してクリア。




アクトたちが調和の祭壇へたどり着くとヘルムードが待ち構えていました。
ヘルムードが召喚したヘルバトラーと戦います。
途中で現れる魔扉の番人と魔物たちにも対処しつつ、ヘルバトラーを倒します。



ヘルムードへ向かって駆け出すアクトとメーア。
アクトがヘルムードを抑えている隙に、メーアが祭壇に聖なるしずくを浴びせかけると、世界樹を覆っていた闇が消え、力を取り戻します。

突然笑い出し、闇竜シャムダの封印はすでに解けていると明かすヘルムード。
次元島で最後の儀式を行うことでシャムダが目を覚ますと言い残し、闇と共に去って行きます。

明らかに罠だと理解しながら、闇竜の復活を止めるには行くしかないと、一行は次元島を目指します。


今回はここまで。
その11はコチラ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド