黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2015/01/26(月)
PSV版『Machinarium』をクリアしたので、ざっくりとした感想を。
他機種版は未プレイのため当然、比較はできません。

『Machinarium』はいわゆるポイントクリック型のパズルアドベンチャーゲーム。
画面内にあるスイッチを押したり、ミニゲームを解いたり、手に入れたアイテムを組み合わせたりしながら活用し、先のエリアへ進んでいきます。
その場面で何をすればよいのか戸惑うこともありますが、一応ヒントも示されますし、ミニゲームをクリアすることで解法を見ることもできます。
文字ではなくイラストですが。



難易度としてはやや詰まりそうになる場面もありましたが、色々と試してひらめいたり、気付かされたりするものも多かったです。
トラディショナルなパズルのほかにレトロなインベーダーゲームもあります。



個人的に詰まったのは五目並べ。
早々に諦め、ネットの力を使いました。
それ以外で詰まったというか、細かいグラフィックに対し画面が小さいため、スイッチの場所が分かりにくい場面が1、2ヶ所ほどありましたね。
一応、L・Rボタンで1段階拡大できるんですが、あまり使わないかな。
カーソル、ぐるぐる動かしたほうが分かりやすいかもしれません。

カーソルは左スティックのほか、タッチスクリーンや背面タッチパッドでも操作できます。
タッチはノートPCのタッチパッドのように相対的な操作感。
背面タッチは設定でオフにできます。



具体的な文字・言語情報は無く、ストーリーは登場人物たちのアニメーションによって描写されます。
まぁ何となく理解できますし、特に難しい内容ではありません。
キャラクターデザインや彼らの動きも愛嬌があります。

グラフィックやアートデザイン、世界観がやはり素晴らしかったです。
勿論、Vitaでもキレイに見えますが、密度が濃いため、やはり大きい画面のほうが映える気がします。
PS3版でも良かったかな。
BGMもなかなか良かったです。


操作感覚はスムーズとまでは言えませんし、パズルゲームとして一部、手強く感じるものもありますが、試行錯誤で解けるものも多く、異なるタイプのパズルがあり楽しめます。
アートデザインやアニメーションも見事なので触れてみてもらいたいですね。




関連記事:
「マシナリウム」、「トロンにコブン」、「バリアントハート」を購入/2015年1月23日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド