黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2014/11/28(金)
※ネタバレになりうる内容が含まれます。
ご覧になる方はご注意ください。




PSV『朧村正』の追加シナリオ第4弾「鬼娘」のもうひとつの結末を見るため、引き続き本編の親玉たちと戦ってきました。
羅邪鬼のレベルも上がってますし、大人や大鬼状態の攻撃も強力なので苦労はなかったですね。



温泉では色んな意味でのサービスカットもありました。



そんなこんなで親玉退治の締めはやはり雷神戦で。
こうして手に入れたアイテムを装備して羅邪鬼篇のラスボスを倒し、もうひとつの結末を見ます。



清吉の高橋留美子(『うる星やつら』等)チックなポーズ。
これまでのシナリオのもうひとつの結末はただでは終わらない感じがありましたが、「鬼娘」はどちらの結末もハッピーで安心しましたw



また、おそらく「元禄怪奇譚」として配信されているダウンロードコンテンツ(DLC)四篇すべてをクリアしたことで、もうひとつ特別なメッセージと画像を見ることができるようです。


4つのシナリオそれぞれに新たな主人公とプレイスタイル、新たな親玉、そして物語を生み出しながら、共通したテーマのものが散りばめられていたことに驚くとともに、そういったつながりを考えてこのDLC四篇が製作されていたことに感動すら覚えました。
正直、各物語の細かい所までは覚えていないので再プレイしたいところ。
「一揆」以降は死狂モードやってないので、気合が乗れば(笑)チャレンジしてみようと思います。




関連記事:
PSV『朧村正』 DLC「鬼娘」プレイ中/2014年11月25日
PSV『朧村正』 DLC第4弾「鬼娘」を購入 ひとまずクリア/2014年11月20日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド