黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2014/11/20(木)
本日より配信開始となったPSV『朧村正』の追加シナリオ第4弾となる「角隠女地獄(通称:鬼娘)」を買いました。



操作キャラとなるのは閻魔大王の末娘・羅邪鬼。
通常は“まさかり”で素早く攻撃する子供状態、金棒で大振りの攻撃をする大人状態を使い分けて戦います。
ザコ戦は多くの場合、大人状態の攻撃連打していればほとんど問題なかったですね。



ゲージが溜まると無敵でより強力な大鬼状態に切り替えることができます。



配信延期理由となった遊郭での表現は結果として変更無かったそうですが、見たところ特に問題があったようには感じませんでしたね。
本編のCEROレーティングがB(12歳以上対象)ということで、「遊郭は中学生にはまだ早い」といった判断でしょうか?
「内容の変更無し」ということにして配信した、というのは勘繰り過ぎか(笑
一応、PSストアの商品説明には「鬼娘」にだけ「セクシャル」表現が含まれるといった注意書きがありました。

ちなみに上画像の蝶々太夫の声は伊藤美紀さんが演じています。
伊藤さんの廓詞(くるわことば)を聞くと『銀魂』の「華陀 」を思い出す。



「お色気」という意味ではこれまでと同じく温泉シーンがあります。
上の場面はちょっと違いますけどw



ラスボスはちょっと苦戦しましたがなんとか1周目クリアできました。
ハッピーな感じで、なかなか良い物語でした。
例によってもうひとつの結末があるので、まだしばらくちょこちょことプレイしていきます。




関連記事:
PSV『朧村正』 DLC第3弾「白蛇」を購入 ひとまずクリア/2014年7月13日
PSV『朧村正』 DLC第2弾を購入/2014年1月16日
PSV『朧村正』 DLC第1弾を購入/2013年11月7日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド