黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2014/08/18(月)


8月26日までPSストアにてセール価格で販売されているPS3・PSV『覆面闘士 マスクド・ウォリアーズ』を買いました。



ゲームとしては2Dアクション。
敵を通常攻撃や投げ技、徐々に覚えていく必殺技で倒したり、目的地まで足場を移動するプラットフォーミング要素があります。
ただ、ゲームシステム以上に面白かったのが他ゲームのパロディというかオマージュ要素。



特殊アクションを覚えるために『メトロイド』に出てきたような像を壊します。
街のポスターには赤と緑のヒゲのコンビや、三角形を背負い腕を掲げる緑色の男。



ムジュラの仮面vsメガマン(ロックマン)。
右のポスターには海外ゲーム情報サイトDestructoidのマスコット(?)らしきロボットが描かれています。



巨大なモンスターに追われ、ゴール地点にあるオノに触れると・・・。
これがPSプラットフォームで発売されてるというのがまた面白いw



一応PSネタも。
なんか見たことある墓標があるなぁ、と思っていたら旅ビトさんが倒れていました。



1周目ノーマルモードでトータル6時間弱くらいでクリア。
難易度としてはアクション慣れしていないとちょっとキツイかもしれません。
後半になるほど、敵に囲まれたり、特定の技を当てないとダメージを与えられないなどの情況が増え、瞬時の判断が求められます。
私も結構ゴリ押ししましたね。

操作には慣れが必要と思いますが、なかなかやり応えがあり、アイディアもあふれています。
陽気なメキシカンな感じの音楽も良いです。
普通にクリアしただけだとバッドエンドっぽかったので、画像にあるように隠された秘密を探して、もう少しプレイしてみます。




関連記事:
気になったゲーム関連の話題 2014年8月11日
(『覆面闘士』セール)
『風ノ旅ビト』考察

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド