黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2013/09/16(月)
ネタバレになり得る内容が含まれます。
ご覧になる方はご注意ください。


PS3『パペッティア』本編クリアしました。
随所に作り込みや遊び心が感じられる良作だと思います。



ハロウィンステージのライティングがキレイです。



ハリボテの巨大カボチャの中に入ると影が大きくなる。



太ってしまった(という設定の)主人公の体内で小さな主人公が脂肪をカットすることで、転がって進んでいくステージ。
こんなゲームが他にあるでしょうか?w



ネビュラは最初、セリフから、地球の子どもの魂が入ってるのかと思ってましたが、思春期いわゆる“中二”的な子なのね。
ドラキュラの独白も良かったw



某○ィズ○ーっぽいウサギとティーパーティー。
ストーリー進行パートで、上からのアングルになる演出がところどころあるのも印象的でした。



ゲーム中の3D立体視はやや物足りなさもありましたが、ドラゴン戦の演出ではなかなかの存在感。



横スクロールアクションではよくある、滑る氷の床。



とあるボーナスステージ。
藤原啓治さんの声で「ヒバゴン」と聞くと、PSV『特殊報道部』の「ヒダゴーン」を思い出すw




ちゃんとした感想はまた、もう少しやり込んでからになるかと思いますが、ゲームが好きだという人には是非、触れてもらいたい作品です。




関連記事:
PS3『パペッティア』 プレイ中 その2/2013年9月14日
PS3『パペッティア』 プレイ中/2013年9月8日
PSV『特殊報道部』読了 3DS『怪獣が出る金曜日』半額購入/2013年5月29日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド