黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2013/05/14(火)


PS3版『バイオハザード リベレーションズ アンベールド・エディション』の体験版をプレイしました。
簡単な紹介とノーマルモードで3周ほどプレイした感想をざっくりと。

3DS「バイオ リベレ」は体験版をプレイしたのみであり、記事内の3DS版への言及は同体験版でのものになります。
同様に当記事での感想はPS3体験版でのものになります。

記事にはグロテスクな表現が含まれた画像が掲載されています。
ご覧になる方はご注意ください。






客船内の調理場らしき場所からスタート。
バイオスキャナーによる対象の調査・分析やアイテムの発見が本作の特長。
3DSではスキャナーも武器と同じように持ち変える必要がありましたが、PS3版ではL2を押すことですぐにスキャナーを構えることができます。



船内を探索。
後戻りする形で船外にも出られます。
雰囲気や質感はなかなか良かったです。



鍵のかかった扉の向こうにクリスらしき人物の姿。
鍵を探す中で、敵と戦ったり無視したりします。



女性を襲った2体のウーズとの戦闘。



クリスを救出したかに思えたが、



といったところで体験版は終了。



移動は右スティックカメラで方向転換、左スティックの左右で横移動できて、やや軽くも感じましたがスムーズでした。
操作タイプがシューターだと武器を構えたまま移動できるようです。
エイム(狙い)は敵のタイプにもよるのかもしれませんが、3DS体験版同様ちょっとやりにくかったかな。

グラフィックに関しては元が3DSなので最高級のクオリティってほどでもないですが、特に不満はないですね。
最後のカットシーンでところどころぼんやりしていたのは体験版だからでしょうか?
ゲームとしての雰囲気は、閉鎖空間での緊張感もあってなかなか良かったです。

今のところ購入予定ではありませんが、比較的操作もしやすくなっている気がしますし追加要素もあるようなので、いずれ買ってもいいかな。




関連記事:
PV 『DDダークアリズン』、『バイオリベレアンベ』、『MGR:R』/2013年1月31日
3DS体験版「バイオリベレ」「MGS SE3D」「シアトリFF」「リズム怪盗」を体験/2011年12月28日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド