黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2009/06/07(日)
ついに最後の刀を手に入れました。

ざっくりとしたプレイ日記は続きの方で。
前回分はコチラ

ゲーム画像やネタバレがあるかもしれません。
ご覧になる方はご注意ください。


*百姫・鬼助、二人のもうひとつの結末で新たな刀を手に入れましたが、最後の刀を作るにはまだほかのイベントで手に入れなければならないようです。
それが白い結界で封じられた魔窟のようです。



ちなみに白い結界がふさぐ道は、もう一方の主人公のボス戦への道でした。



ボスを倒すと装備アイテムがもらえます。
また、その主人公が倒してきたボスとも再戦できるようです。


「鈴鹿峠の大百足」で大典太光世(おおてんたみつよ)。


「天に昇竜、地に伏龍」で大包平(おおかねひら)。


「鬼退治百番勝負」で童子切安綱(どうじぎりやすつな)。


「柳生一族の陰謀」で数珠丸恒次(じゅずまるつねつぐ)。

以上4本の刀を手に入れ、今まで作れなかった刀を作っていきます。
最後に朧村正を作ると千子村正の語りが入ります。



人の因業をも断ち切る神剣・朧村正を打つことができたと喜びます。

ちなみに白魔窟はほかにも残っており、クリアすると装備アイテムが手に入ります。
「百鬼夜行」という魔窟は強力な敵が出まくりでかなりの長丁場です。
残念ながらあと一歩と思われるところでやられちゃいました。

では次回、朧村正を装備し別の終幕を見ようと思います。
第21回はコチラ
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド