黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2013/04/13(土)
最近買ったマンガ類をいくつかご紹介。



大神絵物語 其ノ参
クサナギ伍とドタバタ活劇/文・絵:沙月ゆう



クサナギ伍(ファイブ)の特訓と戦い(?)が描かれる絵物語。
何ヶ所か現代的なワードが出ているのがちょっと気になったかな。



ほんとにあった!霊媒先生 第14巻
さばげぶっ! 第4巻/松本ひで吉



「霊媒」
やっぱり猫話が好きだなぁw
黒猫の幼少期や地獄で黒猫と隊長がいたぶられる場面がかわいかった。

「さばげぶ」
ヒロインvs.カメラ小僧とか、流れないトイレ話とか、これ少女マンガ誌でやってんだよなぁと感じましたw
絵柄やテイストが少女マンガ向けなので特に下品さは無いですけどね。
ギャグマンガですし。



【急募】村長さん 第2巻/藤原規代
図書館戦争 LOVE&WAR 第11巻/弓きいろ 原作:有川浩



「村長さん」
村の人と妖怪の人情話かと思いきや、謎の市長登場でさらに広がりを見せるか?
あと、でっかいタヌキがかわいかった。

「図書館」
県展編終了。
戦いの内容的にも政治・思想的にデリケートな部分に関してもキチンと描かれていて良かったです。



進撃の巨人 第10巻(限定版)/諌山創


巨人の正体とかアイツの正体とかありつつ、さらに巨人と人類のことなど謎もまた深まります。
ホント伏線が色々あって、また1巻から読み返さんと。
アニメも放送中でニコニコ動画でも配信されていますね。



エレンのフィギュアキーホルダー。
やっと主人公が出たw



坂本ですが? 第1巻/佐野菜見
なめこ文学全集
なめこでわかる名作文学 第2巻/画:小鳩まり



「坂本」
言動すべてがクーレスト(coolest)でスタイリッシュな坂本の生活が描かれるギャグマンガ。
スズメバチと剣を交えたり、目の前にいる人を透かして黒板を写したりと謎の多い人物です。

「なめこ文学」
「注文の多い料理店」や「走れメロス」などの名作文学を、登場人物を「なめこ」シリーズのキャラクターにしてマンガ化した作品、第2巻。
やっぱりユルいんですが「野菊の墓」はちょっと泣けました。



となりの関くん 第1~3巻(デジタル版)/森繁拓真


授業中にも関わらず独特の一人遊びにいそしむ関くんと、それに対し心の中でツッコむ(ときに楽しんでしまう)横井さん、主にふたりのやりとり(?)が描かれるギャグマンガ。
関くんの一人遊びはドミノや将棋など机の上だけに止まらず、体育の時間や避難訓練中でさえも行われます。

書店で表紙・裏表紙を見て面白そうだったんですが、電子書籍版のほうで購入しました。
のんびりした笑いだと思いますね。
アニメ化もされるそうですが、ショートアニメでしょうか。




関連記事:
買ったBD、マンガ類 2013年3月1日
買い物 2012年11月5日
最近買ったマンガ・書籍 2012年10月12日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド