黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2013/01/16(水)
日本では明日1月17日発売予定のPS3・Xbox360『DmC: Devil May Cry』(PC版は2月28日発売予定)。
海外でも今週発売ということでゲーム情報サイト等でレビュー記事がアップされています。
レビュースコア平均点はN4G.comで8.5/10点、metacritic.comで86/100点(Xbox360版)となっています。
(2013年1月16日時点)

N4Gで見てみると平均点通り、ほぼすべてのレビューで8点以上の点数を付けられています。
メーカーに対するバイアスでもかかってるのではと疑いたくなりますが(笑)、いくつか誤訳上等で読んでみました。



『DmC: Devil May Cry』はカプコンの『デビル・メイ・クライ』シリーズの要素を引き継ぎ、新しくリブート(再起動)させたアクションゲーム。
開発には『ヘブンリーソード』や『エンスレイブド』を手がけたNinja Theory(ニンジャセオリー)が携わっています。


ほとんどのレビューで特に評価されているのが戦闘システム。
エンジェル、デーモン、2つの異なる特性を持つ攻撃モードを使い分け、様々なコンボをつないでいける点や、武器や攻撃モードをスムーズに切り替えられる点が好評のようです。

そのほかプラットフォーミング(移動アクション)やカットシーンの表現なども好意的に紹介されていました。
また、能力の強化やトロフィー・実績集めをコンプリートするなら2周以上プレイする必要があると述べる記事もありました。

私が読んだ範囲では戦闘システムに関する紹介や評価に字数を割くレビューがほとんどで、そのほかには物語の背景やストーリーなどを紹介する程度で、評価までは言及していないものが多かったように思います。
かろうじて出ている不満としては、カメラの不便さやロックオンがないこと、物語が味気ない、後半のレベルが物足りないといった点が出ていました。

いくつかのサイトで共通して見られたのが、「オリジナルのシリーズファンも新規のユーザーも楽しめるだろう」といった内容の記述。
『DmC』発表当初は主人公ダンテの外見の変化に対する批判の声もありましたが、「少しの間、髪のことは忘れよう」と述べるレビューもあり、その記事の最後では「オリジナルシリーズに対する見当違いのノスタルジックな愛情のせいでこの作品があまり売れないということになると、ゲーム産業に対して心配になる」と締めくくられていました。


私は今のところ購入予定ではありませんが、アクションゲームとして高く評価されているようで、変わらず購入候補といえそうです。




関連記事:
PS3『DmC Devil May Cry』体験版をプレイ/2012年11月25日
PS3『エンスレイブド』を再開/2011年7月10日


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド