黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2012/06/11(月)
カサディスでフードの男と出会う。
クエスト受けたり、ポーン雇ったり。

一応、他人様のポーンの顔と名前は白抜きさせていただきます。

前回分はコチラ

ネタバレやゲーム画像があります。
ご覧になる方はご注意ください。


*宿営地では訓練クエストをこなしたり、宿でスキルを覚えたりしました。
スキルは経験値に応じて手に入るジョブポイントを消費して覚えることができ、ジョブランクが上がると新しいスキルを覚えられるようになります。



パーティは最大4人までなので、再びリムに入り、男性ファイターをひとり雇いました。
オンラインだとほかのユーザーが公開しているポーンを雇うことができますし、ネット接続していなくても用意されているポーンを雇うことができます。
レベルが高いポーンを雇う際には「リムの結晶」と呼ばれるポイントが必要になる場合があります。



4人パーティでの動きを確認がてらゴブリン退治しながらカサディスへ戻ります。
村に入るとムービーが始まりました。
「“覚者”どのとお見受けします」と声をかけられたKICが振り向くと、そこにはひとりのフード姿の小男が立っていました。
竜を倒しに行くというのは個人の意志に関わらず、覚者となったものを誘う竜の力によるものだと言う小男。
これまでにも竜は繰り返し現れ、覚者もその度に生まれるが、そのほとんどが竜とまみえることなく滅んできたとKICに歩み寄ります。



「愚かな末路です」とKICの方へ顔を向ける小男。
右目の周りに大きな傷を負った顔を見てKICはたじろぎます。
宿営地で兵を募っているようだが、それがいかに無益なことかじきに分かるだろうと言い残し、小男は村を去っていきます。

カサディスでは以前頼まれていた薬の材料を渡したり、ほかの村人のお使いクエストをこなしたり、井戸に何かいる気がするという兵士の話を聞き、調査しに行ったりしました。



井戸の中、紺碧の鍾乳洞は暗く、ランタンを装備する必要があります。
パーティーメンバーにも持たせておくと暗い場所では自動で装備してくれます。
ランタンは燃料となる油を消費すると消えてしまうので予備の油を持っておく必要があります。
空き瓶があればフィールド上にある油壺から汲んでおくこともできます。
また、ランタンは水に濡れると一定時間使用できなくなります。



ネズミやコウモリを排除しながら奥へ進むとリザードマンの群れと遭遇。
こちらのレベルが低いようで一撃のダメージが大きく、やられてしまいました。
とりあえず後回しにして宿営地へと向かいました。



クエストは立て札からも受注できます。
オオカミやウサギなど特定の生き物やモンスターを一定数倒すといったものや、人を目的地まで護衛するといったものがあります。



借りていたポーン、男性ファイターを別の男性ファイターと入れ替えてみました。
他ユーザーのポーンと別れる際には、現在持っているアイテムからひとつプレゼントとして持たせたり、外見や貢献度などに対する評価や定型文コメントを送ることができます。



らんの装備なども整え、宿営地から先へ進んでみることに。



道中では武装した盗賊たちにからまれたりもしました。



道なりに進んでいくと峠の関所にたどり着きます。
しかし関所は閉じられており、今は通せないと言われました。


今回はここまで。
その4はコチラ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
カサディスでフードの男と出会う。クエスト受けたり、ポーン雇ったり。一応、他人様のポーンの顔と名前は白抜きさせていただきます。ネタバレやゲーム画像があります。ご覧になる方はご注意ください。
2012/06/12(火) | まとめwoネタ速neo

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド