黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2015/09/16(水)
昨日9月15日16時から、ソニーコンピューターエンターテインメント・ジャパンアジア(SCEJA)によるPlaySatation関連情報の発表会「SCEJA Press Conference 2015」が行われました。
その様子はYouTubeやニコニコ動画を通じて配信されており、現在もYouTubeのPlayStationチャンネル等で見ることができますが、私のほうでも遅ればせながらざっくりとまとめておきたいと思います。

※リンク先の内容は変更・削除される場合があります。





SCEJAプレジデント盛田厚氏が登壇し挨拶。
PS Vitaの新カラー、PS4を紹介しカンファレンススタート。



SCEワールドワイドスタジオ・プレジデント吉田修平氏が登壇。
『Bloodborne』の追加シナリオとなるダウンロードコンテンツ(DLC)「The Old Hunters」の11月24日配信、『Bloodborne』本編と同DLCがセットになったパッケージの12月3日発売を発表。



『New みんなのGOLF』のトレーラーが公開。
『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』の発売予定日が2016年3月18日と発表。



PS4向け『GRAVITY DAZE』のトレーラーが公開、12月10日発売予定と発表。



PS4『GRAVITY DAZE 2』のトレーラーが公開、2016年発売予定と発表。
フィギュア付き数量限定版PS4版『GRAVITY DAZE』コレクターズエディションの予約開始を発表。



SCEタイトルラインナップ映像が上映。
収録タイトルは『Tearaway PlayStation4』、『アンチャーテッド コレクション』、『The Tomorrow Children』、『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』、『人喰いの大鷲トリコ』、『Horizon Zero Dawn』。



UBIソフトのスティーヴ・ミラー氏が登壇。
『FOR HONOR』のトレーラー、『アサシンクリード シンジケート』の追加コンテンツ「Jack The Ripper」のトレーラーが公開。



SEGAの名越稔洋氏が登壇。
『龍が如く』一作目のリメイク『龍が如く 極』のトレーラーが公開、2016年1月21日発売予定が発表。
また、『龍が如く6』の2016年秋発売予定を発表。



発売予定タイトル映像が上映。
『THE KING OF FIGHTERS XIV』、『ジャストコーズ3』、『ファンタシースターオンライン2』、『STAR WARS BATTLEFRONT』。



バンダイナムコの渡邉浩孝氏が登壇。
『ワンピース バーニングブラッド』、PSV『機動戦士ガンダム エクストリームバーサスフォース』のトレーラーが公開。



コーエー・テクモのシブサワコウ氏が登壇し『三國志13』の紹介。
同社の小笠原賢一氏が登壇、『討鬼伝2』のトレーラーが公開。



『仁王』のトレーラーが公開。



スクウェア・エニックスの橋本真司氏が登壇。
『ワールド・オブ・ファイナルファンタジー』、『スターオーシャン5 Integrity and Faithlessness』、



『SaGa SCARLET GRACE』、『キングダムハーツ HD2.8 ファイナルチャプタープロローグ』のトレーラーが公開。



発売予定タイトル映像上映。
『ダークソウルIII』、『初音ミク Project DIVA Future Tone』、『いけにえと雪のセツナ』、『十三機兵防衛圏』。



カプコンの川田将央氏が登壇。
『バイオハザード アンブレラコア』の発表、トレーラーが公開。



スパイク・チュンソフトの寺澤善徳氏が登壇。
『イグジストアーカイヴ The Other Side of the Sky』の紹介、トレーラー公開。
同社の小高和剛氏が登壇、『NEW ダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』のトレーラーが公開。



堀井雄二氏が登壇し、『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』を紹介。
『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』のトレーラーが公開、スクウェア・エニックスの新納一哉氏が登壇、同タイトルの紹介と2016年1月28日発売予定を発表。



SCEのインディー支援PVの上映後、盛田氏が再登壇。
『エアシップQ』の映像公開と紹介。
同タイトルのテーマソングとなるJ☆Dee'Z「ニャゴニャゴジャンケンのうた」(仮)の発売の発表。



『コール・オブ・デューティ プラックオプスIII』の紹介。
Treyarchのマーク・ラミア氏によるビデオメッセージ、同タイトルのトレーラーが上映。



PS4本体のHDDベイカバーのカラーバリエーション9種がソニーストアで販売予定の発表。
コントローラーDUALSHOCK4の新色、ワイヤレスサラウンドヘッドセットの発売も発表。



ストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」のベータサービスが9月16日より開始と発表。
Project MorpheusとなっていたVRヘッドセットの正式名称が「PlayStation VR」に決定と発表。
PS4本体の価格が10月1日より34980円(税別)に改定と発表。

盛田氏のスピーチの後、PlayStationの新CMが上映されカンファレンス終了。



感想などを。
個人的に魅力的なタイトルが多く発表されたように思います。

『New みんなのGOLF』はトレーラーを見た感じではゴルフ以外の遊びもできるんでしょうかね?
オンラインで好きなことをワイワイと遊べるのかもしれません。
『グラビティデイズ』のPS4リマスターや『グラビティデイズ2』の発表は予想外でした。
「2」はPS4になり、フィールドの広さや住民の数など強化されているようで、移動や探索も楽しそう。

『龍が如く 極』は一作目のリメイクとなるようですが、PS2でできなかったこと、現行機だからできることなどもあって、“いいリメイク”と言えるのではないでしょうか。
私は未プレイということもあるのでありがたい。
「2」もリメイクされるかな?

『仁王』はうっすら聞いたことはあるんですが、10年前に発表されたタイトルなんですね。
ニコ生でのコメントにもありましたが、出てきたトレーラーからは和風デモンズソウルといった印象を受けますし、実際「しにゲー」といったものになるようです。
おどろおどろしい妖怪が現れる世界観もそそられます。

ほかにはヴァニラウェアが開発に携わっている『十三機兵防衛圏』もちょっとした驚きでした。
ヴァニラなんで2Dアクションのような気はしますが、どういったゲームになるでしょうか?
『NEW ダンガンロンパV3』も続報に期待ですね。

発売予定が2016年となっているものが多く、経済的・時間的になかなかハードになりそうだなとも思いましたw
『ドラゴンクエストビルダーズ』が1月28日ってのは思っていたより近かったですね。

2年目となるPS4のソフトの充実をアピールするような発表で、昨年、一昨年も言いましたが、やはりバラエティに富んだラインナップであるとともに、今年はさらにクオリティの高まりを感じるタイトルも見受けられたように思います。

PSナウのサービス価格はどうかな?
3ヶ月で約6000円。
まぁ中古PS3ソフトでも2000円とかありますから、何本かがっつり遊び倒せるようなら元は取れるかな?

PS4本体価格の改定は予想外でした。
もう少し先になるのではと思ってました。
海外も含めそれなりに好調なPS4を、国内でさらに普及させるための攻めの姿勢を感じます。

性能面から言っても十分いい価格だと思いますね。
ファーストはもちろん、サードパーティからもPS4専用となるタイトルが増えるようですし、持ってない方は購入を検討してもいいのではないでしょうか。
PSナウでPS3ソフトも遊べるようになりますしね。

とまあ、人にPS4をオススメしてもいいのではと思えるカンファレンスだったのではないでしょうか(笑




関連記事:
SCEJA プレスカンファレンス 2014/2014年9月3日
SCEJA プレスカンファレンス 2013/2013年9月11日
SCEJプレスカンファレンス Pre-TGS2012/2012年9月19日


 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド