黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2015/05/09(土)


WiiU『スプラトゥーン』のオンラインマルチプレイを時間限定で試遊できる「試射会」版をプレイしました。
TPS(3人称視点シューター)はそこそこプレイ経験有りますが、マルチプレイ経験はほとんど無い人の感想になります。
また、以下のプレイ内容はあくまで体験版でのものです。



まずは本日12時から1時間行われた試射会に参加した際の様子を大まかに。



キャラクターを男女から選択。
肌の色と瞳の色も変更できます。



チュートリアル。
ZRで射撃。

カメラ操作は基本的にはゲームパッドを動かすジャイロ(傾き検知)操作になりますが、右スティックも併用できます。
ジャイロ併用の場合、右スティックでのカメラ操作に上下操作がなかったのが、個人的にかなり残念なところ。
設定でジャイロをオフにすると右スティックでのカメラ操作のみになり、上下左右反転も設定できます。



ZLを押しっぱなしでイカ状態になりますが、普通の地面だと何もできません。
自分の色のインクの中に入ることで、射撃で消費したインクを回復したり、フェンスを通り抜けたり、人型で歩くよりも速く移動して、勢い良くジャンプしたりできます。
その他にもボムなどありますが割愛。



チュートリアルを終え、4種の武器から一つを選んでオンラインプレイに参加します。



最初はローラーでプレイ。
かなり遊びやすかったですね。



撃たれてやられたり、死角から体当たりして倒せたり。



結構何回もやられたんですが、勝敗はあくまで床などを塗った面積比で決まります。
結果が出た後は続けてプレイするか、一旦離脱して武器を変えるなどすることができます。



その他の武器も試してみましたがスナイパーライフルのようなチャーザーが難しかったですね。
ランダムマッチになるので武器が偏ることもあり、チャーザー3人だと自分も含めまだ扱いに慣れていない人が多かったのか、厳しい印象でした。



またネット接続環境のせいか、自分以外の3人(正確には相手チームの1人も)がゲーム中にいなくなってしまうこともありました。
上画像で一番上でポイントを獲得しているのが私。
この辺、製品版で対処されるのか気になるところです。



といったところが昼の部プレイした印象になります。

さらに20時から1時間開催された試射会では「わかばシューター」をメインにプレイしてみました。

遊びやすく塗りやすく、対戦でも強い印象のローラーでしたが、向かってくるローラー相手にこちらは後ろにさがりながら射撃すると結構倒せましたね。
あるいは戦闘から離れて黙々と塗り進めていく敵ローラーの後ろを追ったりw

逆にローラーを使う場合はインクの中に潜って待ち伏せしたり、やはり相手の背後をついたりすると戦闘でも活躍できます。
どの武器を使うにしても戦う場合は相手の死角をつくと効果的でしょうが、勝敗は上でも述べたようにインクの面積比なので撃ち合いが苦手な人は敵に気をつけつつ、塗りに徹するのもいいかもしれません。

夜の部でチャーザーは使わなかったんですが、照準が安定すれば強力でしょうね。
右スティックカメラの上下操作の改善があればいいのですが。

あとゲームパッド画面のマップは全然見てなかったですね。
昼の部終えて気をつけようと思ってたんですが、夜もちらっとしか見てませんでした。
おかげで味方の元に駆けつけるジャンプも使わずじまい。
逆に飛んできた相手を一方的に撃つことのほうが多かったですねw
まぁ、敵が飛んでくるサインが見えるのはどうかと思いましたが。


総じて、楽しめたことは楽しめたんですが、色々とバランスやカメラ操作に若干の不安と不満を感じたのも事実。
もちろん繰り返すように、撃ち合いがメインというわけではありませんから、ユルく楽しめれば良いのかもしれません。
ただ、この試射会で購入を決断するまでには至らなかったというのが本音のところです。




関連記事:
PV 「スプラトゥーン」、「アサクリユニティ」、「サンセットOD」/2014年11月9日
ゲーム購入未定表 その15/2015年4月12日


2015年5月10日 カメラ操作に関する記述を修正。

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド