黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2014/10/24(金)


ダウンロード専用タイトルであるPS4版『アンフィニッシュド・スワン』を買いました。
ちなみに、PS3・PSV版とのクロスバイには対応していないようです。



亡き母が描き残した未完成の絵から逃げ出した白鳥を追うという形で物語が始まります。



真っ白な世界を主観視点で移動していきますが、当然、真っ白だとどこへ行けばよいのか分かりません。
L1・2、R1・2ボタンでインクボールを発射し、塗りつぶすことによってその造形が把握できるようになります。
そのほかの操作は、左スティックで移動、右スティックでカメラ操作、×ボタンがジャンプ。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、上の画像では中央のポインターの左に青いポインターが表示されています。
PS4コントローラーのタッチパッドは画面と相対関係になっており、パッドの触れた位置にポインターが現れ、パッドを押し込むことでその方向にインクを飛ばすことができます。
ただ、それほど使うことはないかな?



立ち止まっているより動くことで、より空間が把握できるというのは面白い。
あまり塗りつぶしすぎるのもよくなさそう。



インクを飛ばすことで、何もないと思っていたところから、突然カエル出現。
鳴き声が聞こえていたのでそういったものもヒントになりそうです。



隠し部屋もありました。



収集要素の風船。



絵本のような物語が朗読とともに出現することもあるようです。

白と黒、ときどき黄色のアートスタイルに、独特のゲームシステムで見えなかったものが見えてくるのはなかなか楽しいですね。
ただ、周囲をぐりぐり見回しながらインク飛ばしまくってたら、がっつり酔いましたw




関連記事:
気になったゲーム関連の話題 2013年9月27日
(日本ゲーム大賞2013 ゲームデザイナーズ大賞『The Unfinished Swan』)

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド