黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2014/09/23(火)
先々週から今日のものまで、気になったゲーム関連の話題を。



コンシューマソフト週間販売ランキングTop20 /4Gamer.net(9月10日)

2014年9月1日から7日までのソフト販売本数ランキング。

1位は3DS『妖怪ウォッチ2 元祖・本家』で6万3千本、初登場2位は3DS版『ドラゴンクエストX オンライン』で5万2千本、3位はPSV『討鬼伝 極』で2万6千本。
初登場タイトルとしてPS4版『戦国無双4』が1万1千本、PS3版『悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow 2』が5200本となっています。

また、集計期間中に発売となったXbox One本体は2万5千台。
対応ソフトでは『タイタンフォール』が発売記念同梱版も含めて8900本、『デッドライジング3』が7700本などとなっています。

箱1は5万台くらい行ったらいいなぁ、と思ってたんですが、市場として見るにはちょっと厳しい出だしでしょうか。


コンシューマソフト週間販売ランキングTop20 /4Gamer.net(9月17日)

2014年9月8日から14日までのソフト販売本数ランキング。

初登場1位は3DS『大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS』で94万4千本、同じく2位はPS4版『Destiny』で9万1千本、3位のPS3版と合わせると14万本、4位は3DS『妖怪ウォッチ2 元祖・本家』で4万7千本となっています。

前の週まで4桁台だったPS4本体の週間販売台数は『Destiny』や同タイトルとの同梱版の影響か2万3千台に伸びている一方、2週目となるXbox Oneの販売台数は3000台と大きく落ち込んでいます。



シリーズ初の携帯機向けタイトル『スマブラ for 3DS』が初週販売本数100万本を達成 /INSIDE(9月16日)

3DS『大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS』のダウンロード版を含む販売本数が、発売初日の9月13日と14日の2日間で100万本を達成したと発表。



まぁ当然なのかなとw



『絶対絶望少女』ネタバレ・プレイ動画に関する注意が公開、守らない人には「方向キーを接着剤で固めるの刑」 /INSIDE(9月22日)

9月25日発売予定のPSV『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』の公式サイトが更新され、ネタバレ・プレイ動画に関するお知らせが掲載。



ネタバレやネットでのプレイ動画の公開は禁じられ、破った者にはペナルティが科せられるようですが、キムチとコーラを混ぜた「キムコーラ」を一気飲みした者やユーモアのある面白い動画であれば、特別に1章までの動画を公開する権利が与えられるようです。

キムコーラはさて置き、シリーズ通して物語が重要なタイトルなので、ネタバレが無いよう、また、ネタバレに遭遇しないように心がけたいですね。



PS4/Xbox One版「グランド・セフト・オートV」の国内発売は12月11日。数量限定特典はシングル/GTAオンラインに向けた各50万ドルのゲーム内マネー /4Gamer.net(9月17日)

『グランド・セフト・オートV』のPS4版・XB1版の国内発売予定日が12月11日と発表。



「アサクリ ローグ」と同じ日ですね。
「GTA5」にするかな。



『D4: Dark Dreams Don't Die』の3つのコンセプトは“感覚再現”、“感情移入”、そして“100%エンディング到達”【TGS 2014】 /ファミ通.com(9月19日)

「東京ゲームショウ2014」開催初日の18日にXB1『D4: Dark Dreams Don't Die』のディレクターであるSWERY氏によって行われた同タイトルのプレゼンテーションに関する記事。



マイクロソフトのニコ生でも紹介されていましたが、なかなか良さそうでした。



“日本ゲーム大賞 2014”の経済産業大臣賞、ゲームデザイナーズ大賞、年間作品部門の各賞が決定【TGS 2014】 /ファミ通.com(9月19日)
2014年の“ゲーム大賞”は『モンスターハンター4』と『妖怪ウォッチ』がW受賞! 桜井政博氏が『ブラザーズ 2人の息子の物語』の魅力を紹介【TGS 2014】 /ファミ通.com(9月18日)

「日本ゲーム大賞 2014」が発表。

大賞は『モンスターハンター4』と『妖怪ウォッチ』の2タイトルが、優秀賞として『ポケットモンスター X・Y』や『The Last of Us』のほか『艦隊これくしょん ~艦これ~』などが受賞。
また、ゲームクリエイターらが選出する「ゲームデザイナーズ大賞」は『ブラザーズ 2人の息子の物語』が受賞しています。
その他、詳細やクリエイターによるコメント等はリンク先で。

「ブラザーズ」がデザイナーズ大賞か。
分からんではないですね。


“日本ゲーム大賞 2014”フューチャー部門授賞式での、喜びのコメントをご紹介【TGS 2014】 /ファミ通.com(9月22日)

「日本ゲーム大賞 フューチャー部門」の受賞12作品が発表。
「フューチャー部門」は東京ゲームショウ2014で発表、出展された未発売作品が対象となり、東京ゲームショウ来場者の投票と選考委員会の審査によって決定されます。

『メタルギア・ソリッド V: ファントムペイン』や『モンスターハンター4G』、『Bloodborne』などが受賞。
詳細やクリエイターのコメント等はリンク先で。



TGS2014期間中のインタビュー記事を2タイトル分。

[TGS 2014]小島秀夫監督が語る「METAL GEAR SOLID V」「P.T.」そして「Silent Hills」。合同インタビューをレポート /4Gamer.net(9月20日)

『メタルギア・ソリッド』シリーズなどを手がける小島秀夫氏への合同インタビュー記事。

「D4」もそうですが、ゲームでもエピソードごとにダウンロード販売するという形態も増えてくるかもしれませんね。


『Scalebound』がついにベールを脱ぐ!? 稲葉敦志氏や神谷英樹氏に最新動向を聞いた!【TGS2014】 /ファミ通.com(9月18日)
[TGS 2014]E3 2014で電撃発表された「SCALEBOUND」開発陣にインタビュー。神谷英樹氏が挑戦する「これまでに作ったことがない」ゲームとは /4Gamer.net(9月19日)

XB1『SCALEBOUDN』に関するインタビュー記事。

まだ言えないことが多いようですが、ジャンルとしては『デビル・メイ・クライ』や『ベヨネッタ』のような「3Dバトルアクション」ではないと仰ってますね。




関連記事:
PS3『Red Seeds Profile(レッドシーズプロファイル)』 感想/2010年5月21日
PS3『ブラザーズ 2人の息子の物語』を購入・プレイ・クリア/2014年1月29日
PV 『ベヨネッタ2』、『SCALEBOUND』、『Bloodborne』/2014年6月17日


 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド