黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2014/06/26(木)


予約していたPS4版『ウォッチドッグス』を受け取ってまいりました。
パッケージと初回特典のアートブック。



登場人物のイメージやアートワークなどのほか、『ウォッチドッグス』日本語版のシナリオ翻訳監修を担当した佐藤大氏プロデュースによる、寺田克也氏や神山健治氏らへのインタビュー記事も掲載されています。


ちょろっとプレイしてみました。
ハッキング操作は思っていたより難しくなかったですね。
画面内にハッキング可能なものがあればアイコンが表示されますし、□ボタンで簡単にハッキングできます。
あとはカットシーンのキャラクターのリアルさに驚きました。
グラフィックは町の観光などもしながら確認したいですね。

あえてちょっと残念に感じたところを言うと、決定ボタンが欧米基準の×ボタンに設定されている点でしょうか。
ほかのゲームでもあることなので別にマイナスではないんですが、そっちに合わせんのかぁ、みたいなw

まだまだ始まったばかりなので楽しみたいと思います。
『チャイルド・オブ・ライト』放置中ですが・・・(笑




関連記事:
PV 「Watch Dogs」、「インファマSS」、「deep down」、「ベヨ2」/2014年3月10日


 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド