黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2014/01/29(水)
28日にPSストアでの配信が開始されたダウンロード専用タイトル『ブラザーズ 2人の息子の物語』。
昨日、SCEから広告メールが来るまでどんな内容かも知らなかったんですが、Twitterで評価している人を見かけたり、PVで良さそうな感じだったので思い切って買ってみました。



物語の内容としては、2人の兄弟が病に倒れた父のために薬となるものを取りに旅立つといったもの。



特徴的なのが操作方法。
左スティックで兄を、右スティックで弟を動かし、レバーや壁の上れる場所などでL2、R2を押すと、兄・弟がそれぞれ対応したアクションを取ります。



2人で荷車を動かしたり、兄が弟を持ち上げたり、グライダーを傾けたり。
使うボタンは少なくてシンプルですが、同時にそれぞれを行動させようとすると混乱することもあります。
ただそれほど慌てる必要もなく、順番に行動させれば問題ないと思います。



後半に出てくる互いをロープでつないだプラットフォーミング(移動)シーンは面白かったですね。
一人が支点となって、もう一人が振り子の要領で遠くのポイントにつかまるというもの。
勿論、落ちるとゲームオーバーとなり直前のチェックポイントから再スタートとなります。



トロール(?)や巨人(死体)といったファンタジー世界のキャラクターも登場。
巨人のステージではCERO Dらしいゾッとする表現もあってビビったw



狼のいる不気味な夜の森やシャチのような生き物が海中からジャンプする氷の海など、ステージデザインも色々あって良かったですね。


初回クリアするのに約3時間半ほどかかりました。
全体的な難易度はそれほど高くないと思いますが、やや詰まったところも2、3ヶ所くらいあったかな。
ストーリーは、まぁ通常なら嫌いなものではないんですが、今の私はそれほど欲していない(笑)内容でした。

ただ、独特の世界と心に残る物語、なによりシンプルかつユニークな操作方法は是非、体験してもらいたいですね。
体験版も配信中なので気になる方はそちらをどうぞ。




関連記事:
3DS『New スーパーマリオブラザーズ 2』 感想/2012年8月22日


 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド