黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2013/09/02(月)
先週のものから今日のものまで、気になったゲーム関連の話題を。



コンシューマソフト週間販売ランキングTop20 /4Gamer.net(8月28日)

2013年8月19日から8月25日までのソフト販売本数ランキング。

初登場1位はPS3版『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE』で3万9千本、PSV版とあわせると5万8千本、2位は3DS『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ』2万本、3位は3DS『マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー』で2万本となっています。

そのほか初登場タイトルは『CONCEPTION II 七星の導きとマズルの悪夢』がPSV・3DS版合わせて2万3千本、PS3『ダンジョンズ&ドラゴンズ -ミスタラ英雄戦記-』が1万4千本、WiiU『The Wonderful 101』が5千本となっています。
「101」は1万本くらいは出ると予想してたんですが、かなり厳しい数字のように思います。



北米およびヨーロッパにて3D機能を省いた一体型の『ニンテンドー2DS』が発表! 発売日は現地時間の10月12日――日本展開は現時点ではなし /電撃オンライン(8月29日)

ニンテンドー3DSから3D立体視機能や折りたたみ構造などを省いた廉価版モデル「ニンテンドー2DS」が北米・欧州地域向けに10月12日より発売されるそうです。



玩具としてのイメージが強くなったというのが個人的な印象。
子どもやライト層をターゲットに、まずは広く普及させようという目的でしょうか。
そこからゲーム好き、ゲーマーを育てるような長期的な戦略があればなお良いと思うのですが、どうかな?

3D立体視は個人的に、ギミックとして楽しんでる部分なので、頑張ってもらいたいところではあります。



3DS『パズドラZ』の発売日が12月12日に決定! 最新オープニング動画も公開に /電撃オンライン(8月27日)

3DS『パズドラZ』の発売予定日が2013年12月12日と発表。
価格はパッケージ版が4400円、ダウンロード版が4000円の予定。



中川翔子さんが主題歌を歌うオープニングアニメのダイジェスト映像も公開されています。



3DS『ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル』が12月5日に発売決定! 完全版、廉価版、続編体験版の3つの意味を持つ作品 /電撃オンライン(9月2日)

昨年10月に発売された『ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー(BD FF)』に新システムの追加や改善を施した3DS『ブレイブリーデフォルト フォー・ザ・シークウェル(BD FTS)』が12月5日に発売予定と発表。
価格はパッケージ版が4990円、前作「BD FF」を所持しているユーザーは優待ダウンロード版が2900円で購入できるようです。



「BD FTS」ではバトルのテンポアップやセーブスロットの拡充、一部のイベントの見直しなどの改善のほか、現在開発中の続編に搭載されるバトルシステムが追加され、いわゆる完全版というよりはブラッシュアップ版のような感じでしょうか。
公式サイトにあるメッセージ読むと完全版と言いたいのか言いたくないのか、微妙なニュアンスを感じますw
新規ユーザーにとっても廉価版っていうほどでもないし。

「BD FF」は評判が良く、いずれやりたいと思っていたのでさらにブラッシュアップしたものが出るというのは、まぁありがたい。



稲船敬二氏が、新旧『ロックマン』関係者による新作横スクロールアクション『Mighty No.9』を発表、クラウドファンディングを開始 /ファミ通.com(9月1日)

かつてカプコンで「ロックマン」や「鬼武者」シリーズなどを手がけ、現在comceptで代表を務めるクリエイター稲船敬二氏が新作ゲームのためのクラウドファンディング(インターネットを通じて広く出資を募るシステム)を実施したそうです。
稲船氏の新作『Mighty No.9』はまさに「ロックマン」を髣髴とさせる横スクロールアクションで、PC向けに2015年春の配信を予定しており、出資額が伸びれば家庭用ゲーム機向けにも可能性があるようです。



comceptのアナウンスページにはイメージイラストや開発スタッフの紹介、出資者への特典情報などが掲載されています。

最低目標額である90万ドルは達成できそうですが、家庭用ゲーム機(PS3・Xbox360・WiiU)向け開発のための募集額は250万ドル(1ドル99円で2億4750万円)となっており、こちらのハードルは高そうですね。



「PlayStation Home」、日本を含むアジア地域での新規コンテンツの配信終了を発表 /4Gamer.net(8月30日)

日本におけるPlayStation Homeの新規コンテンツ配信が9月をもって終了となるそうです。

最近は全くやってなかったなぁ。
グランゼーラはどうするんでしょうか?




関連記事:
PV 「初音ミクmirai2」、「パズドラZ」、「Watch Dogs」、「ビヨンドTS」/2013年5月6日
PS Home 「大江戸 大商店と長屋」に行ってきました/2011年8月13日


2013/09/05(木)


予約していたPS3『パペッティア』を受け取ってまいりました。



予約特典のフィギュアストラップ。


体験版の次のステージ、第1章・第2幕までプレイしました。
一度クリアしたステージはいつでも再挑戦できるようで、子どもたちの魂を全て救ったり、ボーナスステージを発見したりとやり込みやすそうです。

インヤン(サポートキャラ)で背景をクリックするのがまた楽しいですね。
ムンピーが出てくるほかに、壁が崩れたり、子どもたちが隠れていたりと、そのリアクションが色々あって。

だいぶ涼しくなってきたので、放置気味の『KILLER IS DEAD』とともに進めていこうと思いますw




関連記事:
PS3『パペッティア』に高橋名人ヘッド登場!?/2013年8月31日
PS3『パペッティア』体験版をプレイしました/2013年8月30日
PS3『KILLER IS DEAD』 プレイ中 その3/2013年8月18日



2013/09/08(日)
うっすらネタバレになり得る内容が含まれているかもしれません。
ご覧になる方はご注意ください。


PS3『パペッティア』、かなり楽しんでおります。
現在3章までクリアしました。



ボス戦では初見では対応しにくい状況もあったりするので、観察は大事です。
ダメージ受けても、外れた頭、回収すれば大丈夫なんですけどね。



ボス戦でも特定のヘッドアクションを取ることで、プレイヤーにとって有利な反応が起こることがあります。
ここではボスの尻尾の鉄球がフワフワしたものに変化し、叩かれてもダメージになることはありません。



ヘッドコレクションが別で閲覧することができ、手に入れたことのないヘッドがどこで出てくるかのヒントも書かれています。



ゲームプレイは勿論楽しいんですが、それ以上に舞台的な演出やストーリーテリングが楽しいです。
このステージでは水場を表した布(?)の内側から照明が当たり、おたまじゃくしの影が動いています。
3D立体視での奥行きの深さはあまり感じられないんですが、それでもセットがそこにあるように感じられました。



突然歌いだす、ミュージカル的な演出も見ていて面白い。
キャラクターのアニメーションも見事です。




関連記事:
PS3『パペッティア』、買てっ来た/2013年9月5日
PS3『パペッティア』に高橋名人ヘッド登場!?/2013年8月31日


2013/09/11(水)
2013年9月9日15時から、ソニーコンピューターエンターテインメント・ジャパンアジア(SCEJA)によるPlaySatation関連情報の発表会「SCEJA Press Comference 2013」が行われました。
その様子はUstreamやニコニコ動画を通じて配信されており、現在もUstream配信ページ等で見ることができますが、私のほうでも遅ればせながらざっくりとまとめておきたいと思います。





SCEJAプレジデント・河野弘氏が登壇し挨拶。
PS Vitaは価格改定やヒットタイトルによって好調に推移しているとアピール。

新型PS Vita(PCH-2000)のムービーが上映されお披露目。
2013年10月10日から19929円(以下、価格はすべて税込み)で発売予定と発表。
PSV専用メモリーカードの価格改定、新たに64GBモデルの発売が発表。

共闘ゲームタイトル紹介ムービーと共闘先生(生瀬勝久さん)からのメッセージ・イベント告知VTRが上映。



つづいてPSV向け新作共闘ゲームタイトルの紹介。
『ガンダムブレイカー』、『GOD EATER 2』。



『ソウル・サクリファイス デルタ』が発表。
comceptの稲船敬二氏が登壇し、講演。



SEGAの酒井智史氏が登壇し、まずはPC版『ファンタシースターオンライン2』での不具合に関し謝罪。
PSV専用新作ソフト『ファンタシースター ノヴァ』の発表、PVの公開。



さらにPSV向け発売予定タイトルの発表。
『ラブライブ』、『影牢 ダークサイドプリンセス』、『戦国無双4』、PSV版『テラリア』、だんろん部ではなく『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』。



PS Vita本体のオトメイト限定モデルの紹介と『ファイナルファンタジーX』『X-2』モデルの発表。
PSプラスの紹介。



今後発売予定のPSV向けタイトルのラインナップ映像が上映。
『英雄伝説 閃の軌跡』、『無双OROCHI2 Ultimate』、『サカつく プロサッカークラブをつくろう!』、『ダンガンロンパ 1・2 Reload』、『実況パワフルプロ野球2013』、『ガンダムブレイカー』、『AKIBA'S TRIP 2』、『GOD EATER 2』、



『新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~』、『真・三國無双7 with 猛将伝』、『ドラゴンズドグマクエスト』、『テラウェイ ~はがれた世界の大冒険~』、『ファイナルファンタジーX HDリマスター』・『X-2 HDリマスター』、『ソウルサクリファイス デルタ』、『ラブライブ! School idol paradise』、『初音ミク -Project DIVA- F 2nd』、



謎の『艦隊これくしょん ~艦これ~』から謎の赤城が謎のカットイン、



『ファンタシースター NOVA』、『フリーダムウォーズ』、『うた組み575』、『ダンガンロンパ 絶対絶望少女』、『テラリア』。





続いてPS3ソフトの好調と『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』が生産出荷50万枚突破をアピールし、今後発売予定のPS3タイトルの一部のラインナップ映像が上映。



『アーマードコア VERDICT DAY』、『rain』、『グランド・セフト・オートV』、『テイルズオブシンフォニア ユニゾナントパック』、『BEYOND: Two Souls』、『ブレイブルー CHRONOPHANTASMA』、



『BOOK OF SPELLS』、『ロックスミス2014』、『信長の野望・創造』、『モンスターハンターフロンティアG』、『ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII』、『スーパーロボット大戦 OG INFINITE BATTLE』、



『ウォーキング・デッド』、『バットマン アーカム・ビギンズ』、『ドラッグオンドラグーン3』、『エースコンバット INFINITY』、『戦国BASARA4』、『Jスターズ ビクトリーバーサス』、『DARK SOULS II』。



ポリフォニー・デジタルの山内一典氏が登壇し、『グランツーリスモ6』に関する講演と発表。
PVが公開され、日本で2013年12月5日発売予定と発表。





いよいよPS4に関する発表。
日本での発売予定日が2014年2月22日、希望小売価格が41979円、PSカメラ同梱版が46179円と発表。

北米、欧州と比べ日本での発売が遅くなる点に関して、日本での国内外有力タイトルが揃うタイミングを社内で検証、パブリッシャーとの議論の結果、前述の発売日が最善と判断したと説明。

発売が遅れる代わりに日本向けに、PS4『KNACK』のダウンロード用コードが同梱となる「PlayStation4 First Limited Pack」が数量限定で用意されていると発表。



SCEワールドワイドスタジオ(WWS)の吉田修平氏が登壇、『KNACK』の紹介。
新しい日本語吹き替えPVが公開。



PSカメラを使ったARソフト『THE PLAYROOM』の紹介。



PS4タイトルラインナップ映像の上映。
『アサシンクリード4 ブラックフラッグ』、『KILLZONE SHADOW FALL』、『Doki-Doki Universe(仮)』、『とってもE麻雀ぷらす』、『DRIVECLUB』、『KNACK』、『NEED FOR SPEED RIVALS』、『ニコリのパズル4 数独』、



『バトルフィールド4』、『FIFA14 ワールドクラスサッカー』、『Hohokum』、『RESOGUN』、『inFAMOUS Second Son』、『Wolfenstein: The New Order』、『PSYCHO BREAK』、『Thief』、



『ストライダー飛竜』、『DYING LIGHT』、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』、『ウィッチャー3 ワイルドハント』、『WATCH DOGS』、『KINGDOM HEARTS III』、



『ザ・クルー』、『The Order: 1886』、『ファイナルファンタジーXV』、『ファントムブレイカー: バトルグラウンドオーバードライブ』、『METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN』。



『WATCH DOGS』、『PSYCHO BREAK』のPVが公開。



コーエーテクモの鈴木亮浩氏が登壇、PS4版『真・三國無双7 with 猛将伝』が2014年2月22日発売予定と発表、紹介。



セガの名越稔洋氏が登壇、『龍が如く 維新!』のPVと武市半平太を演じた高橋克典さんからのビデオメッセージを公開。
PS4・PS3で2014年2月22日発売予定と発表。



『リリィベルガモ』のムービーが公開され、ガンホーの森下一喜氏、グラスホッパーマニファクチュアの須田剛一氏が登壇、漫才で同タイトルを紹介。



角川ゲームスのファンタジーシミュレーションRPG、PS4・PS3・PSV『ナチュラル・ドクトリン』が発表。
アークシステムワークスのPS4・PS3『ギルティギア イグザードサイン』が発表。
レベルファイブの『ワンダーフリック』の紹介。



D3パブリッシャーからPS4向け『地球防衛軍』新作リリースのアナウンス、PS4『ドリームクラブ ホストガール オンステージ』の発表。
バンダイナムコからPS4向けに「ガンダム」タイトルと『アイドルマスター』新作のリリースが発表。



カプコンの小野義徳氏が登壇、PS4『Deep Down』のPVが公開、実演デモや映像を交え同タイトルを紹介。


河野氏が登壇し、SHAREボタンによるニコニコ生放送での配信対応を発表、インディー(独立系)デベロッパーへのサポートを表明。
PS3版購入者向けに同一タイトルのPS4デジタル版をディスカウントで購入できるサービスの発表、そのほかPSプラスやMusic Unlimitedなどのオンラインサービスの紹介。

PS4の予約受付は10月5日から開始と発表。



SCEグループCEOのアンドリュー・ハウス氏が登壇し、PlayStation Vita TVを発表。
11月14日に9954円、DualShock3と8GBメモリーカードとのセットが14994円で発売予定と発表。

最後にスーパーファンタジックリア充イメージ映像が流れカンファレンス終了。




感想をちょろっと。

PS4発売予定日に関して、予想としては欧米同様11月、遅くても年内かなと考えていたんですが、来年2月というのはやはり「ちょっと遠いなぁ」と感じましたね。
ロンチでの購入は未定ではありますが、同時期に盛り上がりがあったほうがいいような気もしましたし。

勿論、ソフトを揃える必要があるというのはその通りだと思います。
個人的には『WATCH DOGS』や『アサシンクリード4』など、海外タイトルのPS4版も魅力的に思うのでロンチで国内メーカータイトルが少なくてもそれほど困ることはないと思いますが、広く訴求するためには必要な判断でしょうか。
まぁそれら洋ゲーのローカライズにも時間かかるでしょうし。

『KNACK』のDLコード付き初回限定セットはちょっと惹かれます。
ほかの国産タイトルの発表も待って考えたいですね。


一方でVitaやPS3の発売予定ラインナップを見ると、いっぱい出るなぁ、バラエティに富んでいるなぁと感じます。
新たに発表されたものでは『ソウルサクリファイス デルタ』と『影牢』にグッときました。
「艦これ」はやっていないんですが映像の作り方が上手いなぁと思いましたね。
ニコ生のコメントでも突然のカットインに盛り上がっていたようですしw

PS Vita TVは面白いアイテムだとは思いますが、今のところは興味ないw


PS4の発売予定日はうっすら残念に感じましたが、各ハード向けに多くのタイトルが用意され、色んな意味でPlayStationの幅の広さを感じたカンファレンスでもありました。




関連記事:
SCEJプレスカンファレンス Pre-TGS2012/2012年9月19日
E3 2013 ソニーカンファレンス/2013年6月13日


2013/09/12(木)
先週のものから今日のものまで、順序はバラバラですが気になったゲーム関連の話題を。



コンシューマソフト週間販売ランキングTop20 /4Gamer.net(9月4日)

まずは先週発表された、2013年8月26日から9月1日までのソフト販売本数ランキング。

初登場1位はPS3『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』で42万5千本、同じく2位はPS3版『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』で18万4千本、同じく3位はPSV『ラグナロク オデッセイ エースで3万1千本となっています。

「ジョジョ」はヒットした反面、格闘ゲームとしてはネガティブな評価も目立っているようですね。


コンシューマソフト週間販売ランキングTop20 /4Gamer.net(9月11日)

続いて昨日発表された、2013年9月2日から8日までのランキング。

初登場1位はPSP『うたの☆プリンスさまっ♪ MUSIC2』で6万8千本、同じく2位はPS3版『スプリンターセル ブラックリスト』で2万2千本、Xbox360版と合わせると2万7千本、3位はPS3『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』で1万9千本となっています。

そのほか初登場タイトルでは『デッド・オア・アライブ5 アルティメット』がPS3・Xbox360版合わせて2万3千本、PSV『KILLZONE: MERCENARY』が1万1千本、PS3『パペッティア』が8900本となっています。

『パペッティア』は厳しい数字ですね。
「ジョジョ」に突撃したか、「モンハン4」待ちで動かなかったユーザーが多かった、などと理由付けしたいところです。
宣伝など売り手のほうにも課題があるにしても、こうした新規IPにチャレンジするゲーマーが少なかったというのは残念に思います。

にしても「うたプリ」すげぇな。



新型PS Vitaが10月10日に1万9929円(税込)で発売。ディスプレイは液晶パネルに変更 /4Gamer.net(9月9日)

PlayStation 4の国内発売は2014年2月22日、価格は4万1979円(税込)。PlayStation Camera同梱版も販売 /4Gamer.net(9月9日)

9月9日に開催された「SCEJA Press Conference 2013」にて、PlayStation関連のタイトルや製品、サービスなどの発表が行われました。



PlayStation Vitaの新型モデルが10月10日に発売予定と発表。
さらに丸みを帯びたデザインとなり、薄型・軽量化も図られ、1GBのメモリーカードが内蔵、ディスプレイが有機ELから液晶に、USBケーブルも専用のものから一般にも使われるマイクロB端子のものになるようです。
また専用メモリーカードの価格も、例えば32GBの9500円が6804円(税込)になるなど、9月10日から改定が実施されるそうです。



PlayStation4の日本での発売予定日は来年、2014年2月22日と発表。
価格41979円(税込)。
PS4『KNACK』のダウンロード用コードがセットになったものや、PlayStationカメラが同梱された限定パックもあるようです。



新型Xbox 360が2013年9月19日より発売開始&新型本体発売記念キャンペーンも開催 /ファミ通.com(9月12日)

E3 2013で発表された新型Xbox360本体が日本でも9月19日から発売予定と発表。
HDD250GBモデルが29800円、4GBが19800円。



また、数量限定で『Halo 4』と『トゥームレイダー』のダウンロードコードがセットになった250GBバリューパックが24800円で販売されるそうです。



『悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow 2』がPS3とXbox 360で2014年発売決定、『キャッスルヴァニア Lords of Shadow 宿命の魔鏡 HD EDITION』は2013年配信に /ファミ通.com(9月10日)

『悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow 2』がPS3・Xbox360向けに2014年発売予定と発表。
また、海外でアナウンスされていた『キャッスルヴァニア ロードオブシャドウ 宿命の魔鏡 HD』も、PS3・Xbox360向けダウンロードタイトルとして2013年内に配信予定と発表。



これらの発表を記念して9月19日から9月30日までの期間限定で、PS3・Xbox360用ダウンロードソフト『悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair』がそれぞれのストアでの価格の半額で販売されるそうです。

「ロードオブシャドウ2」から「キャッスルヴァニア」ってタイトルはやめるのかな?



『ドラゴンズクラウン』第2弾アップデートが本日配信! ウィザードの魔法やアマゾンのネックスプリッターが強化 /電撃オンライン(9月3日)

9月3日にPS3・PSV『ドラゴンズクラウン』のアップデート第2弾が実施。
特定キャラクターの機能追加や改善、システムの改善などが行われたようです。



装備品の耐久値がバーで表示されたり、ダンジョンでは画面の下にキャラクターがどのラインにいるか分かるよう三角マークが表示されるようになりました。
細かいところまで修正されるのは良いですね。



TSUTAYA、ファミコン生誕30周年記念デザインのニンテンドープリペイドカードとダウンロードカード販売決定 /iNSIDE(9月4日)

ファミコン生誕30周年記念として、ファミコンのコントローラーデザインのニンテンドープリペイドカードが9月19日より販売されるそうです。



Iコン、IIコン、合わせて2000円というのも上手い売り方ですw




関連記事:
PS3『パペッティア』 プレイ中/2013年9月8日
SCEJA プレスカンファレンス 2013/2013年9月11日
E3 2013 マイクロソフトカンファレンス/2013年6月12日


2013/09/14(土)
ネタバレになり得る内容が含まれます。
ご覧になる方はご注意ください。


PS3『パペッティア』、現在、第6章・第2幕までクリアしました。
物語もそろそろ終盤です。



ゲームを進めていくうちにクウタロウ(主人公)は4つのヒーローヘッドを手に入れ、それに応じた能力が使えるようになります。
シールドで敵の攻撃を防いだりはね返したり、爆弾を敵やバクダンマークがついたものに投げつけることができたり、



チェーンを敵やフックに引っかけ引き寄せたり、落下頭突きができるようになったりします。



ストーリー上、ヒーローヘッドをまだ手に入れていないステージでもそれらのアクションが使えるポイントがあり、能力を手に入れた後でステージセレクトから再プレイすることで反応が楽しめます。



このポイントでは次々と現れるカニを砲台を使って撃つ、インベーダーゲームのようなミニゲームが出現しました。



再プレイで気づくことも多いです。
第4章・第3幕ではピカリナで家の窓を調べることで様々な反応があります。
この部屋には赤ちゃんがいましたが、とあるアクションを取ることで一瞬にして大きくなったりします。

本当にこういった小さなネタが色んなところに隠されていて、楽しむ以上に感心させられます。



また、これも再プレイで気づいたことで、このステージのボス・ブル将軍戦ではステージギミックを発動させてから高いところに上って戦うようですが、1度目のプレイではそれらギミックに気づかず、タイヤでのジャンプだけで倒しましたね。
ステージギミックを使わずにハサミアクションで通れるルートもあったりするのは、制作者も狙ったところなんでしょうか?



各ステージでは特定のヘッドアクションを取ることでボーナスステージへ行くことができます。
ボーナスステージでは次々と現れるムンピーと呼ばれるアイテムを時間内に全て取ることがひとつの目標となりますが、初見では失敗することも多いです。
一度行ったボーナスステージはトップメニューからいつでもチャレンジすることができます。



ボーナスステージも色んなデザインがあります。
メニューからのボーナスステージチャレンジで獲得したムンピーも本編に反映させることができるので、ここでたくさんクウタロウの残機(?)を増やすのもいいかもしれません。
まぁ、本編で普通にムンピー拾っていっても十分、残機は増えますけどねw




関連記事:
PS3『パペッティア』 プレイ中/2013年9月8日
PS3『パペッティア』に高橋名人ヘッド登場!?/2013年8月31日
PS3『パペッティア』体験版をプレイしました/2013年8月30日


2013/09/16(月)
ネタバレになり得る内容が含まれます。
ご覧になる方はご注意ください。


PS3『パペッティア』本編クリアしました。
随所に作り込みや遊び心が感じられる良作だと思います。



ハロウィンステージのライティングがキレイです。



ハリボテの巨大カボチャの中に入ると影が大きくなる。



太ってしまった(という設定の)主人公の体内で小さな主人公が脂肪をカットすることで、転がって進んでいくステージ。
こんなゲームが他にあるでしょうか?w



ネビュラは最初、セリフから、地球の子どもの魂が入ってるのかと思ってましたが、思春期いわゆる“中二”的な子なのね。
ドラキュラの独白も良かったw



某○ィズ○ーっぽいウサギとティーパーティー。
ストーリー進行パートで、上からのアングルになる演出がところどころあるのも印象的でした。



ゲーム中の3D立体視はやや物足りなさもありましたが、ドラゴン戦の演出ではなかなかの存在感。



横スクロールアクションではよくある、滑る氷の床。



とあるボーナスステージ。
藤原啓治さんの声で「ヒバゴン」と聞くと、PSV『特殊報道部』の「ヒダゴーン」を思い出すw




ちゃんとした感想はまた、もう少しやり込んでからになるかと思いますが、ゲームが好きだという人には是非、触れてもらいたい作品です。




関連記事:
PS3『パペッティア』 プレイ中 その2/2013年9月14日
PS3『パペッティア』 プレイ中/2013年9月8日
PSV『特殊報道部』読了 3DS『怪獣が出る金曜日』半額購入/2013年5月29日


2013/09/19(木)
先週のものから今日のものまで、気になったゲーム関連の話題を。



コンシューマソフト週間販売ランキングTop20 /4Gamer.net(9月18日)

2013年9月9日から15日までのソフト販売本数ランキング。

初登場1位は3DS『モンスターハンター4』で171万5千本、同じく2位はPS3『AKB1/149 恋愛総選挙2』で2万7千本、同じく3位はPSP『ブラザーズ コンフリクト ブリリアントブルー』で1万5千本。
また、PS3『パペッティア』は3500本で17位にランクイン、パッケージ版の累計1万2千本となっています。

「モンハン4」は初週150万本は出ると予想していましたが、かなりの数字。
公式に出荷200万本との発表もありましたし、ダウンロード版も含めるとさらに大きな数字になっているかもしれません。
前の週まで4~6万台ほどだった3DS LLの本体の週間販売台数も「モンハン」効果か、23万6千台を売り上げているようです。



「シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール」が2014年春に発売。東京ゲームショウ2013でのプレイアブル出展も決定 /4Gamer.net(9月13日)

『ファイナルファンタジー』シリーズの楽曲を使ったリズムゲーム3DS『シアトリズム ファイナルファンタジー』新作として、楽曲やキャラクター、モンスターがボリュームアップした3DS『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』が2014年春発売予定と発表。



完全版というわけではないのかな?



多数の『ジャンプ』ゲームを遊べる『Jレジェンド列伝』からさらなる収録タイトルが判明! 収録総数は10本以上 /電撃オンライン(9月17日)

11月7日発売予定の3DS『バンダイナムコゲームス PRESENTS Jレジェンド列伝』にはSFC『幽☆遊☆白書』やFC『ドラゴンボール 大魔王復活』、FC『ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人』が収録されることが新たに発表。
また初回生産分のパッケージにはFC『ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!』のダウンロードコードが特典として封入されるそうです。



「幽遊白書」はちょっとそそられてしまいます。



「DARK SOULS II」PS3版/Xbox 360版は2014年3月13日発売。武器の“ミニチュア”やアートワークブックなどをセットにした数量限定版も登場 /4Gamer.net(9月19日)

『ダークソウル2』の発売日が2014年3月13日に決定! 23日にプレイできるネットワークテスト版について新情報もお届け /電撃オンライン(9月19日)

PS3・Xbox360『DARK SOULS II』の発売予定日が2014年3月13日と発表。
電撃の記事にはディレクターの谷村唯氏への質疑応答も掲載されています。



数量限定となる「コレクターズエディション」も用意されており、特製ケースに入ったミニチュア武器セットやアートブック、マップとオリジナルサウンドトラックCDが同梱。
通常版の早期購入者向けの数量限定特典としてはマップとサントラCDが付くようです。



ニンテンドー3DS『進撃の巨人』、発売日は2013年12月5日! 詳細も判明! /ファミ通.com(9月19日)

『進撃の巨人』をゲーム化した3DS『進撃の巨人 ~人類最後の翼~』の発売予定日が2013年12月5日と発表。
ジャンルはアクションゲームでローカルでのマルチプレイもあるようです。
リンク先にはスクリーンショットも掲載されています。



立体機動アクションが再現されるでしょうか。
3DSでの3Dアクションにはちょっと不安もあります。



『rain』PS Plusにて“TGS体験版”の期間限定配信が決定、東京ゲームショウ2013ではノベルティグッズの配布も実施 /ファミ通.com(9月14日)

PlayStationプラス加入者向けにPS3『rain』の先行体験版が9月19日より9月25日の期間限定で配信中。
また、9月30日までダウンロード予約キャンペーンも実施されています。



丁度先日、PSプラス再加入したので体験版やって、たぶん予約もすると思います。



『BAYONETTA(ベヨネッタ)』が『BAYONETTA Bloody Fate』としてアニメ化! 11月23日より劇場上映 /ファミ通.com(9月19日)

『BAYONETTA』が長編アニメ化され、『BAYONETTA BLOODY FATE』として公開されるそうです。
公式サイトも開設され、ストーリーやキャラクターの紹介、トレーラーなどが掲載されています。



1作目のストーリーを描くんでしょうか?



稲船敬二氏の新作横スクロールアクション『Mighty No.9』のPS3/360/Wii U版の開発が決定 /ファミ通.com(9月18日)

クラウドファンディング(インターネットを通じて出資を募るシステム)で出資を募っていた、comceptの稲船敬二氏が手掛ける新作ゲーム『Mighty No.9』。
PC版の制作に必要な目標額は既に達成していましたが、PS3・Xbox360・WiiU版制作のための目標額も達成されたようです。



当初の目標額の250万ドルから220万ドルへ変更され、それでもハードルは高そうに思ってましたが、無事と言いますか、達成できてコンシューマーゲーマー的には良い話ですね。



さまぁ~ずの三村さんがPS3『パペッティア』をプレイされたようです /Twitter(9月19日)


ステm・・・?(笑
ご家族でも楽しんでいただきたいです。




関連記事:
3DS体験版「バイオリベレ」「MGS SE3D」「シアトリFF」「リズム怪盗」を体験/2011年12月28日
気になったゲーム関連の話題 2013年7月24日
(「Jレジェンド」収録タイトル)
PV 『BAYONETTA 2』、『Dark Souls II』、『TEARAWAY』/2013年6月25日
PS3『パペッティア』 観劇終了/2013年9月16日


2013/09/20(金)
9月19日から25日までの期間限定でPlayStationプラス加入者は、10月3日配信予定のPS3『rain』の体験版を先行してプレイすることができます。
丁度先日、再加入していたのでダウンロードしてプレイしてみました。





導入のムービーはモノローグと水彩風の絵で進行。

熱を出して寝ていた少年。
降り出した雨に誘われて窓の外を眺めると透明の少女の姿を見つける。



雨はまた、怪物の姿も浮かび上がらせた。
逃げる少女と追う怪物は光の扉を通り抜け、少年も後を追って扉へ入っていく。
姿を失った少年はたどり着いた雨の降る夜の町で、少女の後姿を追いかける。



そんな感じでゲームプレイ開始。
ちなみにムービーシーンはスタートボタンでスキップできます。
操作は左スティックで移動、を押しながらで走り、×でジャンプや段差を上り、先へ進みます。
ゲーム中でもストーリーテキストが空間に張り付いたように表示されます。



場面によってはセレクトボタンを押すことでヒントを見ることもできます。



あまり高いところから落ちるとゲームオーバー、直前のチェックポイントから再開。



雨に打たれている間は少年の姿は見えますが、屋根のある場所などに入ると見えなくなってしまいます。



で調べる。



先へ進むと先ほど調べた扉を壊して四本足の怪物が現れます。
襲われると一発でゲームオーバー。
屋根のある場所へ逃げ込むと、怪物は少年の姿を見失います。



怪物たちの目を盗んで屋根のある場所を渡り歩いたり、道をふさぐ怪物を大きな水溜りを踏む音でおびき出したりして先へ進みます。



怪物にわざと見つかって誘導し、邪魔な物を壊させたりしてルートを開放する場面もあります。



そんなこんなで少女を追いかけ、体験版は終了。



ちょびっと感想を。

水彩画のイントロと暗く重たい雨の町の対比、BGMなど、雰囲気は申し分なくいいですね。
結構怪物たちがうろついているため、意外とアクティブな場面も多く、怪物をおびき寄せるシーンでは2、3度ゲームオーバーになりました。
多少、遠回りしたり試してみたせいもありますけどね。
雨の中でのんびり謎解きパズルゲームというわけではなさそうw

雨が降っていない場所だと少年の姿が見えないのでちょっと不安になり、雨が降っている場所へ出ると安心するものの、怪物がいるとそうも言っていられないという、このプレイヤーとしての感覚は面白かったですね。
Wii『影の塔』で感じたものと似ている気がしました。

特に問題なく購入予定、というか予約します。




関連記事:
気になったgamescom2012関連の動画/2012年8月17日
(「rain」1stトレーラー)
気になったゲーム関連の話題 2013年5月31日(「rain」ストーリービデオ)
Wii『影の塔』 感想/2010年8月3日

2013/09/22(日)
最近公開された『メタルギアソリッド5 ファントムペイン』、『ゲームセンターCX 3丁目の有野』、『ソウルサクリファイスデルタ』、そして『グラビティデイズ』制作チームの動画を放り込んで起きます。





E3 2013で公開された『Metal Gear Solid V: The Phantom Pain』のトレーラーの日本語吹き替え・字幕付き版が公開。
暴力的表現・出血表現等が含まれます。
ご覧になる方はご注意ください。


早いとこ「ピースウォーカー」やらんと。



2014年1月23日に発売が決定した 『ゲームセンターCX 3丁目の有野』のPVが公開─ 有野の挑戦in武道館のチケット販売も直前 /iNSIDE(9月13日)

3DS『ゲームセンターCX 3丁目の有野』の発売予定日が2014年1月23日と発表。
公式サイトが開設され、収録されるゲームの紹介やPVなどが掲載されています。



なんとなくグラフィックのレトロ感が今ひとつのように感じましたが、ゲームに含まれているアイデアは面白そうです。





おそらく東京ゲームショウ2013の試遊会場で流れていたと思われる、しゃべる本・リブロムによる『ソウルサクリファイスデルタ』解説動画。

新しい魔法や前作から既存の魔法でも新たに追加された効果などが紹介されています。
「お姉さん魔法」ってなんだ?w



[TGS 2013]「GRAVITY DAZE」次回作は“鋭意制作中”。Team Gravityのメッセージトレイラー公開。プレコミュには外山圭一郎氏のメッセージも /4Gamer.net(9月19日)

PSV『GRAVITY DAZE』を手がけたTeam Gravityのメッセージトレーラーが公開。



特に具体的な名称やゲーム内容があるわけではなく、次回作制作をアナウンスする程度の動画ですが、描かれている街の様子などにはちょっと目を奪われました。
勿論これが実際のゲーム画面と同様のものなのかは不明ですが。




関連記事:
『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』 GDC2013トレーラー/2013年4月2日
DS『ゲームセンターCX 有野の挑戦状2』を買いました/2011年6月1日
PSV『グラビティデイズ』 感想/2012年11月29日


2014年2月19日 『GCCX 3丁目の有野』PVのタグを修正

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. |  次のページへ

 / Template by パソコン 初心者ガイド