黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2013/03/01(金)
昨年末頃のものも含めて、最近買ったマンガなどをいくつか。
ホントはここに劇場版『図書館戦争』BDも入れたかったところですが。



バイオハザード ダムネーション
ブルーレイ IN 3D



左はキャンペーン用カバー、中央がスリーブ、右がデジパック仕様のパッケージ。



ブックレット付き。

内容としてはリッカー大活躍、タイトスカートアクションシーンも見所のひとつ(笑
3Dを意識したカットが多めなのは致し方ないところでしょうか。
ギャグ映像もいまひとつだったかな。



進撃の巨人 第9巻(限定版)/諌山創


言葉を話す巨人、コニーの村と動けない巨人。
謎ばかりがふくらみます。
そういやアニメ化されるんでしたね。



8巻のミカサキーホルダーと同じようなタイプのリヴァイキーホルダー。



ほんとにあった!霊媒先生 第13巻/松本ひで吉


松本ひで吉さんの妖怪検定4コマが本編w
侵略し隊がケロロ小隊に見えてきた。



ケモノキングダムZOO 第2巻/もち
なめこ文学全集
なめこでわかる名作文学 第1巻/画:小鳩まり



「ケモノ」
残念ながら最終巻。
1巻ではオオワシが、2巻ではライオンが主役となっているのがちょっと乗りづらかったですね。
勢いのあるギャグシーンは面白かったです。

「なめこ文学」
「蜘蛛の糸(芥川龍之介)」や「源氏物語(紫式部)」などの名作文学を、登場人物を「なめこ」シリーズのキャラクターにしてマンガ化した作品。
蜘蛛の糸や耳なし芳一などはキャラクターがなめこだと作品がユルくなってしまいますね(笑
クモの糸がぬるんっと垂れてくるのが良かった。



オトメン(乙男) 第17、18巻/菅野文
夏目友人帳 第15巻/緑川ゆき



「オトメン」
かーちゃんのホラーがだいぶ続き(笑)、その間、寂しい感じもありましたが大団円。
最後の構成は戸惑いましたが、大事なシーンは最終回にということかな。
確かに「オトメン」は飛鳥と充太の物語でもあったなぁ。

「夏目」
ニャンコ先生はホント夏目がピンチにならんと役に立たんなw
藤原夫妻の話、「塔子と滋」が素晴らしく、最後の数ページで泣けてしまいます。
カラスを見送る場面に色んなものが集約されている気がします。




関連記事:
最近買ったマンガ・書籍 2012年10月12日
バイオハザード ディジェネレーション/2009年3月26日


 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド