黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2013/01/13(日)


『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』がKindle Fire(HD)に対応したということでダウンロードしてみました。
基本無料で、課金が発生するのはガチャを回すのに必要なアイテム魔法石を購入する場合ですが、魔法石はゲーム内やイベントなどで入手できるようです。



ダンジョンをいくつかプレイしてみました。
パズルの動かし方にはコツがいるようですね。
モンスター図鑑や成長要素もあり、やり込むとなるとなかなか大変そうですが、同時に面白そうでもあるので、長く遊ぶようならいくらか代価を支払いたいと思います。




関連記事:
『ジョジョの奇妙な冒険』 第1部 デジタルフルカラー版を購入/2013年1月7日
Kindle Fire HDを購入/2012年12月19日


2013/01/16(水)
日本では明日1月17日発売予定のPS3・Xbox360『DmC: Devil May Cry』(PC版は2月28日発売予定)。
海外でも今週発売ということでゲーム情報サイト等でレビュー記事がアップされています。
レビュースコア平均点はN4G.comで8.5/10点、metacritic.comで86/100点(Xbox360版)となっています。
(2013年1月16日時点)

N4Gで見てみると平均点通り、ほぼすべてのレビューで8点以上の点数を付けられています。
メーカーに対するバイアスでもかかってるのではと疑いたくなりますが(笑)、いくつか誤訳上等で読んでみました。



『DmC: Devil May Cry』はカプコンの『デビル・メイ・クライ』シリーズの要素を引き継ぎ、新しくリブート(再起動)させたアクションゲーム。
開発には『ヘブンリーソード』や『エンスレイブド』を手がけたNinja Theory(ニンジャセオリー)が携わっています。


ほとんどのレビューで特に評価されているのが戦闘システム。
エンジェル、デーモン、2つの異なる特性を持つ攻撃モードを使い分け、様々なコンボをつないでいける点や、武器や攻撃モードをスムーズに切り替えられる点が好評のようです。

そのほかプラットフォーミング(移動アクション)やカットシーンの表現なども好意的に紹介されていました。
また、能力の強化やトロフィー・実績集めをコンプリートするなら2周以上プレイする必要があると述べる記事もありました。

私が読んだ範囲では戦闘システムに関する紹介や評価に字数を割くレビューがほとんどで、そのほかには物語の背景やストーリーなどを紹介する程度で、評価までは言及していないものが多かったように思います。
かろうじて出ている不満としては、カメラの不便さやロックオンがないこと、物語が味気ない、後半のレベルが物足りないといった点が出ていました。

いくつかのサイトで共通して見られたのが、「オリジナルのシリーズファンも新規のユーザーも楽しめるだろう」といった内容の記述。
『DmC』発表当初は主人公ダンテの外見の変化に対する批判の声もありましたが、「少しの間、髪のことは忘れよう」と述べるレビューもあり、その記事の最後では「オリジナルシリーズに対する見当違いのノスタルジックな愛情のせいでこの作品があまり売れないということになると、ゲーム産業に対して心配になる」と締めくくられていました。


私は今のところ購入予定ではありませんが、アクションゲームとして高く評価されているようで、変わらず購入候補といえそうです。




関連記事:
PS3『DmC Devil May Cry』体験版をプレイ/2012年11月25日
PS3『エンスレイブド』を再開/2011年7月10日


2013/01/18(金)


コンシューマソフト週間販売ランキングTop20 /4Gamer.net(1月16日)

2013年1月7日から13日までのソフト販売本数ランキング。

1位は3DS『とびだせ どうぶつの森』で8万3千本、2位は3DS『New スーパーマリオブラザーズ 2』で2万1千本、3位は3DS『モンスターハンター3G(廉価版)』で1万4千本となっています。

新作もなく、ランキングは任天堂ハード向けソフトが多くを占めていますが、数字で見るとハードウェアも含め、年始商戦の影響はひと段落といった感じでしょうか。



『KILLER IS DEAD(キラー イズ デッド)』長き沈黙を破り情報解禁 /ファミ通.com(1月17日)

『KILLER IS DEAD(キラー イズ デッド)』のPVをファミ通.comで先行公開!【動画あり】 /ファミ通.com(1月18日)



『ロリポップ・チェーンソー』と同じく角川ゲームスとグラスホッパー・マニファクチュアによる新作タイトル、PS3・Xbox360『KILLER IS DEAD』の情報が公開。
発売は2013年夏を予定しているようです。



須田ゲーやね。



“ガンプラ”が戦うアクションゲーム「ガンダムブレイカー」、基本システムや参戦機体を公開。カスタマイズの高い自由度はプラモならでは /4Gamer.net(1月18日)

2013年発売予定のPS3・PSV『ガンダムブレイカー』のゲームシステムなどが公開。



ミッションを受注し、破壊した敵MSのパーツを集め、自機をカスタマイズしていくというのがおおまかな流れのようです。



画像は参考例としてジムをカスタマイズしたもののようですが、これを「ジムをカスタマイズした機体」と呼んでよいものやらw



ダウンロード版配信のお知らせをいくつか。

PS3『ベヨネッタ』のダウンロード版が本日より配信開始 /電撃オンライン(1月17日)

PS3『BAYONETTA(ベヨネッタ)』のダウンロード版がPlayStationストアにて配信開始。
価格は3600円。



ダウンロード版の購入特典として、アバターキャラクターセットがプレゼントされるそうです。



やり込み要素満載のファンタジー生活を楽しめる『ルーンファクトリー4』ダウンロード版が1月24日に配信 /電撃オンライン(1月16日)

3DS『ルーンファクトリー4』のダウンロード版が1月24日よりニンテンドーeショップで配信開始されるそうです。
価格は5220円





PS3/3DS用ソフト「エクストルーパーズ」のダウンロード版が1月24日に発売 /4Gamer.net(1月18日)

3DS・PS3『エクストルーパーズ』のダウンロード版が1月24日より配信開始。
価格は3DS版が5300円、PS3版が6200円。



高けぇ・・・。




関連記事:
気になった話題 2012年4月10日
(須田剛一氏「ロリポップ」インタビュー)
Wii U『ベヨネッタ2』ティザームービー/2012年9月14日
3DS・PS3『エクストルーパーズ』体験版をプレイしてみました。/2012年10月20日


2013/01/20(日)
先日公開された「LR FF13」と「KID」のPVを放り込んでおきます。



『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』発売時期は2013年秋に決定! 欧州メディアイベントリポート【動画追加】 /ファミ通.com(1月17日)

PS3・Xbox360『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』のトレーラーが公開。



街の中では上下方向にも移動できるようですね。
それはさておき、「XIII-2」を放置したままです。



角川ゲームス×GhMの新作「KILLER IS DEAD」は2013年夏発売。第1弾PVおよび、ストーリーや主人公 モンド・ザッパほか主要キャラクターが公開 /4Gamer.net(1月18日)

PS3・Xbox360『KILLER IS DEAD』のPV第1弾が公開。
動画には過激な暴力・出血表現が含まれます。
ご覧になる方はご注意ください。




ゲーム内でのプレイと思われるシーンに、操作システムへの不安をぼんやりと抱いてしまいましたがw
須田ゲーやね。




関連記事:
気になったゲーム関連の話題 2012年9月4日
(「LR FF13」発表)
気になったゲーム関連の話題 2013年1月18日(「KID」発表)

2013/01/22(火)


PlayStationストアで配信中のPS3版『ブラック・ナイト・ソード』をダウンロード購入してみました。



画像分かりにくいですが、首にロープをかけ、吊られている人物をスティックで左右に揺らして落とすという、悪趣味な(褒め言葉)イントロでスタート。



ホテルの部屋のような場所に横たわる黒い騎士と剣。
剣を手にすると騎士は消え、代わりに自らが黒い騎士の姿となります。



ゲームシステムは2Dアクション。
奇妙な敵を攻撃すると派手な出血エフェクトが出ます。



コレクション要素の「猫頭草(ねこずそう)」も奇妙ながら若干キュート。


ステージ2の途中まで進めました。

世界観やグラフィックデザインは好き嫌い分かれると思いますが、ゲーム自体は昔のゲームのようにマップや敵の配置、攻撃を覚えながら進んでいく2Dアクションといった感じ。

進んだチェックポイントまでセーブすることができますが、残機システムとなっており、全機失うとゲームオーバーとなります。
残機はマップやショップで入手できる1UPアイテムで増やすこともできますし、ゲームオーバーになってもそのステージからコンティニューも可能です。
ただしコンティニューすると、ショップで購入したライフ上限を上げるなどのアップグレードなどはすべてリセットされるようです。

なかなか気合いがいりそうなゲームですが、とりあえず1周クリアを目標にやってみたいと思います。




関連記事:
PV 『ポケモンX・Y』、『Remember Me』、『Black Knight Sword』/2013年1月9日


2013/01/24(木)
ここ数日の気になったゲーム関連の話題を。



コンシューマソフト週間販売ランキングTop20 /4Gamer.net(1月23日)

2013年1月14日から20日までのソフト販売本数ランキング。

初登場1位はPS3版『DmC: Devil May Cry』で11万本、2位は3DS『とびだせ どうぶつの森』で9万7千本、初登場3位はPSP『デジモンアドベンチャー』で4万7千本となっています。

「DmC」はシリーズタイトルを冠したものとしてはやや物足りない感じもしますが、海外開発による新生タイトルとしては健闘した数字でしょうか。



『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』の発売日が2013年4月25日に決定! イーカプコン限定版も【PVあり】 /ファミ通.com(1月23日)

PS3・Xbox360『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』の発売予定日が4月25日と発表。
通常版の価格は4990円。
公式サイトも更新され、新しいトレーラーが公開されています。



前作となる『ドラゴンズドグマ』本編に日本語音声や新たなキャラクターエディットパーツなどが追加されるほか、「黒呪島」と呼ばれる新規大型ダンジョンが収録されたタイトル。

いわゆる「完全版」ですね。
価格に若干の配慮が見える気がしますw



『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』がPS3/360/Wii U/PCで発売決定 /ファミ通.com(1月23日)

PS3・Xbox360・WiiU・PC用ソフト『バイオハザード リベレーションズ アンベールドエディション』が5月23日発売予定と発表。
価格は4990円。
ティザーサイトがオープンされ、トレーラー第1弾が公開されています。



詳しい内容はまだ公開されていないようですが、タイトルや映像から、3DSで発売された『バイオハザード リベレーションズ』のHD化移植(リメイク?)タイトルっぽいですね。

しかし「ドラグマ」といい「バイオリベレ」といい、カプコンの完全版商法ここに極まれりといった感じです。



『悪魔城ドラキュラ』シリーズ最新作『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ 宿命の魔鏡』が3DSで3月20日に発売決定! /電撃オンライン(1月24日)

3DS『Castlevania -Lords of Shadow- 宿命の魔鏡』が3月20日発売予定と発表。



PS3・Xbox360向けに発売された『キャッスルヴァニア ロード・オブ・シャドウ』の25年後の物語になるようです。



マリオの弟、再び主役に立つ日が遂に決まる ― 『ルイージマンション2』マルチプレイにも対応 /iNSIDE(1月24日)

3DS『ルイージマンション2』のプレサイトがオープンとなり、発売予定日が3月20日と発表されたようです。



ようやく出ますかぁ~。
つか3月かよ。
ちょっと購入計画を整理しないとなぁ。



「スマブラ」「マリオカート」「ヨッシー」などWii Uの新作情報が目白押しだった「Wii U Direct Nintendo Games 2013.1.23」詳細レポート /4Gamer.net(1月24日)

昨日1月23日、「Wii Uダイレクト ニンテンドーゲームズ」と題されて配信された、任天堂岩田聡社長によるプレゼンテーション映像のレポート記事。
今後のWii U向けのサービスや開発中の任天堂タイトルの紹介などが行われました。



前半はちょっと微妙な内容でしたが、やはり『The Wonderful 101』やモノリスソフトの新作など新作・開発中タイトルの発表は興味を惹かれましたね。
後日、ざっくりとまとめておくかもしれません。



『TES V: Skyrim』ダウンロードコンテンツ3作品 PlayStation3向けの国内配信が決定 /Game*Spark(1月21日)

現在Xbox360・PC向けに配信されている『The Elder Scrolls V: スカイリム』のダウンロードコンテンツが、国内PS3版向けにも配信されることが決定したそうです。



出るのか。
出ないなら出ないで、360買う口実にしたかったんですが。
出るのかw




関連記事:
気になったゲーム関連の話題 2012年12月17日
(「ダークアリズン」情報)
『バイオハザード リベレーションズ』 『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』 2011 Gamers Day トレーラー/2011年11月2日
『キャッスルヴァニア ロード・オブ・シャドウ』 海外サイトレビュー/2010年9月29日
PS3『The Elder Scrolls V: Skyrim』 クリアしました/2012年5月23日


2013/01/26(土)

1月23日、「Wii Uダイレクト ニンテンドーゲームズ」と題された任天堂の岩田聡社長によるプレゼン映像が配信されました。
現在も公式サイトやYouTubeの公式チャンネルで見ることができますが、私のほうでも今さらながら、ざっくりとまとめておきたいと思います。





これまでのニンテンドーダイレクトでは比較的近い将来に発売予定のタイトルを中心に伝えてきたが、今回は、これから任天堂がWii Uでどのように自社タイトルやサービスを展開していくつもりなのかということを中心に伝えたいと説明する岩田氏。



まず、Wii UのコミュニケーションサービスMiiverseの紹介。
Wii Uのソフト起動、メニューへの復帰の高速化、Wii Uゲームパッドのみでバーチャルコンソールソフトをプレイできるサービス開始など、本体更新が春と夏に予定されていると発表。

Wii U版バーチャルコンソールは新規に制作し直したもので、まるごとバックアップやMiiverseなどの機能に対応しており、Wiiで購入したバーチャルコンソールをWii Uに引越しさせたユーザーはWii U版を優待価格で購入することが出来ると説明。



Wii Uバーチャルコンソール体験キャンペーンの案内。
2013年はファミコン生誕から30周年ということで、1月から7月までの間、毎月1タイトルずつ配信される、計7タイトルのWii Uバーチャルコンソールソフトがそれぞれ配信から30日間限定で30円で購入できるというもの。
配信予定タイトルは1月から順に、『バルーンファイト』、『ファイアーエムブレム 紋章の謎』、『MOTHER2 ギーグの逆襲』、『星のカービィ 夢の泉の物語』、『スーパーメトロイド』、『ヨッシーのたまご』、『ドンキーコング』。
「MOTHER2」配信時にはMiiverseで同タイトルの思い出を語り合いながら楽しむイベント、「MOTHER2ふっかつさい」が開催。

そのほか『ピクミン3』内で撮影された写真を共有するシステムや『Wii Fit U』でのユーザーコミュニティ機能、スマートフォンでMiiverseを閲覧できるようにするなど、Miiverseのサービス、機能追加のアナウンス。



1月、2月にWii U向け任天堂タイトルがリリースできなかったことに関するお詫びの後、今後発売予定の任天堂タイトルの紹介。
春から夏までに発売予定のタイトルは『ゲーム&ワリオ』、『Wii Fit U』、『ピクミン3』、『The Wonderful 101』。



『The Wonderful 101』のトレーラー、『ベヨネッタ2』の開発風景映像が公開。
Wii U・3DS版「スマッシュブラザーズ」の情報は6月のE3(Electronic Entertainment Expo)で公開予定と発表。



続いて初公開となる任天堂タイトルの紹介。
Wii U向け3Dマリオ、マリオカートの最新作が開発中、E3で出展予定。
『Wiiパーティ』最新作を夏に向けて開発中、映像が公開。



Wii『毛糸のカービィ』開発チームが開発中のヨッシーを主人公としたゲームの映像、画像が公開。



アトラスによる「真・女神転生」と「ファイアーエムブレム」とのコラボレーションタイトルが制作中と発表。



Wii Uで展開する「ゼルダの伝説」シリーズに関して、プロデューサーの青沼英二氏から新作の開発テーマや、GC『ゼルダの伝説 風のタクト』の舞台をHD化した画像の公開とともに、同タイトルのWii U向けリメイク作の製品化が発表。
リメイク版「風のタクト」は今年秋までにリリース予定。



最後にWii『ゼノブレイド』を手がけたモノリスソフト高橋哲哉氏による、新作ソフトのトレーラーが公開され終了。




ちょろっと感想を。
ちなみに現在、Wii U未購入です。

全体的には、年の始めということで2013年のWii Uでの展望を紹介するという内容であったのと同時に、新発表タイトルを紹介するなど、Wii Uへの関心をつなぎとめようとした内容のように思いました。

Miiverseに関する情報に多くの時間が割かれていたようですが、個人的には正直、興味の薄い部分で、おそらく実際に触ってみないことにはその魅力は分からないでしょうね。
Wii U版バーチャルコンソールの「Wii版購入引越しユーザー」への優待価格に関して、Wii Uでの機能を使うために新たに作り直されているとはいえ、ゲーム内容に違いはないでしょうから、あらためて料金を支払って購入することに対しては、ちょっと腑に落ちない部分もあります。
まぁ私はFC「ゼルダ」とSFC「ゼルダトライフォース」しか買ってませんがw

また、同じくWii U版バーチャルコンソール優待価格の情報から、ユーザー固有のアカウントシステムのようなものを期待するのはやめることにしました。
来たら来たでありがたいとは思いますが、たぶん「遅っせーよ」って言うと思いますw

とまぁ、前半は若干ビミョーな内容に思いましたが、やはり新作タイトルの発表は興味をそそられました。
プラチナゲームズの2作品には変わらず期待してますし、新たに発表された「毛糸のヨッシー(仮?)」やモノリスソフト新作は良さそうです。
『ゼルダの伝説 風のタクト』HD版も発表されましたが、今後、同じようにHDリマスター作品を出してもいいと思いますね。

Wii U購入予定に関してはまだ変わらず、『ピクミン3』やプラチナ2作品が発売される時期あたりになるかと思いますが、任天堂以外のサードパーティーによるソフトも今後発表されると思いますので、そちらの情報も見ながら考えたいですね。




関連記事:
「Wii U発売に関するプレゼンテーション」と「Wii U Preview」/2012年9月14日
Wii U『ベヨネッタ2』ティザームービー/2012年9月14日
E3 2012 任天堂カンファレンス/2012年6月7日


2013/01/28(月)


まだ「GTA4」のダウンロードコンテンツ分も『ブラック・ナイト・ソード』もプレイ中ですが、PS3『Knights Contract(ナイツコントラクト)』が中古で1本だけ置いてあったので今のうちにと買ってきました。



これでバンダイナムコのバディアクション3タイトルを揃えることができました。

最初のチャプターをちょろっとプレイしました。
背景グラフィックがややチープな印象で、アクションも軽めな感じですが、まぁ最終的な評価はちゃんとプレイしてからということで。

2月には「メタルギアライジング」も出るので、それまでに1本は終わらせたいですね。




関連記事:
『Knights Contract(ナイツコントラクト)』 インタビュー動画と海外サイトレビュー/2011年3月6日
PS3『魔人と失われた王国』 買ってきました/2011年1月20日
PS3『エンスレイブド』 PSP『THEどこでも推理』を買ってきました/2011年6月5日


2013/01/31(木)
最近公開された『ドラゴンズドグマ ダークアリズン』、『バイオハザード リベレーションズ アンベールドエディション』、『メタルギア ライジング リベンジェンス』のPVを放り込んでおきます。

以下の動画には暴力的表現、出血表現等が含まれるものがあります。
ご覧になる方はご注意ください。




『ドラゴンズドグマ ダークアリズン』 1stトレーラー



冒頭では追加ダンジョンとなる黒呪島に現れる、巨大な鎌を持つデスや腐ったドラゴン・カースドラゴンなどの姿が描かれています。
また、日本語音声化された前作部分にあたる映像もありますが、結構重要なシーンも含まれていたりするので、ご覧になる方はご注意ください。



『バイオハザード リベレーションズ アンベールドエディション』
1stトレーラー




ゲームプレイシーンと思われる場面もHD化されてキレイになっているようです。
昨日配信されたファミ通Liveでも実際に同タイトルをプレイしながら紹介されていましたが、キレイっぽかったですね。
まぁ、ストリーム映像なので断言はできませんが。



『メタルギア ライジング リベンジェンス』
オーグメントモードトレーラー




「MGR:R」ではオーグメントモードを使用することで、壁の向こうにいる敵の姿やレーダーの位置などを把握することができ、それらの情報を利用することで敵に発見されずに破壊するといったステルスアクションも可能になるようです。

これまでのシリーズにあったように、巡回ルート上に敵兵が気を取られるようなアイテムを置いておくこともできるようですねw




関連記事:
気になったゲーム関連の話題 2013年1月24日
(「DD:DA」「バイオリベレアンベ」発売日発表)
『メタルギア ライジング リベンジェンス』 TGS2012トレーラー/2012年9月23日
PS3『メタルギア ライジング リベンジェンス』体験版をプレイ/2012年12月15日


前のページへ  | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド