黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2012/09/10(月)


『ドラゴンズドグマ』に付属しているプロダクトコードを使ってダウンロードできる『バイオハザード6』体験版が、9月4日にPS3向けにも配信開始されました。
ざっくりとした紹介と感想を。

※オンラインでは未プレイ。
あくまで体験版での感想です。





レオン、クリス、ジェイク、3人の主人公のシナリオの一部をプレイすることができます。
各シナリオでは主人公キャラと相棒キャラ、どちらか一方を操作することになります。



レオン編では、男性職員の娘リズを見つけるため大学内を探索。
導入部分ということで会話イベントや移動に制限があり、ややまどろっこしかったです。



終盤、駐車場でゾンビの集団が襲いかかって来ます。
ここではナイフプレイも十分可能。



クリス編では敵を排除しながらビルを移動していきます。
敵はダメージを受けると変異するものも。



途中、相棒のピアーズと別行動になってしまう場面ではクリスのルートに敵が多く出現するようですね。
逆にピアーズを操作キャラにしている場合はクリスを援護することになります。
ピアーズが所持している武器にはライフルもあります。



ジェイク編は捕縛者ウスタナクから逃走する場面からスタート。



追いつかれると即ゲームオーバー。



進んだ先ではジェイクが土台となってシェリーを上のフロアに上げることができる場所も。
シェリーでプレイすると高級っぽいアイテムや「5」でのエンブレムのようなものがありました。



最後はウスタナクとの戦闘。



体力が全てなくなっても相棒が一定時間内に救助すれば、体力1個の状態で復帰できます。



「5」のプレイ感覚は正直覚えていないんですが、同じように普通にTPS(3人称視点シューター)といった感じではないでしょうか。
回避や遮蔽物に隠れるカバーアクションはもう少し練習が必要かもしれません。
カメラ操作の反転やスピードの設定などがあるのは良かったです。

ただやはり、操作キャラで画面の3分の1がふさがれているのは圧迫感がありますね。
あと会話イベントでテンポが乱されないかも心配なところです。

9月18日にはまた新たに通常体験版が配信されるそうなので、そちらも待ちたいと思います。




関連記事:
PS3『バイオハザード6』 通常配信体験版をプレイ/2012年9月21日
『バイオハザード6』 1stトレーラー公開/2012年1月20日
『バイオハザード6』 2ndトレーラー/2012年4月11日


 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド