黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2012/08/24(金)


クリアしてからだいぶ間があきましたが感想を。
パッケージ版でトータル23時間以上プレイ、トロフィーコンプした人の感想です。
若干のネタバレになり得る記述や画像があるかもしれません。
ご覧になる方はご注意ください。



『Dokuro』は、魔王の手下であったドクロを操作し、各エリアのギミック(仕掛け)を作動させたり、特殊なチョークや「イケメン」に変身できる能力を活用しながら、さらわれて来たお姫様の脱出を手助けするアクションパズルゲーム。


お姫様はエリアスタートからゴールまで一直線に前進していき、壁の前や足場が途切れている場所で立ち止まります。
お姫様はジャンプすることはできず小さな段差も越えることができないため、エリア内にある押したり引いたりして動かすことができる箱で隙間を埋めたり、レバーを操作することで上下する足場などを使い、足場の高さを揃えて導いてやる必要があります。
敵が配置されているエリアもあるので、あらかじめ倒しておくことも必要になります。

エリア内のギミックは箱やスイッチのほかにも、上下の重力を入れ替える装置や、お姫様を遠くへ撃ち出す大砲、シーソーや巨大な扇風機などバラエティに富んでいます。
敵の中にも、画面を霧(?)で覆う魔術師や、スタート地点にワープさせる攻撃をする夫人などユニークなものが登場します。

ステージの最後に巨大なボス戦があるステージもあります。
エリア内のギミックを活用するものや、純粋に攻撃をかわして攻撃に移るものなど、アイデアやタイミングの見極めが必要となります。


ドクロは王子様のような姿をした「イケメン」に、一定時間変身することができるようになります。
イケメンは連続攻撃ができたり、お姫様を抱きかかえて移動することができます。
お姫様の歩くスピードよりもイケメンが抱きかかえて移動するほうが早く、急いで通り抜ける必要がある場面で使うほか、クリアタイムを縮めるためにも活用できます。
一方でドクロは2段ジャンプすることができ、より高い場所へ移動ができます。

変身はデフォルトではタッチスクリーンと背面タッチパッドをダブルタップすることで行いますが、オプションでRボタンに変更することもできます。
私はRボタンでやってました。

特殊なチョークも先へ進むごとに使えるようになります。
切れているロープと重いものを結びつけることができる白チョーク。
ロウソクの炎を別の場所まで導くことができる赤チョーク。
隙間に水を張ることができる青チョーク。
それぞれタッチスクリーンを使って線を引くようにして発動します。
青チョークは、たまにその存在を忘れていましたね。


ステージの合間には物語が進行します。
チョーク絵の雰囲気とおとぎ話のようなストーリーがマッチしていたと思います。
スタンダードな物語ではありますが、やはり最後はグッとくるものがあり、良かったですね。
一度見た物語はイベントギャラリーで見ることができます。

キャラクターデザインに関して、特に敵キャラは「キモかわいい」雰囲気もあり、ボスキャラにはそれに不気味さも加わって面白かったです。
レディーダークがステキですw




ポーズメニューに若干の不満が残ります。
ゲーム中にステージセレクトに行くことができず、一旦タイトルに戻る必要があるのが面倒でした。
また、タッチによるメニュー選択ができず、カーソル移動が左スティックのみで十字キーではできないのも少し戸惑いましたね。

あと、エンディング後に表示されるメッセージが英語だったのが残念です。
7ヶ国分の字幕言語は収録されていることから、多くの国の人にプレイしてもらいたいのは分かりますし、多くの国の人に伝えるには適した選択だとは思いますが、やはり日本語にしてほしかったですね。
大事な内容だと思うので。




Vitaカード版で2400円、ダウンロード版で1800円という価格で全16ステージ、147エリアは十分なボリュームではないでしょうか。
パズル要素は、序盤こそすんなりと解けるものが多いですが、試行錯誤を要求されるエリアもあり、詰まりそうになったところも一つ二つありました。

終盤のエリアの中にはタイミングが要求され、何度も死んで覚えるようなものもあり、アクションゲームとしてのやり応えもあります。
トロフィーコンプしようとすると、とあるステージをノーダメージでクリアするといったものもあり、苦戦するかもしれません。
アクションが苦手な人は苦労するところもあるかもしれませんが、10エリア分までならスキップできますし、ストーリーも良いので最後までがんばってもらいたいですね。

PlayStation Vitaをお持ちなら買って損はないタイトルだと思います。




関連記事:
PSV『Dokuro』を買いました/2012年7月5日


2012/08/27(月)
ここ数日の気になったゲーム関連の話題を。



『銀魂』がPSPでゲーム化決定!タイトルは『銀魂無双六(仮)』【動画あり】 /ファミ通.com(8月27日)

ジャンプで連載中のマンガでアニメ化もされている『銀魂』がPSP用ソフトとしてゲーム化されることが発表。
タイトルは『銀魂無双六』と書いて「ぎんたまのすごろく」となるようです。
プレサイトもオープンされゲーム化のお知らせ動画が公開されています。



バンナムでキャラゲーというのはビミョーな気もしますが、しかしそそられるのも事実w
アクションゲームではないんかなぁ?



「リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産」と「パワースマッシュ4」の廉価版が発売決定 /4Gamer.net(8月27日)

3DS『リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産』とPS3・Xbox360・PSV『パワースマッシュ4』の廉価版の発売が発表。

リズム怪盗R 廉価版ジャケットイメージ

「リズム怪盗R」は2940円で11月22日に発売されるそうです。
ドラマ部分には不満があるんですが、リズムゲームとして楽しめたので、いい価格ではないでしょうか。



『Dokuro(ドクロ)』の体験版が10万ダウンロードを突破! 記念壁紙を配信 /電撃オンライン(8月24日)

PSV『Dokuro』の体験版ダウンロード数が10万件を越えたそうで、公式サイトでは記念の壁紙が配信されています。



「体験版」ですからね、実際にフルゲームプレイしたのはどれくらいでしょうか?



PSの人気キャラがガチバトルする『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』が日本発売決定 /ファミ通.com(8月23日)

海外向けにリリースが発表されていたPS3・PSV『PlayStation All-Stars Battle Royale』が日本でも今冬に発売される予定と発表されたそうです。



出すのか・・・w



カプコン新作『Remember Me』開発には『ストリートファイター』小野氏がアドバイス役として参加 /Game*Spark(8月21日)

Gamescom2012でカプコンが発表した新作『Remember Me』の開発に、『ストリートファイター』シリーズのプロデューサーを務める小野義徳氏がアドバイス役として参加しているそうです。



若干、不安になるニュースですが(笑
しかしある意味、日本での発売の可能性があるということかもしれませんね。



David Cage: 'I remember how scared we were' /Videogamer.com(8月23日)

PS3『ヘビーレイン』を手がけ、現在PS3『Byond: Two Souls』を製作中のDavid Cage氏へのインタビュー記事。
※以下の内容は誤訳上等の意訳です。

Cage氏は「ヘビーレイン」同様、「ビヨンド」も一度プレイしてやり直さないことが望ましいと考えているようです。
最も良いゲーム体験方法は、人生と同じようにある選択をしたあと、他の選択をしたらどうなったかを知らずにいることだと、その哲学を語っています。

また「ビヨンド」は超常的な内容が含まれているようですが、Cage氏自身は幽霊や超常的なものは信じておらず、無神論者であることも明かしています。




関連記事:
3DS『リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産』 感想/2012年2月11日
PSV『Dokuro (ドクロ)』 感想/2012年8月24日
PS3『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』 感想/2010年3月13日
気になったgamescom2012関連の動画/2012年8月17日


2012/08/30(木)
予約していたPS Vita『初音ミク -Project DIVA- f』を買ってきました。



店舗特典のステッカーと特製保護フィルム。



フィルムを載せたイメージ。
公式サイトから壁紙をダウンロードすれば下の台紙のような感じになるようです。
黒バージョンもありました。



ARモードがちょっと楽しみです。
画像はARライブモード。
パッケージに封入されているARカードを一度認識させて設定すると、カードがカメラから外れてもキャラクターが消えないのはよくできてますね。

本編ゲームの方も最初の3曲ほどプレイしましたが、ボタン入力はPSPの体験版でプレイした感覚と同じですし、タッチ操作も特に違和感はないですね。
成績によって映像の演出に変化が出るようですが、正直、違いを確かめるほどの余裕はまだありませんw




関連記事:
3DS『初音ミク and Future Stars Project mirai』体験版でARライブをちょこっと体験/2012年2月23日
気になったゲーム関連の話題 2012年5月12日
(PSVita初音ミク限定モデル発表)

前のページへ  | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド